Fandom


            , .......... _    /`ヽ
            ,  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶/:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.Yヽ:.:.:.:.:.:.',
       /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.}:.:.:.:.:|:.:.:.: |:.ハ:.:.:.:.:.:',
     /:.:.:.:./:.:.:.:.ハ_ハ.」_:. |:.:.:.:.|:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:',
     |:.:.:.:/:.:.:.:./ j/ }z==ミ:.|:.:.:.:.L:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.',
     |:.:.:/´:.:.:/ ./ 〃b::: ハ|:.:.:.:.| }:.:.:l ',:.:.:.:.:',
     /:.:/|:.:x=ミ、′   かン/:.:.:.:jン:.:./.  ',:.:.:.:.:',        ,,-―ァ   -‐…ァ
     |:./ .|:.ハ!マ;:)   ""/:.:.:.:/:.:.:/   ヽ:.:.:.:',    ./   / /.:i:i:i:i/
     |/ .|:lハ.`′'  _ /:.:.:.:ハ:./      ヽ:.:.',    ′  イ-‐く.:i:i:i:i:/_
     {  ∨:.:.'."   ´/:.:./ >',ヽ     -‐…‐-、」  イ     `¨¨´ /
       ./:.:.. ,-‐…‐-  .,     V ´               -‐…‐<             少しだけ、かがんでください
      /:.:. . `ヽ、.:i:i:i:i:i:i:i:i\ //⌒         ⌒ヽ __   \
      /ハ/  ' l`¨¨´\i:i(ヽ》’ / ´  / /ハ、 l、 jヽ、 `、  `ヽ、_\`丶、
       '{  {   /|:::::::::-‐へ..:7  .゙/  /l / |  |l: | )ヘ `、 ト、    ヽ       `ヽ、
        |    ./::ハ ´       { 〈/ ' ( ィiフ丁|  |l: 丁フ7メ i | \   |i:\       \
         /       八 (/|「 レィ七弌j  jル圷弌メv'| |  | \ j⌒´       \
         |       : .:/.:i:i:iV |lく( rし'/}     rし/})>〉 川 レ゙ )'           \
         |   .: .: .://.:i:i:i:iイ 从八Vr丈    Vrク イi j 人 j   ` 、            ヽ
            〉..:.:.:..:/:: .′ / | ミY、  .:.:.:.:  '   .:.:.:. 小ル’ )'       `  、        `、
          ハ ..:/::::: / /::::::│ iへ _、    〈 フ     イ:jj                   / )      ,
          !:/:::::!::::/'´:::::::::::::| i    >、      イ' .:/__   _______ __/  /       ′
           !:::::::::::::',:::::::::::::::::::::| i     」 ≧≦レ / .:///⌒¨´/ 「'//Y⌒´ (   厂 ̄ ̄ ̄ ̄) ,
        |::::::::::::::::',::::::::::::::::: | i     イ |'////// .:///   '   |///|      ´     ̄ ̄ ̄)′
         l:::::::::::::::::::',::::::::::::::::| i  ,ィく    V⌒v/ .:/// ,'   .: : : .:V//,L__ ,〈      _ ̄ ̄ ̄)
        /:::::::::::::::::::::':;:::::::::::::! iく\>、    V//l .:レ/ 〈   .: : : : : :〉'//V///`ー―-- 、 ヽ ̄
       ./:::::::::::::::::::::::::丶:::::::::l ii「\\>、/)弌ヘ  |   ヽ、   .: : : : |////V/         ` ー’
       /::::::::::::::::;::r::┬:::ゝ::::i ! ii|  l\`(<//i}Vハ .:|トヘイl `¨´厂 ̄`¨¨¨¨´
     \:::,::ィ:::´|:::::|:::::|:::::|: ヽ|:| ii| .:|  ´ ` ハV Vハ |V///,j  /
      瓜:::|:::_」 -'┬'¬'ー-|:レレj| .:|    ハV  Vハ! `¨¨´   ヘ
      |_ン´    | /    |:::::: | .:{    ハV:.   Vハ        :.\
      / .l  |     ゝ'    └;- .レ゙,《===∨:.    Vハ=======》
      ./  ! L_     \.   |: 〈/《r―t‐-’      `ー―=¬冖ア
    /   !  \      \イ /  \ し、            匕_/
    / ,i   ,l    \       /   .: :`¨〕 ‐-     -‐  〔
   ./  |   !     ヽ  , rl.:/  .: .: : : 八          入
  /  .|   |_、__, 、_Y´ i/   .: .: : :/   `          ´  \
  ! , -! /   ___`  ,'    .: : : :/               ヽ
少しだけ、かがんでください
作者 2版 ◆SR2/elQ7nU
ジャンル 恋愛 百合
原作 オリジナル
投下日 2013年12月24日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2013年12月26日
話数 6話
主な登場人物 キョン子フェイト・テスタロッサ
  

少しだけ、かがんでくださいは、オリジナルの恋愛系中編やる夫スレ。

作者は2版 ◆SR2/elQ7nU。2013年12月24日から26日にかけて投下された。

あらすじ編集

17歳のキョン子は同性にモテる。告白されて付き合う事はあったが、いつも相手の方から別れを切り出されてしまう。そんな慣例に疲れを感じていた。

クリスマス前のある日、彼女のケータイに差出人不明のメールが届く。

「あなたのことが好きです。もし宜しければ、お付き合いして頂けませんでしょうか。」
「キョン子さんの行き付けのお店で、明日8時にお待ちしております。」

行きつけの珈琲館で待っていたのはオーナーの娘さん――9歳のフェイトであった。キョン子は告白を受け、付き合う事にする。

概要編集

作者は2010年から2013年にかけて毎年クリスマスに百合中編を投下しており、その2013年版の作品。テーマは歳の差百合。

各話のタイトルは枕草子を百合風にパロディしたものとなっている。

主な登場人物編集

  • キョン子 - 17歳。一人暮らしをしている。フェイトへの呼び方は「フェイト」。
  • フェイト・テスタロッサ - 9歳。非常に大人びた口調をしている。キョン子への呼び方は「キョン子さん」。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。