__,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=≠==x、_
              /´ ̄        ¨                      ̄¨ハ
               |I      戦 国 の 茶 席 に は       I|
               ゞx、_        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
                ` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨¨⌒¨ ̄

  \        ::::::;'';:::::::::::::::::::::::::.{ (|     `ヽ.; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    \       ::::::; ;::;';::::::::::::::::::.ヽ|      ゙T:::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
     ヽ、    :::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::.|       |.::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
/ ̄ ̄ ̄`    :::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'.|        !.::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
        `  、::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;' .|       :::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
           \::',  , ';' ;::::::::::;' .}       {.:::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
    \       \  , ;  ,::::::::;  .′     :..:::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ―-   ヽ          \ ' ,  ,::::::; ./      ..イ.::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  /   \}         \ , ,:::::./           {.:::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '__,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=≠==x、_
  {      {           \ ,:/          :::::::;:::::::::::::::::::::; ' /´ ̄        ¨                      ̄¨ハ
  /      :.               ヽ          { .' ,':::::::::::::::::;'   |I       血 と 妖 気 が 漂 う      I|
. /         、         {  }          .}.,:::::::::::::::::;'    ゞx、_        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
'′        ヽ    {   i  |  {  .、  {  | | }.'::::::::::::::::;'    ,..'; '` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨¨⌒¨ ̄
          '   |   |  }   |  ハ   :.    | ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '
         〃ヽ-:ヘ  }!__ノ゙┬':. :  Λ  :   l: | !;::::; '    , ' '
         {{:. :. :. :. 二:.7}==彡、:_:.   ハ  :. || ;       , '         ,
         {{:. :. /: : : :/}:}!:{:{:{:{: : \ .∧  ! | }/   ., '        ,....;' '
          }\{: : : : :/从从从ハ: : : :} イ;.\}_ノ'′   , '       ,...'::; '
          V: `ー-:. '^ー'¨¨~`´.:-‐ ´:/       ,        ,..':::::; '      , ,......', '
           マ=-:. :. : ̄ ̄ ̄:. :. :. :./              ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::::::'::;:::' , '
           `ー- :. :. :. :. :. :. :., -‐'                  ,....':::::::::::::::::;::::; ' '
              ` =ニニニ='                   ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,



真紅の茶席に奇客が集うようです
作者 ◆TLDPZPDjO6
ジャンル 小説、歴史
原作 東郷隆「洛中の露―金森宗和覚え書」
時代 江戸時代
舞台 日本
投下日 2013年5月20日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2013年6月23日
話数 6話(番外編5話)
主な登場人物 真紅鷲巣巌本多・正純やらない夫
まとめ やる夫短編集 FC2阿修羅編
  

真紅の茶席に奇客が集うようですは、東郷隆の小説「洛中の露―金森宗和覚え書」を原作とした、中編やる夫スレ

作者は◆TLDPZPDjO6。2013年5月20日から同年6月23日にかけて連載された。

概要[編集 | ソースを編集]

大坂夏の陣直前の京都を舞台に、茶人金森宗和が遭遇する事件を描いた作品。宗和の生涯を描く歴史作品ではなく、彼の茶室に訪れた人々と彼らに深く関係する茶道具のエピソードを紹介する連作短編である。原作が伝奇小説であるため、忍者や幻術などファンタジー要素も含む。

また番外編では4話にわたって金森家の所領、飛騨高山の戦いの歴史が描かれる。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

時は慶長十九年、徳川家と豊臣家の間で大坂冬の陣が勃発。飛騨高山藩五万石を有する金森家は徳川方として参陣したが、その陣中で事件が起きていた。当主である金森可重と嫡男である重近が茶の湯を巡って口論となり、重近が追放されたのだ。大徳寺で剃髪し「宗和」の号を授かった重近は、京の烏丸今出川に居を構え茶人として第二の人生を始める。

すなわちこの人物こそ寛永文化を代表する茶人の一人、金森宗和その人である。

第一話 弥助の黒茶碗

慶長二十年四月、京の竹やぶに住むおむく斎と名乗る老人が、かつて織田信長に仕えていたことに興味を持った宗和は、彼を茶室に招く。その席で宗和が出した黒茶碗を見たおむく斎は、昔語りを始める。それは弥助と呼ばれた一人の人間の物語であった。

第二話 讃岐小掾の簾

徳川家と豊臣家の緊張が再び高まる中、宗和は北嵯峨に住む讃岐小掾頼包と名乗る職人にすだれを注文する。しかし頼包の正体は幻術師であり、宗和の従者 源五右衛門はまんまと化かされてしまう。憤る源五右衛門とは対照的に、頼包に興味の増した宗和は彼を茶席に迎える。しかし、彼が宗和に近づいたのにはある恐るべき理由があったのだった。

第三話 足利義政の夕顔

宗和の遣いで洛南の商家へ茶杓「夕顔」を買いに来た越智喜左衛門と源五右衛門。その帰りに2人は喜左衛門の昔なじみの助右衛門が寺男として働く安楽寿院を訪問する。快く喜左衛門たちを迎えた助右衛門だが、夕顔を見て態度を変える。そして寺からの帰り道、2人は覆面の足軽数名に襲撃されるのだった。

第四話 金森重頼の白昼夢

宗和の屋敷を一人の坊主が依頼に訪れた。彼の名は策伝。家祖 金森長近の弟で、宗和の大叔父である。策伝の依頼とは金森家の嫡子 金森重頼に憑りついた「白昼夢」という名の人妖退治だった。

最終話 後藤又兵衛の灰天目

徳川家と豊臣家は本格的に戦闘を開始。大坂方の有力武将 後藤又兵衛が討ち死にする。生前の彼と親交のあった宗和は追悼の意を込めて茶会を企画する。その席でかつて又兵衛が所持していた灰天目茶碗を使おうと現在の持ち主である備前屋の主人を訪ねる宗和だったが、大坂方である又兵衛に通じた備前屋は所司代によって財産没収の憂き目にあっていた。灰天目が失われることを危惧した宗和は備前屋の放免を留守居役の内藤重久に願い出る。重久の提示した交換条件は宗和とも因縁深い、ある人物を捕えることであった。

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

  • 金森宗和(真紅) - 主人公。京の茶人で「宗和流茶道」の初代宗匠。
  • 灰屋甚助(鷲巣巌) - 京の町衆で宗和の後援者。
  • 越智喜左衛門(本多・正純) - 宗和の茶友で牢人。元は増田長盛の祐筆(秘書)。
  • 源五右衛門(やらない夫) - 宗和の従者。元は金森家に仕える忍者。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。