Fandom


京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家。

ウィキペディアの項目「京極夏彦」も参照のこと

概要編集

1994年に「姑獲鳥の夏」でデビュー。本作に始まる、妖怪をテーマにした小説「百鬼夜行シリーズ」は、「憑物落し」という独自の推理スタイルを展開し、講談社ノベルスひいてはミステリーを劇的に変化させた。

分厚い本を書くため、しばしばその事をネタにされる。

スレッッド一覧編集

京極夏彦作品スレの一覧
元作品スレッド名作者URL備考連載期間
姑獲鳥の夏 やる夫が憑き物を落とすようです ◆IZijqH2PVI エター 2009/10/03 -
やる夫は古本屋のようです ◆hrmrxbtvKo エター 2010/12/18 -
やる夫が あの『夏』の出来事を 思い出すようです ◆mnIPJ08QL. やる夫を拾い読み 2011/07/13 -
魍魎の匣 やる夫は匣の中身を知りたいようです ◆13cN0Pr0fI 嗚呼!やる夫道 2011/03/20 -
百器徒然袋
--雨
やる夫がオカマのかたき討ちに巻きこまれるようです ◆mnIPJ08QL. やる夫BOX 完結 2009/11/29 - 2011/01/10
やる夫が大事なカメと大事なカメを探し歩くそうです ◆mnIPJ08QL. やる夫を拾い読み 2011/04/11 -
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。