Fandom


        《        _,.._,ィ'゙ ト-、_
    <、   ヾ    ,.ィ':"、~ 龍 `'ー`ヽ、
  ,,  `ヽ,      /:::::::::/ィヘ r'ヾ,"::::::::::::\
   L _       /::::::;;,ィ'"  ∨  ヽ,:::::::::::::::ヽ
    ´     i,ィ'"゙ /  ハ/:l l  ヾヽ::::::::::::゙',
         / ,  /  //ヾ'゙! /    ヽ;:::::::::::゙:,
        // i   l -‐ミ  //--、i  i  ',:::::::::::゙,
        レi  l  :l  ,ム!  /,!/  /` /  i:::::::::::ヽ,
          l 」,  !; / i:゙l   レ'r'7ミz、/i   l:::::::::::::::l
    , -‐ 、   V ヾ7゙::l゙、l::゙!   l l::じ::)//  .ム::::::::::::::i
  /    ヽ.    l:; :l `'゙:::   `ー-イi<_ / ノ、:::::::;ノ
 (     <    l::;ゞ--ュ、       f゙ l/`/イ  i ̄
  ヽ _ェ、,ιノ  rfi" ´    ヽ   , ィ゙V゙ ,イ   i
     / ム  / `ヽ     .if'' "] ,イ_, イl    ゙',
     `ー") i          /'"f'"イ゙) , ィ'゙l    ヽ
          l       ノ:}‐イ-f,ィニ---l     `ヽ、
         ヽ、_   , ィ'::; イムィ"     ',       `
         _」::: ̄ィイ::::l /./         ',  ヽ  \
       ,/:::〉イ"/::/::( r i        '、      ヽ
     ,ィ/゙:::/, ィク::::i::\ii ,h         ヽ,    \
    /! /://イ/::/::';::::::{:、::ヽ,           ヽ ,   `
     l i " .// /::ム;;;ィヾ'  ヾ゙.{            ', i
     i ',  ∥  レ'゙   l   ノ゙       fヾー 、'i; i', i
    Vヽ,i/ n:::::::::::::::::'、  <       i  `ヽf)rl i
     ヾ `゙:::::U:::::::::::::::::::ヾ  '`ヽ      ヽ   ヲ~ヾl il
紅美鈴
原作・出典元 東方Projectシリーズ
性別
一人称
性格 真面目、苦労人、穏やか
特徴 「龍」の字が書かれた帽子
口調 敬語
備考 種族:妖怪
  

紅美鈴(ホン メイリン、Hong Meirin)は、同人ゲーム「東方Projectシリーズ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「紅美鈴」も参照のこと

概要編集

初登場は「東方紅魔郷」3面ボス。東方文花帖、東方非想天則、東方萃夢想にも登場。吸血鬼レミリア・スカーレットが住む「紅魔館」の門番。館の花畑の管理も兼務している。二つ名は「華人小娘」ほか。

「妖怪」だが、具体的な種族は不明。「普通の人」を自称し、基本的に性格は穏やかで常識人。武術の達人らしく、門番の仕事の合間に踊りのような練習をしている姿を目撃されている。たまに居眠りをしているらしいが。人間に対して友好的なようだが、人を喰うタイプの妖怪であることを匂わせるような台詞を言うシーンがある[1]

能力は「気を使う程度の能力」。この気とは、武術の「気」であり、オーラとかそういうものなのだが、なんだかんだで気配りの人なので、そういった意味でも「気を使う」能力とされることも。

門番になった経緯は不明だが、レミリアとの関係は悪くないようで、漫画の貸し借りをしている。同僚の十六夜咲夜に対しても敬語だが、上司と部下の関係にあるのかは不明。

名前から分かる通り、中国出身のようで、中国を「祖国」と呼ぶ。

二次創作において編集

一癖も二癖もある紅魔館の中では常識のある方なので、苦労人ポジションである場合が多い。

かつての二次創作ネタの定番が、「本名不詳」・ニックネーム「中国」。これは原作者のZUN氏が、美鈴の名前を度忘れしていた[2]のが元ネタ。これに派生して、他人から名前を知られず、身内である紅魔館の面々からも本名ではなく「中国」と呼ばれるネタが流行った時期もあった[3]。無能という設定の場合がある一方、料理洗濯何でもござれな万能キャラになることもある。

門番という職業と、人当たりの良い性格から、異様なほど交友範囲が広い場合がある。

種族については、ファンの間でも結論は出ず、ほぼ二次創作者の自由な状態になっている。元人間だったり龍の末裔だったりと安定しない[4]

また、原作はシューティングゲームなのに、美鈴だけ[5]が格闘ゲームのような基本性能であることから、ファンからは「出演作を間違えた」とよく言われる。

基本的に、敬語で話すように描かれる。しかし、原作では紅魔館の面々などには敬語で話しているが、他の者に対しては敬語で話す場合とタメ口で話す場合が半々である。博麗霊夢霧雨魔理沙などに対しては、タメ口、呼び捨てで話しかけている。

やる夫スレにおいて編集

紅魔館勢のレミリアや咲夜が登場する作品で、脇役として登場することがある。ヒロイン役も数は少ないが存在する。原作での設定を反映し、武闘家やそれに類するような役で登場することが多い。また高確率で巨乳キャラである。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「紅美鈴」を検索

脚注編集

  1. 東方Projectでは、人喰い妖怪が同時に人間に友好的なのは別におかしなことではない。
  2. 前後の会話から、氏がユーザーの振ったネタに乗っかっただけかと思われる。
  3. この場合、元の苦労人ポジションに加え、一人だけ仲間外れにされたり無能呼ばわりされたりと、扱いが悪い二次創作もあった。というか一時期は「中国を虐めなければ東方とは呼べない!」とでも言わんかのごとく、酷い扱いの同人誌が乱発されていた事すらあった。そういうネタが嫌われたのか飽きられたのか、現在はそういったものが同人ショップではまず見つからないほどに下火。
  4. 因みに彼女の帽子に付いている星型の装飾品は龍の気が込められているらしい。
  5. 剣術主体の魂魄妖夢を含める場合もある。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。