Fandom


┌──────────────────────────────┐
│これはそんな乱れた世の中を、                             │
│武を以って再び天下を静謐に導こうと志した若き将軍の物語である    .│
└──────────────────────────────┘

            /i
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |      ____
             ||: |     /      \
             〔[|]〕  / ヽ、   _ノ \
            /ソjヘ /   (●)  (●)   \
            〔彡ヘ|      (__人__)     |
            /⌒ヾ\     ` ⌒´     /
             ヾ___ソ,,,__ ̄``"''''‐ー-─=ノハ
              |   //{¨`"''''ー─-、、,,____.,,ノ
            弋_ソ′i           /
                i          l
                ノ          i
              /            \
             /     /´`\      \
             !    く´     \      ヘ
              \    \       ヽ     ヘ
              (´________ノ        ヽ    ヘ
               ` ̄  ̄            ∨______`)
                               ̄ ̄ ̄´

剣豪将軍やる夫の野望
作者 ◆DwbAZs.NWo
ジャンル ゲーム
原作 信長の野望・革新
時代 戦国時代
舞台 日本
投下日 2012年2月24日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2012年3月4日
話数 17話
主な登場人物 やる夫やらない夫できる夫天海春香日塔奈美
まとめ 嗚呼! やる夫道
  

剣豪将軍やる夫の野望は、コーエーテクモゲームスのSLG「信長の野望・革新」のリプレイを元にしたゲーム系長編やる夫スレ。

作者は◆DwbAZs.NWo。2012年2月24日から同年3月4日にかけて連載された。

概要編集

本作はゲーム『信長の野望・革新』のシナリオ6『応仁大転封』を足利将軍家でプレイした縛りリプレイである。縛り内容は

  • 武勇『のみ』が90以上(一部例外あり[1]
  • 所属武将の一門武将が成人した場合
  • 室町御所探索で見つかる

のいずれかを満たした武将のみ登用が可能というものである。この縛りによって内政が非常に困難になった。

あらすじ編集

日本全土を巻き込んだ応仁の乱。力が拮抗し膠着状態に陥っていた東西両陣営は互いに講和を結ぶことを決意した。そして、両軍の力を分散するために全国の大名の配置換えを行った。時は流れ1555年、応仁の乱後の平和もむなしく日本は再び戦乱の時代に突入しようとしていた。

幕府の権威が低下していることを憂えた第十三代将軍 足利やる夫義輝は、幕府に権威を取り戻し日本をあるべき姿に作る直すべく、武力を以って天下統一を目指す。    

主な登場人物編集

足利家
  • 足利 やる夫 義輝 - 剣豪将軍と呼ばれた足利家第十三代将軍。脳筋。
  • 足利 できる夫 義秋 - やる夫の弟で後の十五代将軍。知略に優れ政治にも明るいが武勇はからっきし。
  • 細川 やらない夫 藤孝 - 足利家臣。文武両道で足利家の大黒柱。
  • 南光坊 天海 春香 - できる夫の友人で足利家に登用された。内政・軍略の要。
  • 和田 奈美 惟政(日塔奈美) - 足利家臣。良く言えばバランスのとれた、悪く言えば特徴のない能力を持った便利な武将。
その他の大名家
  • 武田 はやて 信玄(八神はやて) - 高い能力、強力な家臣団、卑怯な固有技術と三拍子そろった戦国最強の誉れ高い武田家の総帥。なお本作で武田家は畿内にいる。
  • 長尾 なのは 景虎(高町なのは) - 『越後の龍』と呼ばれた後の上杉謙信。ゲーム中最強の武将。なお本作で上杉家は中国地方にいる。

外部リンク編集

脚注編集

  1. 吉田重政、竹内久盛、稲富佑直、上泉泰綱の4人。彼らは武勇90未満だが、当時の代表的な流派の武人なので『武芸者』として特別扱いされている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。