Fandom


           _,,... -──-- ..,,_
         i´:::::::。:::゚:r-'`L_::::::。`::..、
         |:::::::::::::::。::`Lr-'::::::::::::。:::`:.、
        ,. ''"´ ̄ ̄`"''ー- 、:::。:::::::::::::::::\
       /  /        ` '<::::::::::::/
      /  ./  ,   |  ハ!      `ヽ/メ.
      !  ,'  |‐- /| / |   ハ  |  !  ,ハ
      '、  |  ./‐ァ‐、|/  | /-|-‐,'  //  |
       \! /! ! ハ   !/‐ァ‐-'、|/´   !
       /レ'! 7 ゝ-' ,    |  ,ハ〉!      /
       ,'__ ノ八          ゝ-‐'/   ,ハ/
    __/     |`>,、 ` ー   / / /
  /´ `ヽ、   ./´ `>r‐‐=/´ , イ`ヽ|
 /    、  )_/|   | `'ーァ'|/:::::::::::::::メ、
 |     |/´  r|  | `T ´:::::|::::::.:::::::::::::::',
 '、  ヽ/|    ヽ、 7  ・ト.::r!::.::::|::::::::::::::;|
  \ 八|     |八  _」__:::ゝ;、_r、|::::::::::::/」
    )'  `ヽ.    `| `ヽ、ハ、::::/   `>ー'´
   (          |   |`7''/    /!、
            /|   |::|/   /  ,ハ、
            /::|  ,レ'   /  イ   ヽ、
        /´ ̄ ,! /     |ーァ‐-、     \_
         /   ! ,'   _,ノ/トー-|       ハ
       `i┬-,ヘ、_|_ノ´┬r ' .| | ̄|     /」´
        く| |__|=======| |   | |_|   _rイ_/´
八意永琳
原作・出典元 東方Project
性別
愛称・呼び名 えーりん
一人称
特徴 医者 銀髪
口調 丁寧
  
八意永琳(やごころ えいりん)は、同人ゲーム「東方Project」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「八意永琳」も参照のこと

概要編集

東方永夜抄の6A面のラストボス、6B面の中ボスとして登場する。

蓬莱山輝夜の教育係・従者で、月に住む月人という種族。月の頭脳という異名を持つ天才で、特にあらゆる薬に通じていて、不老不死の薬である「蓬莱の薬」すら作り出せる。落ち着いていてしっかりした性格の女性であり、天才らしく好奇心や知識欲も旺盛。ただし、稗田阿求からは「一般的な常識は持ち合わせていない」と言われており、時に突飛な発言や行動をする。

輝夜の希望で蓬莱の薬を作った張本人であり、輝夜が地上に流された原因となった人物[1]。輝夜は地上に流されたことを後悔していないが、永琳は自分の薬によって輝夜が流刑になったことに責任と罪悪感を感じているらしい。その感情からか、永琳も薬を飲んでいるらしく、不老不死となっている。

輝夜が成長した後、地上へ輝夜を迎えに行ったが、その際に他の使者を皆殺しにして輝夜と月から逃げ続ける道を選んだ。

現在は永遠亭という屋敷で、輝夜と、弟子である鈴仙・優曇華院・イナバや、居候である因幡てゐと共に暮らしている。現在は薬師・医者を生業にしており、人里にかなり良心的な値段で薬を売っており、また重病人などがいると人里まで足を運ぶようである。

このように優しい面があり、また輝夜に対しては基本的に甘い。その一方で、冷酷な決断もあっさり下すタイプであり、前述のように輝夜を地上に迎えに行ったときは、他の使者を皆殺しにするような真似をしている。また、弟子に対してはかなりスパルタのようで、鈴仙には無理難題を言うことが多いらしい。また輝夜に甘いといっても過保護気味で輝夜が外に出ない様にしているという面もある。

なお、作中で、十六夜咲夜を見て驚くシーンがあるが、その理由は一切明らかにされておらず、謎である。

二次創作において編集

大人の女性として描かれることもあるが、目的のためなら手段を選ばない面があることから、裏表のある冷酷非情な人物として描かれたりすることが多い。原作でも屈指の年長者であることと、原作でも明らかになっていない事が多いため、二次創作ネタは数多い。天才設定のあるキャラとしての宿命か、マッドサイエンティストとしても良く描かれる。

また、様々な薬を作り出せるため、便利キャラとしても扱われる。特に性格や性別を変える薬、くだらない効果を持つ薬など、作中に本人が出てきてない場合でも、彼女の作った薬が騒動の元になるすることがある。

なお、ほぼ100%の確率で巨乳として描かれる。

やる夫スレにおいて編集

やはり天才、または腕の良い医者として描かれることが多い。輝夜や鈴仙たちと共演せず、単独で登場することもある。ジャンルを問わず、何でもありの便利キャラとして扱われる。ただし、世界観によっては、長生きしているという設定は無視され、少し年上のお姉さんくらいとして扱われることもある。

主な作品編集

脚注編集

  1. 蓬莱の薬は飲むことが罪であり、所持や製造は罪では無かったため、永琳は罪に問われなかった。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。