./`)_
       ./ ./´_,,.ノ-、
      /ゝ'、/ _, ノ_..     Ν\_/И
      | /  ゝ、_ノ       \ . ! . /
     i   /:::/         ,.-ハ | ハ-、
     }  /::::::!       .ハ : : :|.|.| : ::::ハ
   _ ,/...::ノ:::::::ノ       .i:::_;{ヽ}:|:{ノ}:;;_:::!
   {三三三≡/        .|:{ト-\ハ/-ァ|}:i
  .{ミ三三三ミ}        〈::{{{`T´Y`T´}}}::〉
  {ミ三三三ミ}        !:{{ハΝMИハ}}:::!
  .{ミ三;三三ミ}         リ:}ハ_}_}{_{_.ハ{:リ  __}\           _
  .{ミ三三三ミ} _,,..-イ|  r-彡㍉ミi㍉ミ㍉iミ㍉、 \:\∧rヘ         //
  {ミソ : : : : : :.i!/∠| 〉''"ノrtrtzryzrt、_|| || `"''- \::::::{:∧__   /:::/
  |∠: : : : : : : :|≧ュ;;_-〉::〈ソリルリル/ソノノネリネノリォュ-/ニ\::::∧ニ`y'::::/             __ __ _
  i!.: : : : : : : : :.|::::::ヾミ}: : |    リルソ(ル)リ(リル)) /ニニニ〕iト.,:\/::/             _rヘi:ヽi:iヽi>┐
  ∨ : : : : : : : :.|::::::::}ミ}: : ヘ     _,,.. -fソリル_ 'ニニニYi:i:i:i:i:}:::::Yi:i:Y         /,i:i:i:〉斗<ニニハ
  ヘ: : : : : : : :/::::::::::}ミ} : : : >.-- ''"´   Y    Lニr‐‐乂i:i:i:ノ:::゚::Vi:ノ}           {i:i〉ニニ}ニ}ニ}7
   ヽ; : : : : /:::::::::ノミ}: : : :ヘ      _,,.i!,,._  {ニ{ニニ7ニ≧≦ニV             V-=ニノニ/ニV}
     `'ヽム--‐=彡}:: : : : :ヽ、_,,.-''" .{{ ` Vニ「ヽニ「VWV∧7/           {-=ニニニニ/
            `ヾ;:ノ:::::::::::ノ    _∥   __^「{  {^乂WハV^}'             r┴====-<
               ゞ、ノ:::::::〉-‐''"´ ` _//{i:}i:i:〕iト.,   ̄ //ヽ         |「  ̄  ̄  ̄}
                .Y;:::::弋 __   __ ノ〈//∨i:i:i:i:i:i:i「ィi〔/////〉- へ  ____ {L ,     ̄ ̄  、
                }:: ィi〔ニニニア///ハ///Vi:i:i:i:i///////ィi〔/////Vi:i:i:i:i:i:i: /      r==ァ \
               { '-=ニニニ7⌒-=ニニ>、/ノニニ{/////-=ニニ7i:i:i/{__i:i:i:/      _.≦r┐、
               . {-=ニニニニ{-=ニ〕iト-=/  ̄ ヽ=- ィi〔ニニ=-/i:i:i:7ニ/     イ::::|、:::: l |::::\   、
              ノ V-=ニニニ7-=ニニニ{ {i:i:i:i:i:i}/-=ニニニニ=-{i:i:i:i:{/    /::::}.  ̄      ̄|:::..   :.
             / / V-=ニニイ-=ニニニニVi:i:i:i:i/-=ニニニニニ=- /    /::}  ̄     .|     |--!.   :.
            / / ./ 「  ̄ - {-=ニニニニニ}i:i:i:/-=ニニニニニ _/     ./rー       | |     爪:::ヽ   、
           ./〔_/ /::: j-=ニニ圦-=ニニニニ∧i:i{-=ニニニニ /      /:::_)  l:|   | |      |  ̄|::.  \
           / ∠/::::: {-=ニニハ-=ニニニ/ニニニ>、-=ニニ /        /、 l.   l:|   | |V/     |   ゞ}   ‘,
                     _「⌒ヽ=彳≧=--彡ニニニニ〕iト _ ハ      _/: ノ_l__  从.ハル从l V/  ノ    ハ   ‘,
               /-=ニ〕iト{, ∧-=ニニ/-=ニ  ̄ \-=ニ 入__r匕 彡ヽ   `<     '  ー从{ l    └r.、   ‘,
                {-=ニニニニハ.: 乂 -////⌒ヽ/i:i:\/ ̄       .|   .}ーr '}>v  ____ .从    |_:ハ.   ‘,
              rヘL二二ニ=- /.: .: 「////i:i:i:i:i:i:i:}{i_   ´           .==|  .ノ|  ヽ ヽ∧∧∨ノ イ ∧    }>:..    、
            V{i:i{i:i:{i:i:{i:iヽⅣ.: .: .:V//「i:i _ イ    r 、      __ノ__.ン .l\ .≧. -r ≦ {   ‘,    |_\}    ノ
            }{i:i{i:i:iV∧i:ハ'.: .: .: : ∨  {    ※     |   >、  r ___ )|    |_斗匕. o. ト、 .八        .|彡'    /
            Vi∧i:i:iVi:iV」.: .: .rく⌒>|    十     |⌒Y~ゝイ>  .|    | ̄ V:| ___ノ:>  ヽ  } |  .八   /
              `ー/¨¨¨ ̄.: .: .: 乂__/  八   ゝ   ノ   |   .|::::::|  |    |  _V___/  ハ     | |.   \'
                            \                 \:廴 |    |  {:::宍::::}   ‘,   从.     \
                               <              廴|   ト、 .イ:|__|::ノ    ∧              \
                                   <         从     V::::::::::〈   / ‘,           \
妖怪人間ユウ
作者 ベム ◆DLeuvWtkmc51
ジャンル アニメ
原作 妖怪人間ベム
投下日 2018年10月27日
投下板 普通のやる夫板
状態 現行
主な登場人物 鳴上悠キノ走り鳰雛苺
まとめ やる夫が人生でいいじゃない
  

