Fandom


                                              ___
                                          ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                  /:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                   -=彡.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
                                 /:.:./:.:.:.:.:/:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                              <_//:.:/:/<V/:.:.:.:.:.:.:./|:ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                //∧:.|/ X/|:.:.:.:.:.∠ニフ1|:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|
                                 /:.:ヽ|'えュ 、|;./´  メ _ レ:.:.:.:.:.|:.:|:.:.;
                                  |/ト:ゝ `¨ ´    Tぇt┬从:.:./'У:/
                                       /:.:|    /    `¨ レく|:/ ル'
                                   /|:.:入   、     l_´(_( ̄フ ̄>、
                                       |/  |\ ` 一'  {くヽ〈)ヽ{_ | r \
                                         |ノ.l` ー  ´  |{У┴‐┴┘ | ̄ 入
                                  _ __r  |     /:::::::::::> ´ ̄\ヽ /   \
                |||\              /   /::∠} // :::::::::::/     ̄>‐∨ 二ニヽ
                |||  \           /  /:::::::レ‐/::::::::::::::::∧   /「:::::::::∨ ― ‘,
                レ≡≡≡≡≡ミ    _/    ノ ̄>::| / ::<  ̄ ̄   \   |:::::::r‐レ  __‘,
                \         \へ/   , ′ く:::::::|〈::::::::: \lニニミl |   |::::://∨ /   ‘,
                     |\ _ _    \ヽ  / {二二[ ト \  ̄       ;| _|::/(  /\  __/‘,
                     | l/// 〉       \} {   / / | |\ >       ...:::::| }    >ゝ( \   _〉
                  ∨ / / /  /)__ \ヽ / /  ;| |         彡   | ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄{三{
                    {   ´ └ ´/ \/ `ヽ }〈_/ / | |   彡  /  |___________,{三{
                  ` - _  )\/_   У       |ノ  /  /  / /                   {三{
                      \     \ / / く         // / /{___________{三{
                        \     r┴  _/      //  / / ´_ ---- 、ヽ___(三三(
                         \ /   /∧ヽ      /    / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;´ヽ\    {三{
              ___           , く   //} | |    /   / / /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;} ‘,,__{三{_
               /         ` ヽ 、 /\`´/::/::::| |       / ./ /;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ∧三三}  }
          /                  ` ヽ(::::::::::|__二二二二二ニレ;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;|三三}_}_
         /                     \三三ミ>、:::::::|:::::::::::::|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;;; |   {三三{
           /       ___             ‘,三ミ{:::::::::┬―┴:::::V;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;/__,{三三{
        /      /      \           ,三ミV:::::/::::::::\}::::::ヽ′;;;;;;;;;;;;;;;;; ´ ,,,,;;;;;;;;;;/   {三三{ ̄
.        /       /            \             }三三ヽ/:::::::::::::::::>:::::` 、;;;;;  ´,,,,,,,;;;;;;;;;/___{三三{
        /      /           \           /三三三\::::::::::::{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ {三三三{___(三(_
     /     /          /       \     /三三三三ミ\::::::{________,{三\三{_  {三三{
.     /     /        /        / \ー ´三三三三三三三>{                {三\>三{ _ {三三{
    /     /        /      /三三`ヽ、三三三三三三三/::{________{ 三三三 {_(三三(

神原駿河
原作・出典元 〈物語〉シリーズ
性別
一人称
性格 変態、プラス思考
特徴 左腕に包帯を巻いている
口調 さわやか
  

神原駿河(かんばる するが)は、西尾維新のライトノベル「〈物語〉シリーズ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「神原駿河」も参照のこと

概要編集

私立直江津高校2年生。「〈物語〉シリーズ」のサブヒロインの一人。「猿」の怪異に憑かれていた。

弱小だった直江津高校バスケットボール部を全国クラスにまで押し上げた名プレーヤーで、噂話などに疎い阿良々木暦ですら知っていた学園のスター。その運動能力はすさまじく、自分よりも背が高い阿良々木の頭上を軽々と飛び越せるほど。

しかしその実態は重度の変態にして同性愛者。さらに腐女子、マゾ、ロリコン、露出狂でもある。おまけにアスリートとは思えないほどに私生活がだらしなく、彼女のもとを訪ねた阿良々木が思わず掃除をさせてくれと頼むほどの汚部屋に暮らしている。ただしこのようなスターのイメージぶちこわしの側面は一部の人間にしか見せないため知る者は少ない。

中学時代は陸上部のスターだった戦場ヶ原ひたぎと共に「ヴァルハラコンビ」と呼ばれており、そのときから戦場ヶ原に恋慕していた。戦場ヶ原を追って入学した直江津高校では阿良々木よりも早く彼女の異変に気付き助けようとしたが、拒絶されてしまう。このときは自分を納得させることができたが、後に阿良々木が戦場ヶ原を助けて恋人になったことを知って激しい嫉妬を覚え、怪異レイニー・デヴィルに阿良々木の殺害を願った[1]。これにより左腕に怪異が憑き、猿の腕のようになってしまったために包帯を巻いて隠している[2]

戦場ヶ原との和解後は、恋敵であることは変わらないものの阿良々木に懐くようになった[3]。阿良々木も彼女の変態な言動に振り回されつつも、可愛く思っている。

出自は両親が駆け落ちして生まれた子供。幼少時に両親を失い、父方の祖父母の神原家に引き取られて育った。母方の姓は「臥煙」で、詳細不明だが怪異と関わりのある血筋らしい。

やる夫スレにおいて編集

原作通りにぶっ飛んだ言動をする女性として登場することが多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 神原自身は『戦場ヶ原のそばにいたい』と願ったつもりだったが、怪異が彼女の無意識の願いを叶えようとした。また怪異を祓うために阿良々木と戦った際には彼女自身の意思で殺そうとしている。
  2. この腕のせいでバスケットボール部の早期引退を余儀なくされた。周囲には怪我をしたと説明している。
  3. 事情があったとはいえ、デートや阿良々木の部屋訪問を戦場ヶ原より早く果たすことになってしまい阿良々木を悩ませた。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。