Fandom


  ┏───────────────
  │この国には有名な昔話がある     :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
  │ある鍛冶師の話だ         ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,
  ┗───────────── ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,
  :::::::   :::,,,;;;'''''' '''''''';;;;;;,,,, /´;;;;;\\;;;\   ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';
  ::::::::::::  '''''''''      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ     ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''
  :::::::::::::::         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ   ::::::::             ::::::::
  ''''';;;;;;;,,,,,,,       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ :::::::           :::::::::
  ::::::::::'''''''''''';;;;;;;,,,,,,, :{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉::  ,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
  ::::::::::::::,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/::::: ;;;,,     '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''::::::::::::
  ::::::::::::::,,,;;;;'''    '';;;λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У::::::: '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,:
  ,,,,;;;;;;'''''''        イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ ,,,,,;;;;;''''        ';    ''''';;;;;,,,
  ::::::::::::::::::       /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ              ::::::'     ''';
  ::::::::::::::::::''';;;,,,,,    /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\    ::::::::::::::::::::::::::::::::,,,:::::::::::::
          ''';;, ,,/;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;\'';;;,,,     ,,,,,;;;;'''''':::::::::::::::
  '';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;'''''/;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
         ::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\'';;,,    ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
     :::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┏─────────────────────────
  ::::::::::,;,,    L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:│彼は名工と謳われるほどの鍛冶師だった
  ,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;/  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ│しかし彼が有名なのは、その技術よるものではなかった──
                             ┗─────────────────────────
翠星夫は鍛冶師
作者 ◆KILL.ZooP6
ジャンル ファンタジー
原作 オリジナル
投下日 2010年2月17日
投下板 翠星夫板
状態 完結
最終投下日 2010年9月9日
話数 全7話
主な登場人物 翠星夫シグナム
  

翠星夫は鍛冶師は、オリジナルファンタジー系中編やる夫スレ

作者は◆KILL.ZooP6。2010年2月17日から9月9日にかけて連載された。

あらすじ編集

ゴヴニュの町に引っ越してきた鍛冶師翠星夫は町に到着早々、不審者として騎士シグナムから職質を受ける羽目になる。何とか誤解は解け、前の鍛冶師が仕事場兼住居にしていたという新居に案内してもらったのだが、そこには前居者の家具が多く残っていた。疑問に思う翠星夫に、シグナムはしばらく逡巡したのち、口を開いた。前の鍛冶師はこの家の前で惨殺され、そして今もその殺人犯は捕まっていないと――。

概要編集

ミステリアスなファンタジー作品。飄々とした性格に見えて鍛冶師として正しい答えを見つけられずに迷う翠星夫、生い立ちゆえに人との接し方に一線を引いてしまうシグナムの成長を描く一方で、町では不穏な事件が続発し、謎が謎を呼ぶスピーディな展開が繰り広げられていく。

主な登場人物編集

  • 人斬りキル夫 - 昔の有名な鍛冶師。剣の試し斬りのために夜な夜な辻斬りを行い、国中を恐怖に陥れた。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。