Fandom


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > 言峰綺礼
                       ___
                 __/ ̄`´:.:.:.:.:.i___
                   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.: i
                  ノ:.:.:.:.:.:.:.// /::/::/:ハヘ:.八
                 .:´:.:.:.:.:.:.:.イ:.:/:へ/::/:/"`V .:.:`ヽ
               /:.:.:.:.:.//!/i:.从ィ芝ト㍉   Ⅵ:.:.:.リ
                リ:.:.:. /イ⌒レ' ハリ┴┴  xイハハノ
            ヽ:.:.:〈て( ヾ:        ヾソノリ
             八:.:!ヽつ   :. 、_   イ
          -=彡:.:.イj:.:ハ:        ` ー/
              イノ:.:.:イ八:.:.ヘ 、    `"/i
           イ:.イ:.:.:.i:.:.:.: ミ彡 ` ー - 〈:::ト、
           从リ:.:ハ!:.:.:ヽ\ー―v「 ̄`ヾミ
            Ⅵ ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:i:i|:i:__rヘミ=ー
             __ ...r┘、 :::::──L:i:i:i|:i:_::|:::|、
     . . ..:.:.:.::::::::::::::::::::::\:::::::: |::::|:i:i:i:i:i:i:i:::i:::`:::.....、__
    . . ..:.:.:.:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|::::|:i:i:i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::::\
      . . ..:.:.:.:::::::::/::::::::::::::::::::::::::i::::iヽ:i:i:i:i:i:i ハ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . . .:.:.:.:::/:::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:\i:/:i: ヘ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . .:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:i:i:i「i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::.:.:.:....
言峰綺礼
原作・出典元 Fate/stay night
性別
愛称・呼び名 マーボー神父
一人称
性格 サディスト
特徴 神父
口調 紳士的
備考 師匠:遠坂時臣
妹弟子:遠坂凛
娘:カレン・オルテンシア
  

言峰 綺礼(ことみね きれい)は、TYPE-MOONのアダルトゲーム「Fate/stay night」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「言峰綺礼」も参照のこと

概要編集

物語の舞台である冬木市にある「冬木教会」の主である神父。長身で筋肉質。

第五次聖杯戦争の監督役である人物。聖堂教会に所属していながら魔術も学んでおり、その際遠坂凛の父・時臣に師事していたことから時臣の死後は凛の後見人も務めている。監督役として、サーヴァントを失ったマスターを保護する役目を務める。

神父としては非の打ち所がない。だが性格はサディストで、一々人の心をえぐるような言葉を選んで話すが嘘はつかない(大事なことを言わないだけ)。信仰は歪んではいるものの、非常に強い。表向きの完璧さを評価され、冬木教会で結婚式を行いたいというカップルが後を絶たないという。原作者曰く、悪党ではないが悪人。

趣味は鍛錬。心霊医術の達人。また退魔術に長け、黒鍵(代行者の投剣)と洗礼詠唱により悪霊・不死者には滅法強い。さらに八極拳による接近格闘も可能。父璃正を真似たものだが実戦で鍛えられており、マジ狩る殺人拳法とまで呼ばれる。これらの技能を活かして聖堂教会の代行者(異端審問官)として活動していた経歴があり、Fate時代は加齢などにより衰えがあるとされるが、全盛期&捨て身の全力を出した戦闘力はシエルに匹敵するという。

凛には嫌われている。幼い頃から苦手な人物である上に、父の死後後見人として愚直かつ非常に大雑把に資産管理を行ったせいで実入りのいい土地が殆ど人手に渡ってしまい、金銭に困るようになった原因でもあるため[1]凛にはまた拳法術も教えている。

好物は「紅洲宴歳館・泰山」の激辛麻婆豆腐。このことから通称「マーボー神父」と呼ばれることが多い。転じて外伝作品のギャグパートなどではキッチリ激辛そのもの好きのキャラ付けがされており、二次創作のみならず公式ゲームやアニメなどでも好んで用いられるネタとなっている。

10年前の第四次聖杯戦争(Zero)にもマスターとして参戦していた。サーヴァントを失い敗退したものの、監督役に保護されたことで生還を果たし、戦争終結時に発生した冬木大災害の多くの孤児を冬木教会に引き取った。当時は後年のような悟りを開いた性格とは異なり、何をやっても満たされない自分自身に虚しさを抱えていた。身を省みない生き方をしていた衛宮切嗣が自分には持ち得ない「答え」を得たと推察し、切嗣に執拗に接触を試みる。そして最終的にお互いが相容れない価値観の持ち主であると判断して、激戦を繰り広げた[2][3][4]。第四次で参戦マスターとしてセイバーと敵対したことで、監督役となった第五次でも彼女に警戒視されている。

Fate/EXTRA、続編のCCCにおいても月の聖杯戦争の運営に関わるNPCとして登場する。物語に積極的に関わらないが、相変わらずの言峰節を見せてくれる。もっとも、本人を知る人からすれば「本物はこんなものではない」らしいが……。

やる夫スレにおいて編集

神父等の聖職者役として登場することがほとんどだが、善人か悪人かはまちまちである。作品によってstay nightかZeroかでAAが使い分けられている。

主な作品編集

脚注編集

  1. 遠坂の魔術は宝石を使うために資金が大量に必要とする。これは悪意があった訳ではなく、これまでの半生で資産運用の知識や経験を得る機会が全くなかったためと、清貧を尊ぶ聖職者としての価値観がテナントの売却と言う判断に至った理由とされている。
  2. 綺礼の設定や描写は、初出のstay night(第五次)と後から書かれたZero(第四次)では矛盾がある。この辺りは執筆者の違いからあえて諸設定がいじられておりいる。
  3. stay nightでは、38歳・身長193cmと設定され、逆算すると第四次当時は28歳だったことになる。実際のZero(第四次)では24歳・身長185cmと再設定されている。なお第四次の切嗣は29歳である。
  4. また内面の独白部分の矛盾は、本性を押し込めていた若い頃は記憶を捻じ曲げており、後年になって悟りを開いた後に振り返った原作の独白という具合に後付けで解釈されている。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。