Fandom


41行: 41行:
 
能力は「'''幻想殺し(イマジンブレイカー)'''」で、右手で触れた異能の力を打ち消すことが出来る。それが異能の力であれば、超能力・魔術問わず打ち消すことが出来るのだが、効果範囲が右手のみのため複数からの攻撃<!--(特に接触が困難になる点攻撃。逆に広範囲攻撃は一点触れば潰せる分強い)-->には弱く、また異能の力以外に対しては一般人となんら変わらない。だがその右手1つで戦地に赴き、相手に長い説教を浴びせた後、「[[その幻想をぶち殺す!!]]」と決め台詞を言い放ち右手でぶん殴るのが毎度の戦闘パターンである。なお、この力は超能力でも魔術でもないらしい(無能力判定もこのため)。
 
能力は「'''幻想殺し(イマジンブレイカー)'''」で、右手で触れた異能の力を打ち消すことが出来る。それが異能の力であれば、超能力・魔術問わず打ち消すことが出来るのだが、効果範囲が右手のみのため複数からの攻撃<!--(特に接触が困難になる点攻撃。逆に広範囲攻撃は一点触れば潰せる分強い)-->には弱く、また異能の力以外に対しては一般人となんら変わらない。だがその右手1つで戦地に赴き、相手に長い説教を浴びせた後、「[[その幻想をぶち殺す!!]]」と決め台詞を言い放ち右手でぶん殴るのが毎度の戦闘パターンである。なお、この力は超能力でも魔術でもないらしい(無能力判定もこのため)。
   
まるでギャグのように細かい不幸に遭いやすく、それをいつも嘆いている<ref><!--しかし、この不幸のために刺されかけたことがある。-->例:虎の子のお札を自販機に飲まれる、[[御坂美琴|不良に襲われている少女]]を助けたらその少女から追い回されるetc.</ref>。今では口癖が「不幸だ」になってしまったほど<ref>宿題を忘れるなど、自業自得なものにも使っている場合がある。</ref>。だが、毎度のごとく女性と[[フラグ]]を立てる「[[フラグ一級建築士]]」の資格を持つ。今までに立ったフラグは10000以上という桁違いの凄まじさを見せる<!--<ref>「[[妹達]]9978名による大幅バンプアップがあったとはいえ、その分を差し引いても約30人以上に立ててたことにな。</ref>-->。だが本人は女性にモテているとは思っておらず、恋愛沙汰には鈍い。
+
まるでギャグのように細かい不幸に遭いやすく、それをいつも嘆いている<ref>例:虎の子のお札を自販機に飲まれる、[[御坂美琴|不良に襲われている少女]]を助けたらその少女から追い回されるetc.</ref>。今では口癖が「不幸だ」になってしまったほど<ref>宿題を忘れるなど、自業自得なものにも使っている場合がある。</ref>。だが、毎度のごとく女性と[[フラグ]]を立てる「[[一級フラグ建築士]]」の資格を持つ。今までに立ったフラグは[[妹達]]9978名による大幅バンプアップがあったとはいえ、10000以上う桁違いの凄まじさを見せる。だが本人は女性にモテているとは思っておらず、恋愛沙汰には鈍い。
   
「上条さん」の愛称でファンから親しまれており、[[やる夫スレ]]においてはファンタジー系か学園を舞台にした作品で登場する傾向にある。
+
==やる夫スレにおいて==
  +
「上条さん」の愛称でファンから親しまれており、[[やる夫スレ]]においてはファンタジー系や学園を舞台にした作品で登場する傾向にある。
   
 
==主な作品==
 
==主な作品==
 
*[[できる夫たちが雪の女王と戦うようです]]
 
*[[できる夫たちが雪の女王と戦うようです]]
 
*[[鋼の巨人やらない夫]]
 
*[[鋼の巨人やらない夫]]
*[[できない夫が神ならぬ身にて天上の意思に辿り着く者になるそうです]] - 薄っぺらい偽者のヒーロー
+
*[[できない夫が神ならぬ身にて天上の意思に辿り着く者になるそうです]] - 薄っぺらい偽者のヒーロー
 
