Fandom


     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^
孫悟空
原作・出典元 ドラゴンボール
性別
愛称・呼び名 悟空
一人称 オラ
性格 戦闘狂
備考 息子:孫悟飯 孫悟天
ライバル:ピッコロ ベジータ
  

孫悟空(そん ごくう)は、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の登場人物。

ウィキペディアの項目「孫悟空_(ドラゴンボール)」も参照のこと

概要

ドラゴンボールの主人公。強い相手と闘うことが大好きな格闘家。サイヤ人名、カカロット

山奥で一人暮らしをする少年だったが、ドラゴンボールを探してやってきたブルマとの出会いを契機に、外の世界へ旅立つことになる。元気で明るく朗らかで、誰からも好かれる性格。宇宙一の戦闘民族「サイヤ人」の地球侵略の尖兵として赤ん坊のうちに地球に送り込まれたが、幼少時に誤って頭をぶつけたことで荒々しさが消え、現在の無邪気な性格となった。だが、サイヤ人としての闘争本能までは失っておらず、強い相手と戦うことを生きがいとしており、地球の平和を脅かす悪と戦うこととなる。悪と戦うことよりも強い相手と闘うことに重きを置いており、ピッコロベジータフリーザなどの悪人にトドメを刺せる場面においても、再戦したいがためにトドメを刺さずに見逃すなど甘い面がある。

若くして結婚し家庭を設け、孫悟飯、孫悟天[1]という2人の子供を持つ父親でもあるのだが、労働意識が皆無のニートであり、原作者からは父親失格の烙印を押されている。[2]

やる夫スレにおいては好戦的な戦闘キャラやニートとして登場することが多い。

主な作品

脚注

  1. 少年時は悟空と瓜二つ。
  2. ただし、薪拾いや狩りなどの生活のための労働は普通にしており、金銭をもらう対価としての労働をしていないだけである。

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。