Fandom


                  /          \
                 厶-─   、         ´ ̄\
                /       `Y _       |
                  |       /}ミV/rム       |
                  /       /  ̄ ̄ ̄|        ヽ
              / /  l   }! |   「T7| │ i   L
               }ヘ |  |i ,ハl_ C'┘_|/|/!  }   「`
                  ヽト、_|∨二≧_, ̄V、∠厶ィ  /|/
                {{ヘ {   `´ ├‐┤ `´ │|//
                  `ー|ヽ.__/  ヽ.__/ rく
                     ヽ       、 ,      / 〉
                  / ̄ ヽ   、.. -‐ '  イ| ̄ ̄\
              rく       l 、   ̄  / |j     }
              | \_   | i` --- '´/  | _,. -‐' 7
                r─〉     ̄ ̄ ̄`ー─┴一"     /─-、
          /  {ヽ                    イ    \
薬師カブト
原作・出典元 NARUTO -ナルト-
性別
一人称 ボク
性格 計算高い 冷徹 表向きは柔和
特徴 眼鏡 後ろに束ねた銀髪
口調 丁寧 皮肉的
備考 医療忍者
関連:大蛇丸
  

薬師カブト(やくし かぶと)は、漫画「NARUTO -ナルト-」の登場人物。

概要編集

もとは戦災孤児。長年スパイとして生きてきたため、偽りの経歴を多く持つ。大蛇丸の側近で、音隠れの里の医療忍者。20歳。

初登場は中忍試験編で、この時は木ノ葉隠れの下忍として試験を受けるかたわら、大蛇丸の指示の元で木ノ葉崩しのため暗躍していた。ナルト達の前では面倒見よく振舞っていたが、後に本性を現す。この頃の強さは大蛇丸いわく「はたけカカシと同程度」[1]

情報戦でも戦闘でも非常に頭の回転が速い。大蛇丸を心から敬服している。

戦闘では、医療忍術の経験を活かし、手先にチャクラを集中させてメスとして用いる。また人並み外れた回復力を持つ[2]。本人いわく、体術は不得手。幻術は高レベル。

大蛇丸がサスケに殺された後は、彼の細胞を取り込む事で、容姿が蛇じみたものに変貌した。戦争編では「口寄せ・穢土転生」や仙術を体得し、当該時点での最強キャラとなった[3]。ただ、終盤の姿のAAは皆無である。

主な作品編集

脚注編集

  1. もちろんこの発言をしている大蛇丸の方がずっと格上。
  2. ナルトの螺旋丸をくらった最初の相手である。その上でなお痛み分けで、ナルトを戦闘不能に追い込んでいる。この回復力はうずまき一族(香燐)の特性を解明して自身に適用したもの。
  3. 死亡した暁メンバー、人柱力、歴代五影、霧隠れの忍刀七人衆、その他名だたる手練れ達を兵として使役した。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。