やる夫 Wiki
Advertisement
       |  /              ノ}        /
       |/              ̄ /\     \/
       |                        〉
       } ---┬ ァ'⌒ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   、  ∨
       i::::::::::::{ / __≧x │ |     >x {
.        /⌒V ≪ ̄  f}j\ミト} ノ j xf斗≦^}7
.      { i⌒ヽ    `  __/   ィf´ fj ̄\ /
        | |/^{       ̄       | \__,ノ/⌒!
       ∨ ({ }            n_ノ    ̄ /⌒リ
        \\  ` ̄} ̄l ̄l ̄l ̄`ヽ     ハ} j/
         ー|  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ` く У ///
.           |∧   V⌒ヽ._______j/ /ー'
.           |  iヽ  ∨|  {      /  ′
.          |  | ‘, Vー‐ーー-∧/ /
.         |  |   ,  \____   / ィ
        __|  |   ‘,     ̄//
      _| ̄ ̄\    ー‐---く /\
  ___/ / |     \   / / __{__)、_
   /  / `      |  / ̄ ̄   / |  }
.  /  /     \_|  /       __|  |\__
  /┌┴─   ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄     }   \   \
.   | (___)         \__              \
秋山醤
原作・出典元 鉄鍋のジャン!
性別
愛称・呼び名 ジャン
一人称
性格 傲岸不遜
特徴 三白眼
  

秋山醤(あきやま ジャン)は、西条真二の漫画「鉄鍋のジャン!」の登場人物。

概要

主人公。初登場時16歳。中国人とのクォーター[1]。中華料理店「五番町飯店」を訪れ、そこで働くことになった中華料理人。祖父・両親共に既に亡く、続編「R」では祖母も亡くなり天涯孤独となった。

かつて「中華の覇王」と呼ばれた凄腕料理人・秋山階一郎の孫。幼い頃から祖父によって虐待レベルの料理英才教育を受けて育ち、その腕に強い自負を持っている。性格は傲慢で、口を開けば過激で棘のある言葉ばかり吐くため、周囲の心証は最悪。「料理は勝負」という信念を持ち、勝つためならあらゆる努力を惜しまず、時には卑劣な手段も辞さない[2] ばかりか、審査員に幻覚作用のあるキノコを食わせることまでした。審査員や観客を常に敵に回しているようなものだが、それでも勝ってしまう程の凄腕。料理評論家の大谷日堂からは目の敵にされている。

こうした料理漫画の主人公としては異色の悪党振りの一方で、自分に敵意を持たず接する小此木タカオのような人間には比較的面倒見のいい所を見せるなど、料理(勝負)が絡まない所では意外とまとも。また、勝負のために文字通り命を懸けるような真似も行うため、五番町霧子など一部料理人からは(対立しつつも)一目置かれている。

主な作品

脚注

  1. 祖母は中国の元馬賊・桃明輝。
  2. あくまで「料理で」勝つことを目的にしているため、闇討ちなど相手が勝負自体をできなくなるような手段は取らないが、作った料理が台無しになるようなことくらいは平気でやる。

外部リンク

Advertisement