Fandom


              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
         l:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:i |ー ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.i ハ.:.:.:.:.:.: 乂 :\
           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト ハ土_ヽ∨ .:ト.:.:.:.:|:.:ハ |-|.:.:.:.:.:.: \   \
           |:/ :.:.:.:.:.:.:i|忙う气.. \! \∧|_|/斗:从イ.:.:.:.:.\ ` 丶
.         / :.:.:.:.:.:.:.:.i|,弋汐.        忙气イ:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.
        /:.:.:.:.:i :.:.:.:.::i| ´¨        .弋汐 .}:.:.:.:.:|\:.:.:.:.:.l
.       / 斗. : ト :.:.:.:.:i|.       i  ´¨´ .|:.:.:.:.:|:.:.iハ.:.:.l
      //| {: . | |:.:.:.:.:i|       ′     ハ:.:.:.:|:.: | ハ :l
       .′ | :',.: | .:丶 . :i|.      _      /:|:.:.:/:.:.:.:|  .:l
        |:.:.:.:.:l :.:.:.:.:`トi|    ´   `    .イ :.|:./:.:.:.:.: |   !
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヘ        イ :| .:.!:.:.:.:.:.:.:.:.|
.        |:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.l.  `  ー <  |\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.          | . :.:.:.:.:.|.::.:.:.:/.l        .|) \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         | . :.:.:.:.:.|:.i:._/ l          /    |ヽ :.:.:.:.:.:.:.:.|
.        | . :.:.:.:.:/ /  .|         ./     .|  \ .:.:.:.:.:.|
     , ´ ̄ ̄ ̄  /  |        /      |    丶 ̄ ̄ ̄`ヽ
   /        /    |       ./       .|             \
 /          ./    .|\    /        |              \
. {            /     | ̄   ./         .|                  }
戦場ヶ原ひたぎ
原作・出典元 〈物語〉シリーズ
性別
愛称・呼び名 ガハラさん
一人称
性格 ドS
特徴 ツンデレを自称する
備考 恋人:阿良々木暦
  

戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ)は、西尾維新の小説「〈物語〉シリーズ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「戦場ヶ原ひたぎ」も参照のこと

概要編集

――「私みたいなキャラのことを、ツンデレっていうんでしょう?」

私立直江津高校3年生。「〈物語〉シリーズ」の正ヒロイン。

休み時間には読書、体育の時間は常に見学、頻繁に病院に通っているなど病弱な少女。中学時代は陸上部に所属しており、後輩の神原駿河と共に「ヴァルハラコンビ」と呼ばれているなど、運動自体は得意。

口を開けば毒舌と暴言が飛び出るサディスト。文房具を大量に常備しており、彼女の逆鱗に触れるとホッチキスで口を縫い付けられるなど行動も非常に過激。

蟹の怪異と「行き遭った」ことで体重が1/10近くに落ちており、体重が異様に軽いことを隠すための重しに前述の文房具を所持している(ホッチキスは蟹の暗示)。病院通いや体育の見学も怪異の影響を隠すための一環。ふとしたことで体重のことを知られた阿良々木暦に事件を解決してもらって以降彼を慕うようになり、ついには恋人同士の関係にまで発展する。暦より背が高い。

人との距離感を掴むのが苦手であるため、ドSの状態からデレ始めた後は一気にデレる。ツンデレキャラとしてあるまじき事にツンデレを自称し、作中でも実際にツンデレ呼ばわりされるが、いわゆるツンデレとはなんかズレがあり、ツンドラと揶揄された事もある[1]。先述の攻撃性は怪異に憑かれた事で他人を信用しなくなった事の副産物であり、デレた事をきっかけにまともになった。[2]

やる夫スレにおいて編集

原作で恋人関係になった暦とセットで採用さていることが多い。シリーズ中に髪型が何度か変わっているが、AAのほとんどが最初の「化物語」でのロングヘアのもの。

主な作品編集

関連項目編集

脚注編集

  1. メタでふざけるのはシリーズの作風。
  2. この事が作用したのか、正ヒロインであるにもかかわらず出番が激減する。

関連項目編集

  • 羽川翼 - 一目置いている。苦手。親友。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。