Fandom


             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   丨    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、
   \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、
      |    .ト''      ! .| r―┐  | ,//      :. l  /       `ヽ、
     l      l、__       レ'  |  |  i/o’        :.:. ! |           ヽ、
      |     |/\     |    ̄´  / /         :.:.:.ヽ⊥_        ,.-<}
     ノ    |   ヽ.   l      {i∧         :.:.:.:.:.:.:.|\      /    \
桜田ジュン
原作・出典元 Rozen Maiden
性別
愛称・呼び名 JUM(俗称)[1]
一人称
性格 ひねくれ者
特徴 黒縁眼鏡
口調 生意気
備考 家族:桜田のり
ドール:真紅など
  

桜田ジュン(さくらだ ジュン)は、PEACH-PITの漫画「Rozen Maiden」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「桜田ジュン」も参照のこと

概要編集

「Rozen Maiden」の主人公であり、真紅の契約者。引きこもりの中学2年生。姉は高校生の桜田のり。また柏葉巴は幼馴染。

担任の梅岡に善意で、趣味の洋裁用のデザインノートを全校生徒の前で晒され、無数の他人からの視線に押しつぶされて、不登校児となってしまった[2]。趣味は怪しげな商品のネット通販、およびその商品を、期限切れ寸前でクーリングオフすることという、何とも根暗な人物である。

特技は裁縫で、壊れた人形を直したり、ローゼン本人でなければ直せないとまで言われたローゼンメイデンシリーズの修理をしてみせるなど、その腕前はマエストロ級。

基本的に真紅の契約者であり、かつ作中で契約ドールが変動する。真紅・翠星石雛苺の3ドールを迎えているというのが漫画1部・アニメにおいての基本パターン[3]。1部ラストにて指輪の契約を全て失った後に、3部では真紅+翠星石+蒼星石というパターンになる。

2部では、パラレルワールドの彼が登場(「まかなかったジュン」)、引きこもりをやめて大学生になっており、背が伸びて眼鏡も外している。まかなかった彼もまた主人公であり、特に雪華綺晶関連の重要人物である。

二次創作の自己投影妄想で他のドールとカップリングされることも多かったが、原作はジュン&真紅を王道で貫き2014年に完結した。

やる夫スレにおいて編集

ローゼンメイデン達に比べ彼の出番は少ないが、その家族や恋人として登場するケースがある。彼女らの父親役として登場することも多い。

原作のキャラクターでは真紅や柏葉巴とカップリングされることが多い。 まかなかったジュンのAAも一定数存在するが、現状では出番は少なめである。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「桜田ジュン」を検索

脚注編集

  1. 由来は原作にあるが、ネットで茶化されて呼ばれるようになった呼称という側面が大きい。
  2. アニメ版では設定が変わり、自信あった中学受験で失敗して挫折したことがきっかけになっている。
  3. 厳密には、真紅+翠星石の二重契約、アンド真紅を介してしもべの雛苺に力を供給するという構図である。アニメでは、2期4話でようやく翠星石と契約しており、それまでは翠星石と契約していない。アニメで通しで紅翠雛3ドール固定のイメージがあるのは、翠星石が未契約のままで桜田家と時計店を行ったり来たりしていたから。

関連項目編集

  • 真紅 - 契約ドール。最重要人物。
  • 柏葉巴 - 幼馴染。ヒロイン、というには微妙な距離感。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。