Fandom



                    _へ
               へ_,,,ー ̄  |
     へ       (   _,,, i~7 |
    ( レ⌒)     | | 」 レ'  |
 |\_/  /へ_    | _ _  ー, )
 \_./| |/   \   | | 」 |/ /    l: : : :、: : : : : : :、、    、: :i: : : : : : : :i: :i_   i  l   i/l: :,: : :/ r;―――――
   /  /| |~ヽ ヽ く_,,,ーー~~\    |: : : : :ヽ: : : : : :lヽ     |:l: : : : : : : :|: :|ノ ノ /     レ レ,}ヽ:::i ヽ
  / /| |ノ ノ | |_  | ) | /_,,,ー, .|:i、: : : : :i、: : : : :、ヽ    |:i: : : : : : : :|: | Y  /        / ,/:::| ヽ
  | |  |   /  / /\`~ ~~  ,,,,ー’  |:ハ: : : : : |ヽ: : : :ヽヽ   |:ハ: : : : : : :|i:,!   /        / /:::::| 、 ヽ
  \\ノ  く  / /  ~~ ',| √| ノ_,,,ー~/  ヽ: : : :l  iヽ: : :ヽ   リ |: : : : : :l リ  -'       ./ /::::::::| i、 ヽ
   \_∧」 / / (~' ̄  ~~_,,,ーー~/   ヽ: : ヽ ,} `ヽ:、:ヽ   |: : : : ://          / /:::::::::::| |::ヽ ヽ   iー
       _/ /   `ーフ ) ̄    )  /     \: :y'      `   .|: : : :/          /  /:::::::::::::| |:::::ヽ ヽ   ;;;;
      ∠-''~     ∠/     //( ノ      ヽ        ,.イ: : :/.           | /::::::::::::::::! |::::::::::ヽ ヽ  ;;;;
                    く\_ー-' '~~~7      \    イ  ,!: :/            | |::::::::::::::/  |::::::::::::::\\
        へ    く~7_へ  く_,, ┌二、~       \  ヽ!、,/ |/      ,.イ`ヽ、  | |::::::::::::/ ノ::::::::::::::::::::`ヽ
   /7 ∠、 \  _> _/   <ニ, ~ ∠,,へ       ヽ、        , '´ /     ゝ、ヽ ヽ:/ /::::::::::::::::::::::::::::::::
   | /   !  | (__//~) _,,,,-'  _,~、)         \   ,  '     |    | |::::ヽ  <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   | |    i  |   く ̄ /  \_/~~_  _            `´       |    .! |:,::::〉,ィヾー、`ヽ::::::::::::::::;;;;;;';'::
   ! レノ  |  !    フ∠へ .  /フ ( (_,,,,\\                 ,!    | .!:://i0;;;i|  //:::::::::;;';';';':':':::::::::
   \_ノ  ノ /    (_,,ノ  ∠っ レー' ┌` )/                 /     .V::i { .|.iiil.| //::::::::;';;;;,':::::::::::::::
       / /    へ_/\くニニ┐ 「 ̄| レフ                  /、    ヽ,!::、ヽ'、::リ//:::::_:;';;;;,'::::::::::::::::::
      ノ /    |   /| | __ | レっ | く                  / ヽ     |:::::ヽヾ/ /:::://;;;;,'::::::::::::::::::
     ノ/      | |~~ | ノ \_,、 「 //\\_/|               ∧.  ヽ    |:::::r、:] ヽ::://:;;,'::::::::::::::::::::::::
    ノ/        | |_ノ )   J |∠ノ  \ ノ               /  \  ` ー|::::::ヽ/l |`-'::::,':::::::::::::::::::::::::
             (__,,ー~~   \ノ      `V               /    ` ー _.ヽ:::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                              /          ヽ:::::::ヽ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最低弁護士杏子とできる夫の法廷記録
作者 妄想弁護人 ◆V8O0hvb5BU
ジャンル 法廷バトル
原作 弁護士のくず
リーガル・ハイ
他多数
時代 現代
舞台 日本
投下日 2014年6月2日
投下板 やる夫板II
普通のやる夫板
状態 完結
最終投下日 2016年3月4日
主な登場人物 佐倉杏子できる夫シオニー・レジスやらない夫
  

最低弁護士杏子とできる夫の法廷記録は、長編やる夫スレ。

作者は妄想弁護人 ◆V8O0hvb5BU。2014年6月2日から2016年3月4日まで連載された。

あらすじ編集

東大卒のエリート検察官できる夫。検事長の娘との婚約も決まり、順風満帆な人生を送っていた。

ある日、痴漢事件を担当することになったできる夫の前に破天荒な少女が現れる。被害者少女に不躾な質問をする彼女こそ、彼と対決する被告弁護人であり、いまだに「無敗」を貫く女弁護士佐倉杏子であった。

概要編集

「弁護士のくず」や「リーガル・ハイ」など、複数の法曹エンタテイメントを原作とするやる夫スレ作品。劇中では主に民事裁判を取り扱っている。法の抜け穴を突いたり、違法な捜査手段を取る事で依頼人や自身の利益を得ると言う、「ピカレスク(悪漢)物」に属する作品。

主な登場人物編集

  • 佐倉杏子 - 19歳の弁護士。弱冠15歳で司法試験をクリアし、以後様々な手練手管で不敗を貫く。
  • 派速出できる夫 - 杏子の相棒で元エリート検事。
  • シオニー・レジス - 杏子に協力する凄腕の探偵。何かと土下座を要求する悪癖を持つ小心者。
  • 美筆やらない夫 - 弁護士で、杏子の元上司。難敵として立ちはだかるが、妙に詰めの甘いところがある。
  • 遊佐 - やらない夫の秘書。上司に対しても辛辣。
  • 東條希 - 公明正大なことに定評のある裁判官。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。