Fandom


    o     ゚             o      ゜  。     o   ゜
                ゚    。      ゜    。     ゜
  ☆   。     o      ゜      。           o   ゜
   ゜      ゚      ゜   o       .     。     ☆
      ☆    o          ゚/       ゜         。
 ゜      ゜     ゚ ☆  ゚    /     o      ☆      ゜
   。 o     ゜      .  。 /   ゚        o    。
 ☆     ゚  。  ゜     o  /            o       o
            o          ☆      。   .  / ゜      ゚
 o   ゚   。                       o/  。       。
      \      o     o     .   ゜  / ゜       ☆
  。     \       ゚     o      ☆     o  ゚   o
    ゜    o\  ゜            。                ☆
゜    ☆     \       o      o      o   ゜    。
 o ゜      .   ☆    ゜          ゜             o

      それは天を翔け地を往く魔星たちの物語

百八星が梁山泊に集うようです
作者 ◆lUVweQdkfM
ジャンル 歴史小説
原作 絵巻水滸伝
時代 北宋末期
舞台 中国
投下日 2010年3月19日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年4月24日
話数 125話
  

百八星が梁山泊に集うようですは、中国の四大奇書「水滸伝」を翻案したビジュアルノベル「絵巻水滸伝」(絵:正子公也、文:森下翠)を原作とする小説系長編やる夫スレ

作者は◆lUVweQdkfM。2010年3月19日から2011年4月24日にかけて連載された。続編の第二部百八星が散り逝くようですが6月20日から連載していたが、こちらはエターとなった。

概要編集

話の途中で挟まれる登場人物紹介は、原典である「水滸伝」、本作の原作である「絵巻水滸伝」、並びに本スレ内での描写を列挙して比較する形で行っており、原典や原作未読の読者への配慮がなされている。

また、梁山泊に好漢をスカウトする手段は(現代の我々の視点からすると)人の道から外れたものが少なくない[1]ため、二次創作ではスルーされる傾向にあるが、本作ではそのようなことは行っていない。

主な登場人物編集

  • 宋江(やる夫) - 梁山泊三代目首領。平凡な地方役人だったが……。
  • 呉用(長門有希) - 梁山泊の正軍師。智略に長けるがうっかり者。
  • 公孫勝(ルルーシュ) - 副軍師。法術を駆使する。
  • 李逵(グレーテル) - 宋江に心酔する殺人狂。
  • 林冲(蒼星石) - 元・禁軍棒術師範。高求の策謀で妻を失う。
  • 魯智深(アルクェイド・ブリュンスタッド) - 怪力で酒豪の破戒僧。
  • 楊志(津村斗貴子) - 宋建国期の名将の子孫。プライドが高すぎて周囲とうまく折り合えない。
  • 武松(カズマ) - 虎殺しの異名を持つ豪傑。破壊衝動に苦しみながら流浪する。
  • 花栄(アーチャー) - 宋江の親友で弓の達人。
  • 柴進(真紅) - 宋に禅譲した周国皇帝の末裔。多数の食客を抱え、私兵集団「鶏狗」を持つ。
  • 李俊(アスラン・ザラ) - 江南の闇塩商人。過去の記憶を失っている。のち梁山泊水軍総帥。
  • 扈三娘(御坂美琴) - 双刀使いの美少女剣士。
  • 晁蓋(やらない夫) - 梁山泊二代目首領。義に篤い好漢。
  • 徽宗(泉こなた) - 宋の皇帝。根は善良だが風流にうつつを抜かし国政にはほぼ無関心。
  • 高求[2]麻呂) - 宋を牛耳る「四奸」の一人。元は一介の無頼漢だが、ひょんなことから徽宗の寵愛を得てとんとん拍子に出世する。
  • 童貫(L) - 「四奸」の一人。宦官。枢密使(国軍最高司令官)。
  • 蔡京(足利茶々丸) - 「四奸」の一人。宰相。
  • 白骨猫(水銀燈) - 童貫配下の殺し屋。
  • 王倫(ケロロ軍曹) - 梁山泊初代首領。器の小さい小物。
  • 史文恭(キル夫) - 晁蓋の旧友だったが、彼を仇と憎み執拗につけ狙う。
  • 曽弄(岩本虎眼) - 女真族からの亡命者。曽頭市を根城に故国復帰の期を伺う。童貫と手を結んでいる。

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. そのような手段で勧誘された者(秦明や朱仝等)は本スレでは「梁山泊被害者の会」と呼ばれている
  2. 正しくは人偏に「求」だが、機種依存文字のためこちらを使用している
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。