Fandom


                     _l_
                  | ̄|  |  |
                      |─|  ̄ ̄ ̄                    二 _ノ_
                      |_|   | ̄|     田         ネ由     ─ _/_
                 .___.   | ̄|     赤         | |     口  口
                .∫ ̄ ̄「    .. ̄            :1ー-----------u、
         ┬――-′   ー-------y 、    _..................」        ィニ----------、_r 、 '\
         亅            /"´      │   :广レ---------∪       '广  `\ ィ 、
.        .丿   _----- 、    廴____j―‐‐っ _ l    」        〈_,,、    !゙\   ゙ヽト `\
       _/′  /   丿    ,'〕  −  :l ノ‖      ..----、   '、_..、 〉   丿 `ゝ_r'"゙フ  1
       Fー----- ゞ+ /    //  ‖   ´ _ll      〈'´  /   _l/ ゙'´  _/ ............-‐′  }
.             /′    / ,'  _l厂    _,'〕    l'ゝl _..r''´   _/\、   'く    '、      丿
.         ._,,..r''´     _ノソ ,,..‐´廴......-‐''´ ゝ-----ゝ '!「-----‐"    `ゝ、 _-ニ 、 '、    _..r''´
   ___,,....--‐''"      _../  ̄´             ▲▲▲            `ー'´     ヘ _r'"´. ̄:::∧
. . ゙⌒''''''''''''''''――‐'''''''''''''´              ▲▼▼▲                   ヽ:l′.::::::::::::::::゚,
.   ゚::::::::::::::::::ヽ \          ヽ      \            /                 ゞ :::::::::::::::::リ
    V:::::::::::::::::::::>ヽ          ‘,      .\        /     /          イ:::::::::::::::::::::::::::/
    ゚:: -‐‐- :::::::::::::‘,           {::::::......    、、 , , ,        ...::}          /::::::::::::::::::::::::::::::′
     ′     ヽ:::::::',          У:::::‐::::ミ:::<`(◎)´> . ......::::::::::::         /::::::::::::> ⌒ヽ′
     ',      \:::!        /:::::::::::::::::::::ヽ::.´' ' ' ' '`...:::::/:::::‘,:!         .:::::::/      /
      丶      ヾ        ::::::::::.▲▼            ▼▲.::V         !/      . ′
       ヽ      ’         ':::::::::::::▲▼     |     ▼▲:::::::'          ′      /
        ’.    ゚.       ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::..|.::::/::::::::::::::::::::::::::::',        /     /
         才     ≧: .   .!::::::::::::::::::::::::::::::. --- .::::::::::::::::::::::::::::l    斗 '"´     ヾ
       /        、 \   '::::::::::::::::::::::/__,,  、_\::::::::::::::::::::::|   /  ノ        `
        {i     、_、 ヽへ _ ゚,  ∨_:::::::__ / _(●)  (●)_ ヽ - … 、j  / ィ´ У   /,   ;  }
        ヤ  '.  ゚. ヽ  ヽ {  ァ   ∨   |    (_人_)   |    / 弋  !/._ //   /  リ
         ∨ 〈\ ヽ_ \ ‘`¨    V    、    ⌒     丿    /    `/ . イ_/ /〉 /′
        ‘ 、 `-≧. _ヽ `′       Vr--->t‐、、___..ァ-<___ /      ̄ f_...イ_/ /
            ̄`´           .八   /∧_.><_/ ヤ'.  /ハ             ‘-‐ ´
                        <  ∨_j7 !  .〉〈  .!l∨//  7
                      /__ `{ー' !.!  l .!   !l ー'} ´r_\
暗黒神話∵△∵ウルトラマン
作者 ◆9oDt17JfBY
ジャンル 特撮、ホラー
原作 ウルトラマンクトゥルフ神話
時代 1928年([ハワード・フィリップス・ラヴクラフト[HPL]]時代)
舞台 マサチューセッツ州アーカム市
投下日 2011年2月5日
投下板 やる夫スレヒロイン板
状態 エター
最終投下日 2012年1月1日
話数 10話前半
主な登場人物 やる夫希望号キョン子ねらう夫やらない夫薔薇水晶
  

暗黒神話∵△∵ウルトラマンは、『空想科学シリーズ ウルトラマン』および『クトゥルフ神話』を原作とした、特撮系やる夫スレ。

作者は◆9oDt17JfBY。2011年2月5日から連載されていたが、2012年1月1日を最後に投下が中断されエターとなった。

あらすじ編集

1928年アメリカ合衆国マサチューセッツ州アーカム市。
そこには怪奇事件を専門に扱う海軍情報部P課、通称デルタグリーンと呼ばれる五人の精鋭たちの姿があった。

封印されし邪神が目覚めを告げ、人類が破滅の淵に立たされた時、
少女の祈りに応じてヤルオ隊員はフラッシュビームを掲げる。

そう、彼こそはオリオン座ベテルギウス、グリュ=ヴォより飛来した星の戦士。

――――我らのウルトラマンなのだ!

