やる夫 Wiki
Advertisement
      :/:::::::ト、:::}//// 〉三三三三三三三三{////_ハ!
     /:::ヽ`' \_jー-/{ニニニニニニニニニニニ二二} -‐ 弌r /
   .:./::::::::{ > ーrz__  \、ニ===¬冖  /  , -<}} ー- _
  .:.:/:::::::ノ__  jメ  ``ヽ  \ ー┐   rー /_z≦   トrz_ ‐¬⌒
   /::::::::::::::Y}/ {  ≪ 迅fニ=--く  Y^-=迅iレ / ,L  ヽ
 .:./::::::::::::::::メイ}  } \     /  } {  \     ノ リ ̄`
.:.:/::::::::::::::::::::ハj} {          } {       /} {           -‐
_/:::::::::::::::::::/ ,Ч {          } {    __j_ {__    -‐ 7´
.′:::::::::::::::/____} L, -‐===- {_   __}_,ノ ̄  < {//7777777V    /
::::::::::::::::::://///.{  レ' __,    ¬冖ー'  _\rーzrー-`///////∧    {
: :::::::::::::://////jレ7「 ̄ /⌒≧ニ===-==¬ '  ノ }  V///////,ハ   }
::::::::::::::///////,イ  \           -一   /ヽ,ノ}}/////////}   {
: :::::::::///////{三ニ=- ≧z     ノ}Y^Yハ__,/-=ニ三ハ////////,{   \
本多・忠勝
原作・出典元 境界線上のホライゾン
性別
愛称・呼び名 ダっちゃん
一人称
性格 子供っぽい、ダメ人間
特徴 髭 槍 初老
  

本多・忠勝(ほんだ・ただかつ)は、川上稔の小説「境界線上のホライゾン」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「本多・忠勝」も参照のこと

概要

松平・元信に仕える、松平四天王の一人。東国無双の名を冠する猛者でもあり、老いてなおその実力は健在であるため、三河特殊予備役副長の任を担う。

娘である本多・二代の回想に度々登場するが、私生活では本多のダの字はダメ人間のダと酒井に言われる程であり、年頃の娘に「一緒に風呂に入ろう」とか「焼肉食いに行こう」とか掃除洗濯、片付けをしないとか、犬とか猫とか拾ってきては「可哀想だろ!?こいつは今日からウチの子だ!」と駄々をこねたりとか、お使いに行くと余計な武具や本や予定にない肉を買ってくるなど、無茶苦茶な行動を起こしており、そのたびに従者の鹿角を辟易させていた。

主な作品

関連項目

  • 本多・二代 - 娘。
  • 鹿角 - 自身の従者であり、亡くなった妻の魂を宿した自動人形。
  • 酒井・忠次 - かつての上司であり、小等部時代から一緒に悪ふざけした仲。
  • 松平・元信 - 主君。
  • 立花・宗茂 - 自身の称号東国無双と対峙する、西国無双の称号を持つ猛者。三河で相対する。
Advertisement