Fandom


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |             今日はエイプリルフール。
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |              みんなを驚かしてやろうと思って、
     {         |
      {      u. /               テトには、人間の声を合わせて歌うフリをさせようとしただけなんだ。
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



         ____
       /     \
      /ノ   \  \           し、しかし、テトさんは、現にああして歌っていますよ。
    /(●) (●)  u \
    | u  __´__   U    |         あの声は、どう聞いてもあの子から発せられています。
    \_ `ー'´    _/
 ⊂ ヽ∩ /        \
  '、_ \|         |
     \ \  /  /



     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|               俺にも分かんねえよ。
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|                テトは、この日のネタの為に作られたリアルな偽物。
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }                 彼女は―――
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、
嘘の歌姫
作者 トリップ無し
ジャンル SF
原作 VOCALOID
投下日 2011年4月1日
投下板 やる夫板II
状態 一話完結
主な登場人物 やらない夫重音テトやらない子
  

嘘の歌姫は、重音テトを題材とした短編やる夫スレ。

作者のトリップは無し。2011年4月1日に投下された。

あらすじ編集

ロボット博士のやらない夫は、少女型のロボット「テト」を造り上げた。発表当日がエイプリルフールのため、キャッチコピーは「歌えるロボット(嘘)」。

だが、発表の場でテトが本当に歌い始めてしまい、ありえない事態にやらない夫は困惑する。

概要編集

「エイプリルフールのジョークから生まれたVOCALOID派生キャラ」である重音テトを用いたロボット短編。2011年のテト誕生日に短編として投下された。

タイトルの由来はテトの最初期の代表曲「嘘の歌姫」。他にも重音テトとVOCALOIDに関する様々なアイデアが随所にちりばめられた逸品。計100レスほどの短編だが、読み込むことでテトのキャラを学ぶこともできる。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。