Fandom


                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、   , ノ  、 、
              /            丶        l;   l(● ●)l    -  - 、
               .|               ヽ       ノl l   | (_人_) |  /(● ●)ヽ
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐ヽ     ノ‐--ゝ(_人_) ノ:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |  U  U    U  U     ..|||
      |||      |                       i  . ノ .| 現 代 文 学 の       |||
      |||      |                     /   |                      |||
      |||      |                    /   l   ち ょ っ と し た   |||
      |||      |                   i   /   .l                    |||
      |||      |                   /   l                裏 話  |||
      |||      |                   /    l                      |||
      |||      |                   !/     l                    ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                 ./ /!!!
      |||      |                    i   i .l                  ./   / |||
      |||      |                     ! l     (⌒        /    / |||
      |||      |                     l   :'´ ̄::`ヽ      /    /......|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!   i:::::/l/リヽハ   /     ./.. ...|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.   |:iイ・_,_,・.リ|  .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /    |:l:l(つく!つ     ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /    人:く/_|l〉人        ) /.   ..|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ ____`'し'ノ"       ノ      ..l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|

現代文学のちょっとした裏話
作者 ◆KcxXifcWsc
ジャンル 歴史
時代 昭和
投下日 2011年6月4日
投下板 やる夫板II
状態 エター
主な登場人物 やらない夫やる夫
  

現代文学のちょっとした裏話は、エッセー等から見えてくる戦後の作家たちの生き様を描く歴史系連作やる夫スレ

作者は◆KcxXifcWsc。現行スレはリメイク版で、2011年6月4日から連載されていたが、2013年10月10日の投下を最後に新作は作られていない。

概要編集

精神科医で芥川賞作家の北杜夫(やらない夫)と、編集者で中央公論・婦人公論編集長などを歴任した宮脇俊三(やる夫)を中心に、文学史に名を残す錚々たるメンバーが登場する作品。三島事件、終戦特集(宮脇編・北編)、中央公論社労使紛争は特に詳しく取り上げられている。

番外編の「ギャル実が教える近現代文学史」では、国文学史を専攻している大学院生のギャル実が高校生の泉こなたに近現代文学史について解説する。

エターとリメイク編集

もともと本作品はやる夫板IIの「中編、短編投下所」に不定期に連載されていたものであった[1]が、2010年8月13日に新規にスレ立てがなされた。以後1か月の間に本編2話、番外編2話が投下されたが、その後作者の書き込みが途絶え一旦エターとなる。

2011年6月4日にリメイク版と題したスレが立つとともに予告編が投下され、翌5日に第1話が投下された。その後は過去作のリメイクだけでなく新規エピソードも多数投下されて現在に至る。

やる夫短編集 阿修羅編は短編時代からこの作品のまとめを行っているが、リメイク版の投下に合わせて過去作のまとめは削除されており、短編投下所及び初代スレのバージョンは掲示板の過去ログでのみ見ることが可能である。

主な登場人物編集

作家編集

  • 北杜夫(やらない夫) - 宮脇の勧めで『どくとるマンボウ航海記』を執筆する。のちに宮脇の隣人となる。
  • 斎藤茂太(やるオプーナ) - 精神科医で随筆家。父は斎藤茂吉、弟は北杜夫。「モタさん」の愛称で有名。
  • 奥野健男(できる夫) - 文芸評論家・科学技術者。宮脇とは小学校時代、北とは中学時代の友人。
  • 三島由紀夫(阿部高和) - 北は初対面で三島を怒らせてしまうが、後に親しい交友関係を結ぶ。
  • 阿川弘之(キョン) - 小説家。宮脇の紹介で北と出会い、意気投合する。対談集や随筆の共著も多い。
  • 吉行淳之介(古泉一樹) - 芥川賞作家。北の麻布中学校時代の先輩。
  • 佐藤愛子(水銀燈) - 直木賞作家。北とは同人雑誌の頃からの仲間。「憤怒の作家」「怒りの愛子」と呼ばれる。
  • 遠藤周作(金糸雀) - 小説家。北杜夫との対談は「狐狸庵vsマンボウ」シリーズとして有名。
  • 辻邦生(L) - 作家でフランス文学者。北の旧制松本高等学校の先輩で同級生で後輩で親友。

編集者編集

  • 宮脇俊三(やる夫) - 元中央公論社常務取締役の紀行作家。奥野の紹介で北と知り合う。「中公に宮脇あり」。
  • 村松友視(上条当麻) - 元中央公論編集者で今は作家。北の担当だったが原稿は宮脇経由で受け取っていた。
  • 池島信平(ダスティ・アッテンボロー) - 『文藝春秋』の名編集長。
  • 坂本一亀(坂本美緒) - 通称「ワンカメさん」。音楽家・坂本龍一の父。戦後日本を代表する編集者の一人。

外部リンク編集

脚注編集

  1. 2010年7月17日から同年8月7日までの間に6編の投下が確認できる。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。