Fandom


(主な作品)
46行: 46行:
 
==主な作品==
 
==主な作品==
 
*[[斜めに構える素敵なやる夫]]:[http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-58.html] - やる夫界に彗星のごとく現れた'''シュールの申し子'''。あの[[懐中コオロギ]]をして「才能の塊」と評せしめた。この作品以降作者は「能登の人」として有名となり、能登自体も様々なスレで使われるようになる。
 
*[[斜めに構える素敵なやる夫]]:[http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-58.html] - やる夫界に彗星のごとく現れた'''シュールの申し子'''。あの[[懐中コオロギ]]をして「才能の塊」と評せしめた。この作品以降作者は「能登の人」として有名となり、能登自体も様々なスレで使われるようになる。
*[[やる夫はDQ3の世界で生きていくようです]]異界の勇者の一人。
+
*[[やる夫はDQ3の世界で生きていくようです]] - 異界の勇者の一人。
 
<!--
 
<!--
 
==脚注==
 
==脚注==
54行: 54行:
 
*[[]]
 
*[[]]
 
<!--関連項目も同様に、ない場合も削除せずにコメントアウトしてください。-->
 
<!--関連項目も同様に、ない場合も削除せずにコメントアウトしてください。-->
  +
 
==外部リンク==
 
==外部リンク==
 
*[[やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ]]([[やる夫まとめ隊]]):[http://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-3659.html 第495回 ガチャピン  能登麻美子  リュウト(ガチャッポイド)]
 
*[[やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ]]([[やる夫まとめ隊]]):[http://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-3659.html 第495回 ガチャピン  能登麻美子  リュウト(ガチャッポイド)]

2012年11月21日 (水) 09:10時点における版

          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ    ,,,
         /  ( ●)(●) |  /⌒_)  能登麻美子のマンションに突撃~
           |    (__人__) } ノ  ノ
     __. }、.    ` ⌒´ 、`   /
   (⌒               |_,,,ノ
    ""''''''ヽ_         |
         |           |
         |         |
         i      ̄\ ./
         \_     |/
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''



          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ
         /   ( ●)(●) |
         |    (__人__) }   うーっす
        /、.    ` ⌒´  ヽ
       /            |
         |           | /
        ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |
         |  ├──┤ |
能登麻美子
原作・出典元 オリジナル
性別
愛称・呼び名 能登
口調 能登麻美子のマンションに突撃~
うーっす
備考 派生元:やる夫 ガチャピン
  

能登麻美子(のと まみこ)は、やる夫を元にした2ちゃんねるオリジナルキャラクター。

概要

声優・能登麻美子のAA…ではなく、2006年の「だからニュー速でやるお!」のガイドラインに突如として現れたやる夫の派生キャラクター。その姿はガチャピンとやる夫を合わせたような異様な出で立ちで、「能登麻美子のマンションに突撃~」と意味不明な発言を繰り返す。便宜上「能登麻美子」と呼ばれているが、もちろん現実の能登麻美子はこんなモンスターではない。能登かわいいよ能登。

能登麻美子のストーカーなのだろうか。ともかく、突発的に作られたのでたいしたキャラ付けもされていない意味不明なへんちくりんなキャラである。ガチャピンの蛇腹の有無で2バージョンのAAがあるのだが、どちらも能登であり、明確に外見が異なるが特に区別されているわけでもないようだ。

やる夫スレでも知る人ぞ知るキャラ扱いであったが、怪作「斜めに構える素敵なやる夫」によってその知名度を一気に上げる。

主な作品

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。