Fandom



 .:::.:::.::.::(
  :::.:::.::.::ヽ
    :::::::::`'''‐‐--''''つ                            i|
       ::::.:::.:::.::(´                           ─i|─
 ::....         :::::::ヽ、__-‐ 、                    i|
 :::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ                    i|
 :::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-                   ∧
 :::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄                 i:l;;i,
.:.::::::::::::::::::::::::::::::....                             i::l;;;;;i       ::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o::
  _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....                        i:::l;;;;;;;;i         ~天国に一番近い町~
  `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....                           i::::l;;;;;;;;;;i       :゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。:::
    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...     `'"~')、.,_,..、         i:::::l;;;;;;;;;;;;;i
:..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...         ,:;ソ.,_       ,i.,/ヘ~~""''''ヘ、        
:::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..        ⌒):、,_    </i~~""'''';;i'~
:::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:. ソ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`"' ー|i:: i;;;|::|;;|:::l;|
:::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....           |i:: i;;;;;;;;;;;;;;∧
 :::::::::::::::..      . .. ...::.:::    _  _ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ|i:: i::::::::/'//ヘ
 / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'  ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ' |i:: i:::::/;// ::::ヘ
   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....     _,.|i:: i::/;//:::::::::::ヘ
 `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.... //''~`|i_,,l/// :: :::: ::::::ヘ
   丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : :  `⌒',=-      //     // :: :::: :::: ::::::ヘ
   ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         :`'"~       //     // :: :::: ::::: :::::: :::ヘ
                ):::..        : . : : : : : //     // :: :::::((⌒)):: ::::::ヘ
            /:::::.:.::..               //     // :: ::: :::((.,_,.)):::::: ::::ヘ
              (_::::..:.:.:.::..             //     // :: ::: ::::::: :::____::::::::::::::::ヘ_______
         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..          //     // :: ::: :::::::::::ノ/\::::::::::;;:;;ヘ;;;;;;;;;;_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\
          : : : : :::.. :::: : : : :..         //     // :: ::: ::::::::ノ/ : :: :: \:::::::;;:;;ヘ;;;;;;;;;;;;;i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\
                         //     // :: ::: :::::ノ/ : ::::::::;::;;;:;;;;\:::;;:;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i\
                           //     // :: ::::::ノ/ : :::::::::[ † ];:;;:;;;;;;;;\:;:;;ヘ;;;;;;;;;;_,i,_,i,_,i,_,i,_|
                             //_,,..、-‐''"~|: ::::::ノ/ : :: :: :;::;;;:;;;:;;;:;;:;;:;;;;;;:::;;;;\:;ヘ;;;;;;;;;;;::::;:;;;;::::;;:::::::::::::|
                         <_,,i:      |:::ノ/:::::::;:::::::;;;;::::y'⌒ヽ.::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;\`:::;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;:: : |

天国に一番近い町
作者 3ping ◆YQkiyJtWFQ
ジャンル 恋愛 サスペンス ホラー ヤンデレ
投下日 2013年6月17日
投下板 やる夫板II
やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2014年1月1日
話数 34話
主な登場人物 やる夫坂本美緒岡部倫太郎牧瀬紅莉栖
  

天国に一番近い町は、オリジナルの長編やる夫スレ

作者は3ping ◆YQkiyJtWFQ。2013年6月17日から2014年1月1日にかけて連載された。

あらすじ編集

携帯電話の電波受信施設に関わる仕事をしている調査員やる夫は、ある日上司から新しい地域の事前調査を任された。聞けばそこはネット環境があるかも怪しい超ド田舎。苦笑しながらも遣り甲斐が持てそうだと奮起し、彼は目的地である『祝音町』へと向かう。

『祝音町』への最寄り駅に到着したやる夫は、そこで騒々しい2人組の男女とすれ違う。目的地へ向かうバスに乗った彼は、先ほどの2人が乗車するのを見かけ若干辟易するが、同時に彼らの遣り取りに自分の若い頃を投影する。そこに映るは1人の少女。思い耽る彼は気付かぬ内に夢の世界へと旅立った。……運転手の声に目を覚ましたやる夫は、自分が目的地に到着した事に気付く。運転手の歓迎を受けた彼は、その町へと足を踏み入れるのだった。

『祝音町』、そこは人口が数十人しかいない小さな集落。ここを知る人は口を揃えてこう呼ぶ。天国に一番近い町、と。

概要編集

携帯電話関連の調査員であるやる夫と、「霊界との交信技術」に関する研究者である岡部倫太郎が主人公を務める物語。

事前調査と食い違いが激しい情報。想い人との再開。眼帯で片目を隠す住人達。不可思議な夢。霊界と幽霊。ハーレム。死亡事故。オカルトに対する住人達の奇妙な反応。ヤンデレ。そして「カガミ」という不可視の存在。

単純に恋愛をテーマにした物語かと思えば、所々でサスペンスやホラー要素が散りばめられていて奇妙な違和感を発している。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 主人公。調査員としての職務に精力的に励む。
  • 坂本美緒 - やる夫の幼馴染。祝音町で再開してから積極的にやる夫へモーションを掛ける。過去の姿は秋山澪
  • 岡部倫太郎 - 偶然発明した霊界との交信装置「Dメール」の研究の為、この町に訪れる。
  • 牧瀬紅莉栖 - 岡部の正式な助手。共にDメールの研究を行う。明らかに岡部に気がある。
  • キング・ブラッドレイ - 祝音町の町長を務める初老の男性。やる夫達をとても歓迎してくれている。
  • アーカード&ニャル子 - 祝音町で起こる不可思議な現象を追う私立探偵と助手。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。