美味しんぼ(おいしんぼ)は、1983年からビッグコミックスピリッツで連載していた、原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによる漫画。

ウィキペディアの項目「美味しんぼ」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

東西新聞は創立100周年記念事業として「究極のメニュー」を作成することになった。その担当に選ばれたのはグータラ社員として有名な山岡士郎と、新人の栗田ゆう子であった。後に、ライバル紙の帝都新聞が「至高のメニュー」を作成することを発表する。その担当は山岡の実の父である、海原雄山であった[1]

1983年から連載されている長寿作品であり、47巻で山岡と栗田が結婚して子供が3人も生まれているなど、初期の頃には考えられないくらい設定が変化している。高圧的で嫌味な男であった海原も、孫ができて性格も柔らかくなり、102巻においてついに山岡と和解した。

アニメ化、ドラマ化、映画化、ゲーム化など様々なメディア展開もされた日本を代表するグルメ漫画の一つ。

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

山岡士郎と栗田ゆう子の結婚後の設定が使われることは少なく、初期の頃の設定で使われることが多い。

山岡達の新聞記者としての職業設定を利用し、マスコミ関係者として登場することが多く、海原雄山はその貫禄から解説キャラや父親としての役どころが多い。

登場人物[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. あることから絶縁しており、山岡の苗字は母方のものである。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。