Fandom


                        ....-―━━―-....
                   . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                    .:::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
               i::i::::::i::::::::: |::::::::::::|:::::::::::i::::::i::i
               |::|:::::i|_:::::::::|::::::::::::|i::::::::_|i:::::|::|                    ...-――‐-..、
               |::|::::::|x==ミ ̄ ̄ .x==ミ|::::::|::|                  /,:::::::::::::::::::::::::::\
               |::|:::::《 廻}     廻} 》:::: |::|                 .:::::/:::/::::::::| :::::::i:::::Vハ
               |::|::::::|       ,       |::::::|::|               i:::::i:::::|i:::::::_|i::::::_|:::: |::|i
                    _|::|::::::ト .    _     ィ|::::::|::|               |:::::|:::::( ●) (●i:::|::||
             r//|::::::|ヘ.> 。 _  _. イ  |::::::|::|               |:::::|:::::|    ,   l:::|::||
       ____/′  Ⅵ |^{  ,ノ{   |   ,|::::/― -、            .|:::::l/|、 _ -‐ _ノ:| :|ヾ
         |: : : : : : :i      ∨| :レ": /_  _,ト/ |:/: : : : : :∧           |::::Yi:::|\_]__,[_〉- 、:|::|
         |: : : :rくr(   r<{:ヾ、: : :/ ー=彡}: :\′ : } : /: ∧         .|:::::|: 、| :巛f―─‐: \
         |: : : :}:\ `ー う: У ∧:/  __/ }: : :/: : :\:/: : : ∧        |:::∧ ゞ- ┬―r-く:_:_ノ
         |_:_:_/: : ∧   /: : : : :}:′___ / }: :/: : : : : :丶: : : :∧       .| ::::∧ 、:o|  |:_:ノ|
        |: :/: : /O:∨:': : : : : :O}!≦___   :}:/: : : : : : : : :∨: :}:∧        .|:::::::: }: : : :| ̄| {|:::|
        |:/: : /O// : : : : : : : }′      :}′: : : : : : : : :‘;: :l: :∧
        }′://: : {: : : : : : : : :{       :}!: : : : : : : : : : : }: レ : ∧
        ./: : : : : : : 八 : : : : : : : {   _    :}: : : : : : : : : : :八: : : : ∧
       /: : : : : : : : : ∧: : : : : : :{   , ` 、__∨ : : : : : _,: イ:.:_:_:_: : : ∧
      .〈: : : : : : : : /: : 丶 :_: :{_ 彡       ∨: : 7´  〉: : : : : : : :∧
       丶:_:_:_:,/: : : : : : : } : O{ /  ____.∨: {__/: : : : : : :/ /
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{: : :|____      ∧/: : :{: : : : : : /: : /
               /: : : :.| /     ./ .∧ : : ト、: : : : : : :/
              /: :/: :O}"      / ./ :}.: :|:\: : :/
             ./: : : : : : :/     ___/  /}.: :|: : :`〔
            /: : : : : : :/  ̄ ̄     /: 八: : : : : : : : 〉
              {: : : : : : : {≧=――r―<: : : : :∧: : : : : : /
              {: : : : : : : {: :\ : : : |: : :|: : : : : / ∧: : : : /{
            `ト: : : : : { : : : \: :|: : :|: : : : : : / ∧: : / :{
             } ≧一: : :__≧<_z≦ ̄ : / :∧/ : {
                }: : : : : : : : : :/: :{  }: : : ≧=-: : : : : :{
              }: : : : : : : : /: : : :{   :}: : : : : : : : : : : : {

学ランキル子は、キル子の服装、バリエーションの一つ。

概要編集

2013年末に誕生した新たなキル子。通常サイズ・大型サイズの両パターンがある。特に大型はほぼリニューアルデザインと言ってもよく、従来のキル子よりも長身で巨乳、表情のバリエーションが多彩。

KILL,AUTO CORNER」において作者の劇団魚座 ◆HHG9rPPxXEが作成した。学ラン着用なのは、男子学生のキル夫が女になってしまったためである。

AAまとめzipでは、キル子の別衣装扱いとしてmltに纏められている。

便宜上「学ランキル子」「学ラン装備キル子」などと呼ばれているが、特に大型AAは、服装により分類したり、顔で分類したり[1]と、はっきりと定義分類の線引きがあるわけではない。

やる夫派生AAを用いる作品は、通常サイズのみ・大型サイズのみの縛りをつける作品がみられるが、キル子については、学ランキル子オンリーのスレッドもみられるようになった。

主な作品編集

脚注編集

  1. 目が特徴的。特に顔で分類すると、今度は服装が学ランとは限らなくなるのである。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。