Fandom


    ._______________       / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /    /    u\       /           \######/\\
   /   / u      \     /             ̄ ̄ ̄   \\
  /  /|||||||  ノ ' ヽ、||||\   /                         \\
  /  | u   '=・=  =・= u.|  /                         | |
 /   .\     (__人__)  / /                       | |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                           | |
                             / ̄ ̄\               | |
                           /   _ノ  \        ....| |
                        |    ( ●)(●)       ......| |
         何やってんだ、やる夫?  |     (__人__)        ....| |
                        |     ` ⌒´ ノ           | |
        早く江戸時代に行くぞ。   |         |         | |
                        ノ        /            | |
                      /⌒ヽ `ー――‐⌒ ー -- 、  .......| |
                      /  、     、  / ヾ ̄ `i    | |
                        /  /       ,゙  lヾ_ ,1ヽ─´ ヽ.......| |
                    /  /         | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄i
                      /  ハ  ,, -―― .....|   |              ゙i
                  , -─ヽ イ ヽl´        .|   |              ゙i
     ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄( _i _i_ト、_  \___⊥/ ̄ ̄ ゙̄i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大長編ドラえもん やる夫の大江戸日記
作者 心もとない天使 ◆ANGELSmpgM
ジャンル コミック
原作 ドラえもん
投下日 2011年7月30日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年10月14日
話数 12話
主な登場人物 やる夫やらない夫翠星石ベジータ阿部高和赤木しげる岸辺露伴キュゥべえ十六夜咲夜
  

大長編ドラえもん やる夫の大江戸日記は、漫画「ドラえもん」を原作とした中編やる夫スレ

作者は心もとない天使 ◆ANGELSmpgM。2011年7月30日から同年10月14日にかけて連載された。

概要編集

漫画「ドラえもん」のキャラクター設定などを用いた作者のオリジナル作品。江戸時代の大衆の食文化や風俗についての歴史系要素も持つ作品である。

野比のび太役のやる夫ドラえもん役のやらない夫以外は全て、漫画「ドラえもん」の登場人物の名前で出演している。

あらすじ編集

学校で江戸時代の人物一人について調べてくるという宿題を課されたやる夫は、いつもの仲間達と共にやらない夫のタイムマシンで江戸時代への時間旅行に旅立つ。

江戸時代の文化に触れ、はしゃぎ過ぎたやる夫達はちょっとしたことがきっかけで牢屋敷に捕えられてしまう。牢屋敷でやる夫達が出会った男、それはなんと現代にも名を残すほど有名な江戸の発明家であった。

主な登場人物編集

  • テラゾンビ(キュゥべえ) - 強大な時空犯罪組織「朱雀会」のボス。やる夫らに浅からぬ因縁を持つ。
  • 咲夜 - 朱雀会幹部。タンマ・ウォッチの上位機種「ルナ・ダイアル」を使いこなす。
  • ?(赤木しげる) - エレキテルで有名な江戸時代の発明家。破傷風で死ぬべき日に一行に出会い、命を救われてしまう。
  • 葛飾北斎(岸辺露伴) - 著名な浮世絵師。後世の芸術作品の知識を持つスネ夫に目をつけ、彼を監禁する。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。