FANDOM


                        ξ
.         /: : : : : : : : : : : : : : : :\_
.       ,.r'': :i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.      /: : : : |: : : : 、: : : : : :', : : : :ヽ : : i: :',
.      /: : :.:rャ!: : : : : ヽ:_:_:_: :i: : ',: : :', V ',: :、
    ,: :.i: : :!  '; : : : : :´',ヾト、ト:;ハ: : ',〉 〈!: : ',
     !: :.|: : | -‐.';: ヽ: : : :Vf=ミ、. |: : :|/ヽ{: : :',
.     |: : |: : :! ,r= ミ \: : !.ん心 》|: : :!: : : ',: : i
.     |: : |: : :! 《 .ィ心  `¨ ゞ..ソ  !: : :ハ: : : :',: |
.     |: : :',: : ',.  ゞソ 、    , , ,  ,: : :!rヽ: : : : :!
.     |: : : ヾト- , , ,.          /: : ムイ: ',: :{: :',
     '; {: : :| ハ    , - .、   /: : /: :i : : :',: ';: :ヽ
     ヾ: : | |:.ヽ        /: :>== ミ:、: ', ',: : :',.
.      |: i: :! |: : :>.     /:/      V: }:|: : : !
.      |: |: :! '; : i : :|:.>=≦三{{         ,: !|: : : ',
.      |:.ハ: !. ヾ ヽ: !: : :_:_}::}}::::}}         ',:リ: ; : :|
.      |' ヾ!  .rー77/ !>.:''::::::::', .、      !: :/: : :!
.     !    ハ::ノ::::/::::::::::::::::::::::',. ',     ∨ !: /               ____
.        ,.>.:´::::〃:::::::::::::::::::::::::::::',ミ',       ∨ミ、                /\  /\
      ,.ィ::::::::::::::::::{{::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::',   _ / _ \           /( ●)  (●)\       rっ
.     i:::::::::::::::::::::r≠:::::::::::::::::::::::::::r-ー- ''´ .> ´: : : :∨         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / ^゙''_つ
.     |:::::::::::::::::::::ヘハ:::::::::::::::::::::::::::| |   /: : : : : : : : i.          |     |r┬-|     |   /゚。 / ̄
      ';:::::::::::::::::;:::::|| >:::::;;;;;;;;;:::イ! .|  |/: : : : : : : : : : :!.           \     `ー'´     /''"´、   /
      ゝ--:::イ::::::≧イ!::::::::::/\! .!  i!: : :i!: : : : : : : :.',       /u゚ `ー ----一-一''´u 。 ゚  /
.       i::::::::::::::::::::i | |::::::::::\\| |  .',: : ヾ: : : : : : : : ヽ     / 。 ゚。 r u゚  ゚。 u  ゚  イ_,,r-''"
.       /∧:::::::::::::::| | |:::::::::::::::\! !  r'ヽ: : : : : : : : : : : :}   ( ゚。 `ヽ、_,r-っ 、   ・ /´
      ∨/::::::::::::::::! | !:::::::::::::::::::{ _{ __}ヽ.. ー- _ : : :ノ!    ヽ、 __,、_,ニつ `゙ ''''" i
.        i:::::::::::::rへ//::::::二ニ=::/  ゙ ヾ ` ー- _  /.          ノ  。 ゚ u  ゚ 。 u゚ ヽ
       /}::::::::::::> ミ::::::::::::> ´   \      /⌒        _ト-───────-イ_
                                      /´  `ー-、__   __,r- '"u ゚ `ヽ
                                      (  ノ ゚ u 、_  | ̄´|   _,,  ヽ )
                                      ヽ、_____  ̄`t-r'´ ̄__゚_u__,ノ
                                              )_/ \_(
八神はやては待たされるようです
作者 ◆P0UrGkK0vk
ジャンル 小説
原作 池波正太郎『土俵の人』
時代 昭和32年
舞台 日本
投下日 2014年5月31日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2014年6月25日
話数 6話
主な登場人物 八神はやてやる夫コブラ
  

八神はやては待たされるようですは、池波正太郎の短編小説「土俵の人」を原作とした中編やる夫スレ。

作者は◆P0UrGkK0vk。2014年5月31日から2014年6月25日にかけて連載された。

概要編集

昭和32年の湯ヶ原[1]を舞台に恋愛関係になりながらも、なかなか結婚にまでは至らず焦れる女と、その気持ちをわかりつつも土俵を諦めきれない力士を描いた物語である。

八神はやてには複数の年齢版のAAがあるが、「25歳姿のはやて」が主役にされている。

あらすじ編集

温泉旅館を切り盛りする八神はやては、力士の入速出やる夫と7年越しの恋愛関係である。30歳を目前に控えて流石に焦れるはやてに対し、やる夫はもはや体は満身創痍でかろうじて幕内にしがみつけているだけ。はやてはやる夫に早く力士を引退してもらい旅館におさまってもらいたいと願うが――

主な登場人物編集

  • 八神はやて - 旅館の女将。
  • 入速出やる夫 - 「清見山」の醜名を持つ力士。次に負け越すと十両へ転落、と崖っぷちである。
  • 寺沢 - 貿易商でやる夫のタニマチ。
  • 八神シャマル - はやての伯母。軽い脳溢血により、旅館の万事をはやてに委ねる。
  • えりか - はやての旅館の新入りの女中。
  • なのは - 孤児であったやる夫を小僧として、孤児院から引き取ってくれた看板屋のおかみさん。

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. 原作表記のまま