Fandom


ヽ
 ,)_,.v''´⌒ヽ.
        )
...   ..:...   ´ヽ.         ,r ヽ'⌒ `^j
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;      r'´       `ー'⌒ヽ
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ     ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
   ̄ `ー ‐-‐一´        ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ
           , '⌒ー-‐、      ̄   ̄ ̄  ̄
          ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ
                                  / ̄ ̄\
                                      /       \
 ... .. .::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . ....:: ::...:::.. ..::: ::::...: :. .:::.. . ../           |.:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .  ... .. .::: 
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .|        |:: :. ... .::::: :... . .:::: .. . . .. .. . ... .::::..
. .. ..     . .. ..     . .. ..    .: ....  ... :. .: . :.:  .|        /     ... :. .:.: :. .  : .: ... . ... .. ..
... .. .. . .:.:.:. . .:.  :: .: ...  .            ___   |     〃/
   ゚            ..          /⌒  ⌒ \  \、__   (      ./ ̄ ̄ ̄\
.: .: ... .. ..  .:. :.. .. .. .. .: .: ...   . . :. :./(●)  (●) \  ノ二二二ハ    /  (●) (●)
                    ./   __´___       .\´: : : : : : : : :>/  .(トェェェェェェェェイ)\
                        |      `ー'´       |: : : : : : : : : : : :|    \ェェェェェ/  |
                       \            /: : : : : : : : : : : : \          /
                          /ゝ          ィ'ヽ : : : : : : : : : : : : : :/´⌒       ヽ
                   /                 \ : : : : : : : : : : : :|  ,       j
                       /   ィ          r   \ : : : : : : : : : :.|  }         .l
                       |   `||           |ヽ  ヽ : : : : : : : ..|  |         .|
                    /  ヾ.|          | |,  | : : : : : : : : |  ヾ         |
          _     _   _ .ヾ___,ソl          │(、__,ノ : : : : : : : : :( _ノ         .|   _   _   、
       ((   . (´  (´     ::::::::.........        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ...........:::::::::::    `) `)   ),
         `    `''ー-`''‐--   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: --‐''´-‐''´
                      :: :::::::    ::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::
                         ::::  :::::::::: : : ::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::: :
奇妙な世界の普通な3人
作者 ◆9Tv6L8TsrQ
ジャンル SF 小説
投下日 2011年7月30日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年8月14日
話数 全3話
主な登場人物 やらない夫キル夫できる夫阿部高和水銀燈柊つかさダディクール
  

奇妙な世界の普通な3人は、様々なSF小説を原作としたオムニバスの連作やる夫スレ

作者は◆9Tv6L8TsrQ。2011年7月30日から同年8月14日にかけて連載された。

概要編集

SF系やる夫スレやる夫が破壊されるようです」を手がけた作者によるオムニバスSF作品集。どこにでもいる普通の男達が、ある日突然現実離れした世界に放り込まれ、その中で自分の日常を取り戻そうと懸命にもがく姿を描く。

あらすじ編集

第01話 歯向かった男 (J・G バラード 「監視塔」)
やらない夫の住む町には昔から空に正体不明の塔が浮かび、そこから何者かが常に町の住人を監視していた。彼らの存在に反感を覚えていたやらない夫は、ついに彼らに対するささやかな反乱を実行に移す。
第02話 気がついた男 (エイヴラム・デイヴィッドスン 「あるいは牡蠣でいっぱいの海」)
自転車屋をやる夫と共に営むキル夫は、ある日、日常の風景の中に危険なモノが潜んでいることに気づいてしまう。
第03話 まきこまれた男 (A&B・ストルガツキイ 「スプーン五杯の霊薬」)
そこそこ人気の小説家できる夫は、ある日知人のやる夫から謎の薬「マフサリン」の話を聞かされる。その話を聞いて以降、できる夫の周囲を不審な人物がうろつき始める。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。