やる夫スレと、主にJASRAC(日本音楽著作権協会)の関係について記述する。

ウィキペディアの項目「日本音楽著作権協会」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「JASRAC」も参照のこと

概要

まとめサイトにおいて

2011年12月19日、やる夫短編集 阿修羅編の「音楽」カテゴリの短編3作にJASRAC管理内楽曲の歌詞引用がみられたため、JASRACから管理人の懐中コオロギ宛に掲載取止の申立があった。これを受けて、懐中コオロギは該当短編の歌詞部分の削除(レス修正)を行った。[1]

これを受け地獄編以外の他にも、JASRAC管理楽曲を引用している作品に関するガイドラインを制定・明示するやる夫まとめサイトも出てきた。[2]

やる夫系掲示板において

2012年7月23日、やる夫板IIで連載されていた「やる夫達はロックが好みのようです」にJASRAC管理内楽曲の歌詞引用がみられたため、板の過去ログがスレッドごと削除された。さらにまとめブログの「やる夫まとめ隊」でも、該当スレの歌詞引用に関連した回が非表示となった。これを受けて作者の無謀 ◆Rdzr9pjJ2Iは、連載中のスレッドを駆け足気味に完結させることとなった。

以後は基本的に歌詞引用は禁止とされ、レス削除の対象になっている(個別詳細は板ごとのローカルルールを参照)。

その他

2015年10月、懐中コオロギが「やる夫楽曲短編投下所」と「やる夫長編作品 歌詞引用レス投下所」を設立した。これらは、JASRACと契約を結んだlivedoor/seesaaブログのコメント欄を「作品投下所」としたものである。

2019年1月にしたらば掲示板よりJASRACと許諾契約を締結している旨の発信があり、書き込んだ内容に歌詞が含まれていたとしても問題とはならなくなった。
これはあくまでしたらば掲示板内での話であり、投下されたやる夫スレ作品に歌詞が含まれていて、それを(JASRACと契約を結んでいないブログ等を利用している)まとめサイトがまとめると歌詞使用料を請求されると思われる。
当然のことながら非したらば掲示板(普通のやる夫板やる夫板のシェルターなど)では対象外の話で、依然歌詞の書き込みは禁止のままなので要注意。

脚注

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。