概要編集

原作は初代『ウルトラマン』およびラヴクラフトによるコズミックホラー大系『クトゥルフ神話』。ラヴクラフト時代のアーカムにウルトラマンが登場する。

一見して縁遠い二作だが、邪神に敵対する「星の戦士」や、抗神組織デルタグリーンなどの設定を活かすことで、見事に融合している[1]
特に終盤、巨大な怪異に対して、キョン子薔薇水晶の応援を受けながら立ち向かうウルトラマンの勇姿は圧巻。

思わず「頑張れ、ウルトラマン!!」と合いの手を入れてしまう読者も少なくない。

主な登場人物編集

  • ハヤタ・シン - やる夫 - DG隊員。貯水湖上空を飛行中、怪光と激突し……。
  • ウルトラマン - 希望号 - 星の戦士。末端神格であり、地上での活動には制限が伴う。
  • 星野少年 - キョン子 - ミスカトニック大学の学生。事件に巻き込まれて以降、DGに同行する。
  • ??? - 薔薇水晶 - キョン子の友人にしてアーミテッジ教授の姪。奇妙な言動が目立つ。
  • ムラマツ・キャップ - ねらう夫 - DGを率いる隊長。『インスマウスを覆う影』事件に関わった経歴がある。
  • アラシ隊員 - やらない夫 - DG隊員。武闘派であり、作中でも度々その射撃の腕前を披露する。
  • イデ隊員 - できる夫 - DG隊員。オカルト知識を持ち、様々な装備で作戦をサポートする。
  • フジ隊員 - できない子 - DG隊員。紅一点。
  • Crawling Chaos - C.C. - 謎の存在。

各話あらすじ編集

File No.01 来訪者事件第1号
1928年アメリカ合衆国マサチューセッツ州アーカム。
貯水湖上空を飛行していたヤルオ隊員は、怪光と激突し墜落した。
調査に向かったデルタグリーン一同は、巨大な怪異「異次元の色彩」に遭遇する。
あわやという瞬間、彼らの前に星の戦士――ウルトラマンが現れた!
File No.02 堕慧児を撃て!!
ミスカトニック大学を占拠した怪人ウィルバー・ウェイトリー。
少女たちを人質に取った彼の要求は、伝説の魔導書ネクロノミコン!
果敢にウィルバーに挑むデルタグリーン一同だが、
ウィルバーの正体は、おぞましい邪神の堕慧児であった……。
File No.03 デルタグリーン出撃せよ!
ウィルバー・ウェイトリーの故郷、ダンウィッチ村を襲う怪異。
巨大な不可視の怪物が、次々に家を踏みつぶしていく。
デルタグリーンは、イブン=ガジの粉末散布でこれに立ち向かう。
そして遂に姿を現した"ダンウィッチの怪"の正体は――……。
File No.04 過去から来た悪意
アーカム市を襲う赤い霧。
謎めいた少女シャーリーと共に調査を行うデルタグリーンだったが、
デキナイコ隊員が何者かに洗脳されるという怪異に見舞われる。
そして夜のアーカム市に現れて、街を破壊するウルトラマン。
果たしてウルトラマンは人類の敵なのか、味方なのか!
File No.05 邪神は再び
アーカム市地下遺跡より発見された謎の小箱と金属板。
伝説の王コナンによって封じられた邪神の力を巡り、
ドイツの諜報機関カロテキアと対決するデルタグリーン。
そして小箱の封印が解かれる時、二体の邪神がアーカム市を襲う!
File No.06 遠い街への銀の鍵
数年ぶりに旧友と再会したデキナイコ。
しかし彼女は、存在しない街ウルタールを追い求めるようになっていた。
そしてアーカム上空に出現する銀の鍵の門……。
File No.07 大発狂五分前
平凡な港町キングスポートを襲う怪異。
暗躍するダゴン秘密教団の黒い影、さらわれるヤルオ隊員とキョン……。
ルルイエ浮上、クトゥルフ復活の刻限が迫り、大嵐が荒れ狂う最中、
ウルトラマンと邪神が激突する!
File No.08 ミロガンダの恐怖
アーカム市で次々に失踪を遂げる新聞記者、植物学者。
調査に向かったデルタグリーンは、現場で奇妙な粘液を発見する。
植物と動物の性質を併せ持つそれを追跡した彼らの前に現れたのは、歩く植物ミロガンダだった!
File No.09 脳髄標本35号
ヴァーモント州で発見された奇妙な生物の死骸。
病院では発見者が恐慌をきたした状態で収容され、奇怪な死を遂げる。
一方、ネラウオキャップは発見者の務めていた天文台へと向かう。
しかしそこは、すでに謎の宇宙生物によって占領されていた……!

外部リンク編集

脚注編集

  1. なお『ウルトラマンティガ』はじめ平成ウルトラマンにはクトゥルフ神話の要素が公式で盛り込まれている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。