(2人の利用者による、間の7版が非表示)
1行目: 1行目:
  +
<pre class="aa">
#REDIRECT [[やらない子とやる実がみんなの夢を守るようです]]
 
  +
  \  /                 \  /
  +
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  +
  / ∩ / _ \.闇./ \        / ∩
  +
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)      ____
  +
     | | |   (__人__)  |         | |    /⌒.光.⌒\
  +
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'. /( ●) (● ). \
  +
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
  +
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
  +
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
  +
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
  +
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
  +
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
  +
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
  +
       j  | :   | / ィ    |  |       j  | :   | / ィ    |  |
  +
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
  +
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ
  +
</pre>
  +
{{やる夫スレ作品
  +
| タイトル=爆力少年・ふたりでやるやら
  +
| 略称=
  +
| 作者=[[◆1NyePGJd66]]
  +
| ジャンル=バトル
  +
| 原作=[[オリジナル]]
  +
| 時代=
  +
| 舞台=
  +
| 投下日=2009年12月25日
  +
| 投下板=[[やらない夫板]]
  +
| 状態=完結
  +
| 最終投下日=2010年5月15日
  +
| 話数=3話+11話+番外編
  +
| 登場人物=[[やる夫]]、[[やらない夫]]、[[できない子]]、[[やらない子]]、[[やる実]]、[[ルルーシュ]]、[[ムスカ]]
  +
| 関連項目=
  +
| 備考=
  +
| まとめ=
  +
}}
  +
'''爆力少年・ふたりでやるやら'''は、[[オリジナル]]の中編[[やる夫スレ]]。本項では、その続編'''爆力少年・ふたりでやるやらネクスト'''についても記す。
  +
  +
作者は[[◆1NyePGJd66]]。2009年12月25日から2010年5月15日にかけて連載された。
  +
  +
==あらすじ==
  +
;爆力少年・ふたりでやるやら
  +
:[[やらない子とやる実がみんなの夢を守るようです|前作]]の5年前、まだ[[やらない子]]と[[やる実]]が小学生の頃のお話。
  +
  +
:健康優良不登校児の入則出[[やる夫]]は今日もひきこもり、幼馴染の美風出[[やらない夫]]はそんな友人を更正しようと今日も世話を焼いていた。そんな彼らの普通の日常は、突然町に現れた謎の怪物によって脆くも崩れ去ってしまう。突然の脅威に自分たちの無力さを実感する二人の前に、'''爆力'''という不思議な力を持つ妖精が現れた。自分たちの日常、そして何よりも大切な親友を守るため、爆力の妖精と命を懸けた契約を結ぶ。ここに'''爆力少年・ふたりでやるやら'''の壮絶なる戦いの日々が始まった。
  +
  +
;爆力少年・ふたりでやるやらネクスト
  +
:前作から2年後、高校卒業を控えたやる夫とやらない夫の前に突然空から縞パン少女が降ってきた。異世界の王女'''できない子'''を名乗るその少女を保護した2人の前に、2年前に倒しきったはずの悪の怪人が再び現れる。再び爆力少年に変身した2人はやがて、はるか古より続く爆力の妖精をめぐる戦いに身を投じることになる。
  +
  +
==概要==
  +
不思議な力「爆力」を手に入れたやる夫とやらない夫の戦いの日々を描くバトルものやる夫スレ。
  +
  +
前作と比較すると爆力少年としての戦闘における活躍の描写が多く、前作のような学園生活や日常の描写が見られないが、その分戦いの中における二人の友情の厚さ、そしてベタとも言えるほどの熱い展開を描くことによって、前作とはまた別の魅力を獲得している。
  +
  +
==外部リンク==
  +
*まとめ([[やる夫まとめてみるブログ]]):[http://acjryvnedk.blog54.fc2.com/blog-entry-533.html やらない子とやる実がみんなの夢を守るようです まとめ]
  +
  +
==関連項目==
 
*[[やらない子とやる実がみんなの夢を守るようです]] - 作者の前作にして、本作の後日談
  +
<!-- ==脚注==
  +
<references /> -->
  +
<!--脚注することがない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。-->
  +
{{DEFAULTSORT:はくりよくしようねんふたりてやるやら}}
  +
[[カテゴリ:やる夫スレ作品 は行]]
  +
[[カテゴリ:中編やる夫スレ]]
  +
[[カテゴリ:オリジナル]]
  +
[[カテゴリ:2009年の作品]]
  +
[[カテゴリ:完結]]

2018年5月19日 (土) 04:23時点における最新版

  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ \.闇./ \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)      ____
     | | |   (__人__)  |         | |    /⌒.光.⌒\
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'. /( ●) (● ). \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |       j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ
爆力少年・ふたりでやるやら
作者 ◆1NyePGJd66
ジャンル バトル
原作 オリジナル
投下日 2009年12月25日
投下板 やらない夫板
状態 完結
最終投下日 2010年5月15日
話数 3話+11話+番外編
主な登場人物 やる夫やらない夫できない子やらない子やる実ルルーシュムスカ
  

爆力少年・ふたりでやるやらは、オリジナルの中編やる夫スレ。本項では、その続編爆力少年・ふたりでやるやらネクストについても記す。

作者は◆1NyePGJd66。2009年12月25日から2010年5月15日にかけて連載された。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

爆力少年・ふたりでやるやら
前作の5年前、まだやらない子やる実が小学生の頃のお話。
健康優良不登校児の入則出やる夫は今日もひきこもり、幼馴染の美風出やらない夫はそんな友人を更正しようと今日も世話を焼いていた。そんな彼らの普通の日常は、突然町に現れた謎の怪物によって脆くも崩れ去ってしまう。突然の脅威に自分たちの無力さを実感する二人の前に、爆力という不思議な力を持つ妖精が現れた。自分たちの日常、そして何よりも大切な親友を守るため、爆力の妖精と命を懸けた契約を結ぶ。ここに爆力少年・ふたりでやるやらの壮絶なる戦いの日々が始まった。
爆力少年・ふたりでやるやらネクスト
前作から2年後、高校卒業を控えたやる夫とやらない夫の前に突然空から縞パン少女が降ってきた。異世界の王女できない子を名乗るその少女を保護した2人の前に、2年前に倒しきったはずの悪の怪人が再び現れる。再び爆力少年に変身した2人はやがて、はるか古より続く爆力の妖精をめぐる戦いに身を投じることになる。

概要[編集 | ソースを編集]

不思議な力「爆力」を手に入れたやる夫とやらない夫の戦いの日々を描くバトルものやる夫スレ。

前作と比較すると爆力少年としての戦闘における活躍の描写が多く、前作のような学園生活や日常の描写が見られないが、その分戦いの中における二人の友情の厚さ、そしてベタとも言えるほどの熱い展開を描くことによって、前作とはまた別の魅力を獲得している。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。