_  -=ィ=- __
               / ̄::,    ,. <:::::::/:::::::::::::::::::::::〕ト、
.              , ':::::::::::::::,. イ/:::::::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-、
              /::::::::::::::::/..../::::::::: : :/:::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.             /:::::::::::::::〃 7::::::::::::::/:::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
             /:::::::::::::::::i i. /::::::::::::::::i::::::::::::::::::|::::::::::::::::/:::;::::::::::::::::∧
         ,:::::::::::::::::::::|ハ,i::::::::::::::, ヘ::::::::::::::::::i:::::--:::/_:/|:::::::::::::::::::∧
.          i:::::::::::::::::::::,iV |:::::::::::/.ハi:::::::::::::::::::V::::/:///`i:::::::::::::|:::::::::::,
         |:::::::::::::::::::,'/ハ {::::::::〈 ::::i::::::::::::::::ト、弋芯`ヾリ::::::::/イ!::::::::|:|
         |::::::::::::::::::}'∧ i ヾ:::::∧ヽ !::::::::::::i:| ヾ    厶イ::/fリ7::::::::|:|
         |::::::::::::::::::}' | |  ∨:::∧__!:::::::::::ト、       ,/ ∨:::::::::リ:|
.          i:::::::::::::::::|  |リ   V::::::::/!ハ:::::i:|           〉 :/:/ リ
          i:::::::::::::::::i ,:'  /:::::::/ リ :}::::|:|       __ _  ,:´::/|:::!
            i:::::::::::::::::V  〃イ::::/}  ./ Ⅵj         ̄`/::::/ .|::i
.           V:::::::::::::∧  j/ /´      |::::::::>    /::::/  Ⅳ
             V::::::::/: ∧  / > ,       ::::::{   ≧=' |:/   }'
             ∨:/::::::::∧イ      > ,   .i      }'
            //:::::::::::::∧ト ,       > ,{
.            /:::/ V:::::::::::::∧   > ,        \
           /:::/ / ∨::::::::::::∧     ` { ̄::〕iト‘,_
          ⌒ /  i:::::::::::::::ハ        ヾ::::::::::::::::::\
.            /   i:::::::::::::::::::',        \::::::::::___::\
            i    i::::::::::::::::::::',         }:::/  ` ト ミY
.           | __   i::::::::::::::::::: !          /        ‘,
.           ,'i   ̄  !::::::::::::::::: |         /          ',
.          j...!       i::::::::::::::::: !‐-  __   }              |
        /....',     i:::::::::::::::::|      \ i            ,ハ
.          { ......',    |:::::::::: : |      i             〉
         /..._,.....',     |:::::::::::: : |      ,'           ,'
.        / ´ .......',    |::/l::::::::: |      ,'             i
        /   ...........'.    }' |:::j|:::リ      ,'               i
     / \ ...........i..',    У:レ'     ,'     /      |
.    〈     \........i }          ,'    /           |
早乙女アルト
原作・出典元 マクロスF
性別
愛称・呼び名 アルト姫
一人称
性格 反抗的 / 義理堅い
特徴 長髪 / 美貌
  

早乙女アルト(さおとめ あると 漢字表記は有人)は、「マクロスF」の登場人物であり、同作の主人公。

概要[編集 | ソースを編集]

新マクロス級移民船団「フロンティア」の専門家養成学校・美星学園の航宙科に通う高校生。16歳。元は歌舞伎の名門・早乙女一座の天才女形として一世を風靡したが、亡き母から聞かされた空への憧れを捨てられず、厳格な父と歌舞伎業界への恐怖心もあって出奔し、実家からは勘当されている。

芸能関係者間では今でも語り草となっている美貌の持ち主だが、本人にとってはコンプレックスとなっており、旧友からの愛称である「アルト姫」という言葉には過敏に反応する。ひねくれ者で憎まれ口をよく叩くが、人並みに人心を察することはでき、生来の義理堅さもあってなんだかんだと他人のために努力する姿も見せる。一方で迷いやすく、困難からは無意識的に逃げている節もある。また、あまりに「空を飛ぶ」ことへの憧れが強すぎるのか、恋愛感情については疎い。

シェリル・ノームのライブでスタント飛行を行ったことがきっかけで、彼女と観客だったランカ・リーと知り合うが、同じ日に宇宙生物バジュラの襲撃に直面。とっさに遺棄されたVF-25を操縦したことがきっかけで民間軍事プロバイダー・SMSに拾われ、SMSスカル小隊の一員としてバジュラ戦役に身を投じていく。航宙科2位の成績は伊達ではなく、パイロット能力はかなり高いが、いかんせん上司やライバルの実力が更に上なのであまり目立っていない。

女形としての修行の一環として一通りの家事や古武術を仕込まれており、主夫としてのスペックはかなり高い。

主な作品[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。