妖怪人間ユウは、アニメ「妖怪人間ベム」を原作としたやる夫スレ。

作者はベム ◆DLeuvWtkmc51。2018年10月27日から連載中。

概要[編集 | ソースを編集]

1968年に放送され、2006年に新作が作られたホラーアニメ「妖怪人間ベム」。本作は後者の方を原作としており、各地の街を転々とする前者とは違い、舞台は一つの街、人間の準レギュラーキャラが登場する等の要素がある。

1話1話のエピソードは原作に準じているが、ところどころ独自のアレンジが加えられている。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

一つの細胞が分かれて生まれた三人の妖怪人間ユウキノニオ
彼らは正義の心を持つものの、その醜い正体故に人間から誤解されて生きてきた。
人間になる方法を見つける長旅の末、強大な妖気に包まれた街にたどり着き、ユウ達は人間を守るために悪い妖怪と戦い続けるのだった。

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

  • ユウ - 妖怪人間の一人。本当の姿はゴ・ガドル・バ。妖怪人間のリーダーで原作のベムポジション。
  • キノ - 妖怪人間の一人。本当の姿はアナザーアギト。主に家事を担当している。原作のベラポジション。
  • ニオ - 妖怪人間の一人。本当の姿は擬人化フルフル。本作の舞台の街に長期滞在する事になり、人間の友達作りに励む。原作のベロポジション。
  • 雛苺 - 本作の舞台の街に住む少女。ニオと友達になり、正体を知っても変わらず接する理解者となる。反面父からはニオとの交流を禁じられている。
  • 夜神月 - 雛苺の父。夜神総合病院の病院長。
  • 水銀燈 - 雛苺の母。ニオには好意的で娘の友達として歓迎している。
  • 吹雪 - 雛苺と同じ小学校に通っている同級生。母は大和。ニオと友達になるが、正体を知ってからは避けている。
  • 沖田総司 - 作中のとある高校に通う剣道部所属の女子高生。マシュと信長は同じクラスで友達。ユウに片思いしている。
  • マシュ・キリエライト - 総司の友達。喧嘩する総司と信長をいつもなだめている。
  • 織田信長 - 総司の友達。破天荒な言動でいつも総司と口喧嘩している。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。