//::>ィ/:::::/::::/⌒\ ヽ  ヽ:::::::::::::::\
       //::::::j /´─<≦´ ̄`ヽヾ≧、∨ ゝ:::::::::::::::::ヽ
    > ´:::::::::::::::」/{:::::厶イ>'⌒ー<У__r-y∨^}::::::::::::::::::::::、
   /:::::::::::::::::::::/ / イ::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ^Y^レ¬' i::::::::∧
 /:::::::::::::{「`>∧!::::レ' ∨:::::::/::::::j :::i|::|:i::::::::::::::::::∨≧ュ」j::::::::::::::\
/::::::::::::::::::∧彡イ 斗く_r‐':::::::://::::/!::::j|::|:ト、:::::::::::::::∧、\、\:::::::::::::::::> 、_
:::::::::::::::/ /イ⌒1! ∧::::::__/_:::::/_j:::::|!::レ≦::::::::::::::∧_ン∧ 、\:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/ /// /ハ.ト_り:::::::厶云ミ、|::::j|:リィテj 〉:::::::::::∧´ ∨ト、、〉::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::/ //   // ィ:i :::|::| トゞtツ::. `´  .:ゞ'  jト:::::::::ヾ:i   Ⅵ \::::::::::::::::::::::::::::
::::::厶ィ〈j   ,' {  |::|::::|::|ヘ      !    ∧:::\::::::\       \::::::::::::::::::::::
::::/      { |   |::|::::|::| 丶   c一ァ  / ̄∨::::\ヾ`ト、       \:::::::::::::::
:/.        ヾ!   !::!::::|::|_/}> 、   ./ハ、j  ∨::::::::ト≧=ー'、_ r'≧ュ丶::::::::
′         ∧!::::|::|∨ ∨≧i⌒j^'彡リ∧  ∨::::::|:|     `丶 `^ヽ
            /´ ∨|::| ∨ ゝ≦三_」ノ / ∧  、}::::::|:|       } ⊆ヘ
           /     ∨i、 ∨─- ニ  {  ∧ ∨!:::j:l‐-  _   ノ   〉ヘ
         /.       ∨、  、         ∧_ !」:::jリ    ゝフ    /  \
.        /.        ∨、 ヽ   、    イ{リ j:::イ       ゝヘイ
!      /      ./  ヾ  >-、 ヽ!  ノ / .|:::j{          \
|.     /       /!`   ,ィ⌒j__j⌒Y ィ /  ィ l∧}            \
j     /       /  ∨ _∧_/    ` <} / /ノ7' /             \
    /       /   ∨ /  / ̄ ̄ `Y j}  / / ./
  _,厶イ⌒ひ/、    〉/  /  ィ⌒フ ,人__厶イ´
時崎狂三
原作・出典元 デート・ア・ライブ
性別
愛称・呼び名 きょうぞうちゃん
一人称 私(わたくし)
性格 サド
特徴 黒髪ツインテール、オッドアイ
口調 お嬢様口調
「きひひ」と笑う
  

時崎狂三(ときさき くるみ)は、橘公司の小説「デート・ア・ライブ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「時崎狂三」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「時崎狂三」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

異世界から襲来する「精霊」と呼ばれている存在の一体。自衛隊による識別名は「ナイトメア」。スピンオフ作品「デート・ア・バレット」では主人公を務める。

主人公・五河士道と出会うより前から人間社会に現れて潜伏しており、普段は長い髪で左目を隠した地味な格好で過ごしている。精霊としての姿は黒髪の左右非対称のツインテールに赤黒のゴスロリファッション。隠された左目は時計となっており(後述)、一種のオッドアイ

人の命を奪うことに何の抵抗も持っていない冷酷な性格で、判明しているだけでも一万人以上の人間を手に掛けている「最悪の精霊」。お嬢様口調で話し、本心を見せない掴み処のない言動をするが、「きひひひひ」と狂気がかった笑い方をするなど、どこか危うい面を持っている。時に士道を誘惑するような態度を見せて翻弄することもあるが、これは士道が封印してきた精霊の力を狙っての事。当初は力以外に興味はなかったが、士道と関わるうちに徐々に士道本人に興味を抱き始めたかのような変化が見られる。実は可愛いものが好きで、猫カフェに入り浸っていたり、猫を苛めている子供たちに制裁を加えたりしている。

<刻々帝(ザフキエル)>という身の丈を遥かに超える巨大な時計盤の「天使」[1]を持つ。能力は時間を操ることで、普段は歩兵銃の長針と短銃の短針を取り外して使用する。しかし銃に込める能力の弾丸は狂三自身の時間(=寿命)を消費する必要があるために、人間を喰らって時間を補充している。特に好んで用いるのは自分の過去の時間を切り取った再現体(分身)を召喚する【八の弾(へット)】[2]。普段はこの再現体を使って行動しているために、再現体を殺しても本体に影響はなく、非常に不死性が高い。左目の時計盤は狂三の「時間」を表している。

「狂三」という名前が初見ではまず読めないため、ファンからは「きょうぞう」という仇名を付けられている。

主な作品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 精霊が持つ武装の名称。
  2. 弾丸は全部で十二種類あり、それぞれヘブライ語の数字が名前として用いられている。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。