Fandom


        _,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,,_
        ,.r'´,.    -┐   ':..,゙ヽ
       ,r' ,::;:'    ,ノ ヽ、    ゙:::.ヽ
      ,.' _.,:;:'___ _立_  ___;;ミ゙、          ̄ノ ̄| ̄
     .l厄巳厄巳厄 i王i ,.巳厄巳厄巳l           ,勹 .├‐''
     l´ , "´  ̄ ̄ ̄ `'''′  ̄ ̄ ̄`.:`{         ´_フ  ヽ、_,
     | l ;;:.,.   ::、.       ...   '゙|
    ,.-''、.,! ,.::'    ヽ、:.゙、 ;;.:' ''  ヽ | ,.、       __l__
   ./  、/ `ヾー─tッ-ヽ''  kーtr─ツ'´〕. ヽ.        |
  / {´i Y::::..   ` ̄ ̄´.: "i! ::. 、` ̄´ ゙:::.、} r、 l        i,____
  | ヾ_,,入;:::.. `'' " ´.::; .::i! ::..  ```  :. }ツl l
  \  ノ ヾ ;:::.   .:r'' :: ll! :ヽ;:..:.   .: j,ノ ,!         ┬ ┌,┴┐
    ヽ',,;l  ゙i ;::.. _ `ヽ、;;,,,,'.ィ'' _,, .::,;r'1,,,/            l__ ノl士
  ッジ::::::|  ゙ ,r'´:::;;;;;;;::>  弋´;;;;;::::ヽ'" |:::::゙'イィ      ノ凵  l土
 弍:::::::::::l  /:::;r'´ ,,..-ー…ー-、 ヾ;:::'、  |:::::::::::ヒ
  シ:::::::::::l   i':::,!  ´  __  ゙  l::::l:. |::::::::::ス       __ヽ__‐┬┐
  彡;:;:::::l  l:::l     ''''''''⇒;;;:,   l:::l  |::::;;ャ`        ニ メ ,ノ
  ,r', 广'`ヽl:::l ::::. .::     ゙::.   l::l ノ^i`、         l ̄l ハヽヽ
 ,イ(:::j    i::;ヘ  :;:.       .::   l::l'"  l:ヽヽ         ̄   ̄
 |;:ヽヽ   l::l  ヽ ;:.... ..  .. :  /l::l   ノ ,.イ
 |;:;:;:;\\ l::l   ', :;.:;::::::::::..::.  /  l::l,r'' /;:;:;|
王大人
原作・出典元 魁!!男塾
性別
性格 ラーメン好き
特徴 額の「八竜」 中華服
備考 関連:江田島平八
  

王大人(ワン ターレン)は、宮下あきらの漫画「魁!!男塾」の登場人物。

概要編集

日本国内某所にある「八龍の長城」で行われる男塾名物の一つ「大威𢸍八連制覇」の案内人。江田島平八の旧友で、江田島が動けないときは男塾の塾長代理もつとめる。好物はラーメン。特徴的な頭部は「ラーメンのどんぶりを逆さにかぶったような」としばしば表現される。

初登場時の口調はエセ漢文調だったが、すぐに日本語を流暢に話すようになった。[1]

江田島同様に戦闘シーンは少ないものの、初登場時に岩を拳で砕くなど強者としての存在感は示していた。七牙冥界闘編では中国拳法の源流「神拳寺」との戦いでまさかの助っ人参戦。神拳寺の長「拳皇」とはかつてその座を争った親友にしてライバルだったことが判明し、その拳皇を一騎討ちの末に撃破している。

江田島平八の過去を書いたスピンオフ「天下無双 江田島平八伝」では、江田島と友人になった経緯が描かれている。戦時中は東京帝国大学に留学生として在籍しており、伊佐武光(後の藤堂兵衛)にまつわるトラブルで江田島と知り合う。当時の彼は日本人を嫌っていたが、この一件で見せた江田島の男気と拳才に惚れ込んで親友となる。

彼を語る上で欠かせないのが「最善は尽くす」「死亡確認」である。大威𢸍八連制覇において彼に死亡を宣告されたキャラクター達が実は全員生きていた[2]ことから、アテにならない死亡宣告として有名になった。そのため、彼が頻繁にこの台詞を言っていたかのようなイメージがあるが、実は彼が「死亡確認」と言ったのは大威𢸍八連制覇の数回のみである。

主な作品編集

脚注編集

  1. 「此時 汝等 冥府魔道 八竜路先導!!(これより あなたたちを めいふまどう ぱーろんのみちへせんどうする)」
  2. 実は大威𢸍八連制覇は藤堂兵衛主催の天挑五輪大武會に送り込む戦士の選抜を兼ねており、江田島から死者を出さないよう厳命されていた。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。