==脚注==
 
==脚注==
 
<references/>
 
<references/>
<!--
 
 
==関連項目==
 
==関連項目==
*[[]]-->
+
*[[インデックス]]
[[Category:とある魔術の禁書目録|かみじょうとうま]]
+
*[[御坂美琴]]
[[Category:登場人物|かみょうとうま]]
+
[[Category:登場人物|かみょうとうま]]
  +
[[Category:とある魔術の禁書目録|かみしょうとうま]]

2011年12月29日 (木) 11:19時点における版

                       ∧}\}\ }\ハ
                      |\}\|:::::::::::`:::::∨::::::::{/∨|
                 {\{::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}∠ _
                _ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::ノ
                \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒>
               < ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
                  `>:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
                </:::::::: /::/{/{::::::::::::::∧_}::::}::::\:::::::::::::::::>
                ∠:::イ::/イ∨>ハ:::::/::/匕∧八:::::::::::::::::::::_:::\
                 /_::::::::::Y゙弋ッ∨l/ ''弋か Ⅵヽ|\::::::\ ̄
                     -─|/|/ハ `¨ :j    ¨"´  |::/∨ \厂
            '"´      ..:::{:::.  〈{ .        lムイ::::ハ/\
            /        ..::: -<圦          .イ:::ハ/:/⌒ハ
          r '´      ..:::イ⌒! ̄ { \ `_丶   / V  }/斗允 i|
        \   、_..:::/:::::| │  ∨:::/丶、_ .:< //  ∧///,'i|
           `ー-  ..__| /   { //|_x彳 } /   /::::∨///i|
                { / /:::::‐-:::::斤、//{__/\  /:::::::::∨//i|
                 ∨:/:::::::::::\} 〈.::/ヽ/| /}.::/     ::∨/i|
                 ̄ ̄ ̄ ̄|  V/| | |/ //       ::レ/リ
                         |  // ̄ーヘ      _  ::|/
                          |  //     \/    \:|
                     │:// 〈\:{  /        }}
上条当麻
原作・出典元 とある魔術の禁書目録
性別
愛称・呼び名 上条さん カミやん
一人称
特徴 黒髪のツンツン頭
不幸&フラグ体質
備考 関連:インデックス 御坂美琴
  

上条当麻(かみじょう とうま)は、ライトノベル「とある魔術の禁書目録」の登場人物。

ウィキペディアの項目「上条当麻」も参照のこと

概要

「とある魔術の禁書目録」の主人公で学園都市の高校1年生。学園都市の超能力測定では「無能力者(レベル0)」。危険を顧みず、見返りを求めず他人を(かつての敵であっても)救う姿から、関わった人にとって善人・ヒーローとして目に映っている。もっとも、本人は「助けたい」という感情にまかせて行動しているだけで、その結果が善という評価になっている。

能力は「幻想殺し(イマジンブレイカー)」で、右手で触れた異能の力を打ち消すことが出来る。それが異能の力であれば、超能力・魔術問わず打ち消すことが出来るのだが、効果範囲が右手のみのため複数からの攻撃には弱く、また異能の力以外に対しては一般人となんら変わらない。だがその右手1つで戦地に赴き、相手に長い説教を浴びせた後、「その幻想をぶち殺す!!」と決め台詞を言い放ち右手でぶん殴るのが毎度の戦闘パターンである。なお、この力は超能力でも魔術でもないらしい(無能力判定もこのため)。

まるでギャグのように細かい不幸に遭いやすく、それをいつも嘆いている[1]。今では口癖が「不幸だ」になってしまったほど[2]。だが、毎度のごとく女性とフラグを立てる「一級フラグ建築士」の資格を持つ。今までに立ったフラグは妹達9978名による大幅バンプアップがあったとはいえ、10000以上という桁違いの凄まじさを見せる。だが本人は女性にモテているとは思っておらず、恋愛沙汰には鈍い。

やる夫スレにおいて

「上条さん」の愛称でファンから親しまれており、やる夫スレにおいてはファンタジー系や学園を舞台にした作品で登場する傾向にある。

主な作品

脚注

  1. 例:虎の子のお札を自販機に飲まれる、不良に襲われている少女を助けたらその少女から追い回されるetc.
  2. 宿題を忘れるなど、自業自得なものにも使っている場合がある。

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。