Fandom


        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧\\
         /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::l:::::::: : ‘,:: ∧:::/:: } /  ヽ
         /:::: : /:::::::::::l::::::::::::::: |:::::::::::::: }:: /:∧::: : l乂ヘ____〉
       :::::::::: {:::::::::::::|:::::::::::: : }:::::::::::::: |: : /:: }:::::::} ∧
      ,′:::::::|:::::::::::::{:::::::::::::: 八:::::::: : |:::::::::: |:::::::| / ∧
.      f::::::::::: | ―- 、\:::::::::/ 斗t允ナ!::::::: : |:::::::| / ∧
        {::::::::::: | /芹芯ミ \:/  /斧苅ヽ:::::: : !:::::∧ / ∧
       ::::::::::::::::ゝ込少      込少/::::::::::::{::∨ ∨ / ∧
     〈‘,:::::::::::∧          / /::: : :/ /∧::^∨/ ∧
     / ∧::::::::::八\   '    ≦イ:::: : / // ∧:::. \  }
     ゝ´ ‘,::::::::::\   -     /:::::: /:::| r〈: ∧::.
        ‘,::: : ∨ .        /::: : /: : |/:::∨ }:::.
          }\: : ∨ l>  <  /: : イ::::::::|∨ 乂}:::::::.
           /}::::::::≧〉 }     〈 イ |:::::::::|∧::::::::::::: ∧
        //{::: : //__/\   ィi〔\} :|:::::::::|/}}::::::::::::::::::::.
         {//: : ///i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:〈‐|:::::::::|/{:::::::::::::::::::: }
      ‐=}/: : / { \:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧|:::::::::| {≧s。:_:___:::|
  ‐=≦////: : /-〈  \i:i:i:i:i:i:i:i:> ´  |:::::::::|/////////≧=‐
  ////////: : //     ≧==≦     |:::::::::|//////////////}
本多・二代
原作・出典元 境界線上のホライゾン
性別
愛称・呼び名 槍本多 巨多
一人称 拙者
性格 バトルマニア アホの子
特徴 巨乳 ポニーテール 槍
口調 「~で御座る」
  

本多・二代(ほんだ・ふたよ)は、川上稔の小説「境界線上のホライゾン」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「本多・二代」も参照のこと

概要編集

松平四天王の一人、本多・忠勝の娘。三河の先行警護隊総隊長を務めていたが、ホライゾンの奪還作戦の後、武蔵アリアダスト教導院総長連合の副長に就任する。

「拙者」「~で御座る」など、武士口調で喋る少女。堅苦しく融通が利かない、武人肌の性格。少々天然の気があり、さらに知識や思考が戦闘方面に偏っているため、一般常識に乏しい。最たるものでは、とある卑猥な単語の意味を「戦いによって心を通わす」と誤解して連呼してしまうようになってしまった。小難しい(特に政治的な)ことについてはわかる者に丸投げできる程度の判断力は備えている。非常に大食いでもあり、特に肉と甘味が好物。なお、同じ陣営にもう一人同姓の本多・正純がいるため、区別する場合は「槍本多」あるいは「巨多」(巨乳から)と呼ばれる。

戦闘では父・忠勝から受け継いだ「蜻蛉切」という槍を用い[1]、穂先に映した対象の名前を結び、割断する能力を利用して戦う。父と、その自動人形である鹿角から訓練を受けており、その戦闘能力は武蔵でも最大と言われ、父の名と「東国無双」の襲名の最有力候補者。戦闘中、彼女が「考えタイム」と宣言して熟考に入った間に攻撃を仕掛けるのは卑怯なこととされる。

ホライゾン奪還作戦の時には故あって武蔵勢と敵対することになったが、葵・喜美から過ちを正され、武蔵勢に降ったという経緯がある。以後、ホライゾンを主君として仰ぐようになった。その後も道を誤った時には何かと喜美によって正されることが多い。幼馴染である正純の他は、戦闘絡みの話で立花・宗茂立花・誾夫妻とよく絡む。

主な作品編集

脚注編集

  1. 彼女の象徴的武装であり、通信のハンドルにも用いられている。作中で破壊された時は、修理中にほぼ同性能の代用品「蜻蛉スペア」を使うことになった。

関連項目編集

  • 本多・正純 - 幼馴染。姓が同じなのは偶然の一致で、姻戚関係はない。
  • 本多・忠勝 - 父。
  • 鹿角 - 父と共にあった自動人形。二代の訓練の相手でもあった。
  • 立花・誾 - 何かと絡む相手。二代の非常識振りから一方的に毛嫌いされている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。