Fandom


                 l     `ヽ ̄ ̄`ヽ、
            ,   ´ |             `ヽ
          _,/     、                  \
       / ̄        ',                    \
      / ,       } l  ヽ      - 、        `ヽ、
    / ,イ        ハ 、   \         \         `丶、
.   / / {       l-/--`\、  `ヽ、_     \           `丶、
   , / l  ,     |. {,.. -―`-\  ヽ  ̄`ヽ 、_  \               、
   { イ  ! ト, ヽ.     |リ´マr、_心 } ヽ,从    ト、\  \              \
   |ハ  、| ヽ \   ト、 弋z(ソ   j l/}     ! } ハ、 \\ ̄ `丶、          `ヽ
     } ヽ 从 ,ィ、`ヽ| \      /      { ./ /  \ ', リ     `丶、         \
     |  \ {〈マ心 i         /イ     l |〃´    `}         `丶、
     /   `ヽ `¨           l {     | 、                    ヽ
.   /ィ  /   、 `       ,     ヽ、    !、`\                    \
.     |  |.    ハ、    ー ´     ,.ヽ /イ ,                        、
    ヽ !`ヽ、   `  、      /  /   ,
     `\ / /     `l ー ´、       ,___
        {  i       リ     、       〉/::::::::::: ̄ ̄/7-、
         ヽ ヽ ̄`ヽ /      },       /::::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.,
            ヾj  /イ      /〉    ,.:'::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:_:.
                   /::/   /:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:}
                  /:::::/ ̄´/:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
美国織莉子
原作・出典元 魔法少女おりこ☆マギカ
性別
愛称・呼び名 織莉子
一人称
性格 優しい 上品 独善的
特徴 巨乳 銀髪サイドポニー 白
口調 丁寧語
備考 親友:呉キリカ
  

美国織莉子(みくに おりこ)は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝コミック・「魔法少女おりこ☆マギカ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「美国織莉子」も参照のこと

概要編集

中学三年生の少女。キュゥべえと契約して魔法少女となるが、その力で魔法少女狩りを開始し、魔法少女の命を狙うようになる。魔法少女としてのカラーは「白」。

その目的は原作アニメの主人公・鹿目まどかを殺害すること。願い事により未来予知の能力を獲得し、将来まどかが最強の魔女となることを知った織莉子は、人々をその脅威から守るべく、先んじてまどかを抹殺しようとしたのである[1]暁美ほむららの奮闘によって、彼女の狙いは阻止されたかに見えたが、最終的にはその執念によって、まどかの殺害に成功している。

魔法少女としての武器は宝石。ソウルジェムのような球体状の宝石を複数生成し、さながらファンネルのようにして操作しぶつけるという、オールレンジ攻撃武器である。更に固有の能力として「私が生きる意味を知りたい」という願いのもとに「未来予知」の能力を獲得している。[2]

政治家の娘として生まれたが、父の汚職の発覚と自殺をきっかけに、自分のアイデンティティを見失っていた[3]。親友の呉キリカがいなければ、自分はとっくに壊れていただろうと語る。

何もかもが対立しているほむらとは、正反対のライバルとして描かれている。正義の魔法少女である。まどか1人を殺すためだけに何十人もの犠牲を出しているが、それによって世界を救ってもいるため、賛否両論が激しい。

やる夫スレにおいて編集

お嬢様キャラや魔法使い系キャラとして使われる。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「美国織莉子」を検索

脚注編集

  1. 魔法少女狩りを始めたのは、そちらにキュゥべえの意識を向けさせ、自分達が暗躍しやすいようにするため。
  2. この能力は常時発動型のようで、「自ら相手の未来を読もうとする」「自動的に未来が見えてくる」の2つのケースが描写されている。1つの目的を達成するために、様々な可能性を見ることができる能力だが、それを実行できるのは、現実のただ一度きり。さらに予知中は常時魔力を消費し続けているため、直接的な戦闘に割ける魔力量は少ない。
  3. この事が彼女の願いと未来予知の能力につながっている。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。