やる夫 Wiki
Advertisement

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ、1894-1965)は、大正から昭和期の日本の作家。

ウィキペディアの項目「江戸川乱歩」も参照のこと

概要

戦前に日本の探偵小説(のちに推理小説と呼ばれるようになる)の基礎を築いた一人。また一方ではエログロナンセンスも得意とした。昭和初期から大衆に歓迎され人気を博した。

長編を場当たり的に執筆して行き詰ることも多かった。現代風に言えばエターの常習である。戦時中は検閲を受け、表現の自由が制限されるという憂き目に遭っている。

名探偵の明智小五郎シリーズや、少年探偵団と怪人二十面相などが有名。

スレッド一覧

江戸川乱歩作品のスレ一覧
元作品 スレッド名 作者 まとめURL 備考 連載期間
芋虫 雪華綺晶が芋虫を愛でるようです 伍長 ◆KIaN2kL3i2 やる夫短編集阿修羅編 短編 2012/01/29
D坂の殺人事件
魔術師
やらない夫対魔術師 ◆5ADpA3L9mQ やる夫まとめ劇場(仮) [1]
完結
2014/01/22 - 2014/02/08
人でなしの恋
目羅博士
活字原作・短編やる夫 ◆ik0.b38ra6 やる夫短編集阿修羅編 [2] 2010/05/22 - 2010/09/02
夢遊病者の死 夢遊病者の死 トリップなし だっておwwwキャンセル 短編 2020/12/29

関連項目

脚注

  1. 漫画版「江戸川乱歩異人館」ベース。
  2. 芥川龍之介作品も含む短編集
Advertisement