Fandom


         ____
       /     \
      / \   / \    なんだお?急に「彼女は世間を知らなさすぎる、
    /  (●)i!i!(●)  \   2週間の交渉、無知なAVデビュー」
    |  u , (__人__)    |   が光りだしたお!
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|
     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|   それだけじゃない………「ヤマトナデシコシコ」、「純生、一発乱れ咲き」
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|   「この人の詳細わかりますか? ○○市在住の清楚でおとなしい専業主婦
.    |  |ェェェ|   }   と巨乳人妻がなぜ連続アクメすることになったのか?」
.    ヽu      }    やる夫の周りにあるエログッズたちが一斉に光りだした!
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、
逆転教育実習生やる夫
作者 ◆zEHfiWBw12
ジャンル 男女美醜逆転モノ
原作 オリジナル
投下日 2016年9月29日
状態 完結
最終投下日 2016年10月25日
話数 15+α話
  

逆転教育実習生やる夫は、オリジナルの長編やる夫スレ。二部構成で後半はタイトルを逆転教員実習生やる夫の日常としている。

作者は◆zEHfiWBw12。2016年9月29日から同年10月25日にかけて連載された。

概要編集

彼女いない歴=年齢の大学生やる夫は翌日に教育実習を控えていた。講義が終わり帰ろうかとしていた所、友人のやらない夫に話かけられ、流れでやる夫所有の秘蔵エログッズ観賞会を開くこととなった。

コレクションを床にばらまき二人で今日の一品を吟味していた所、突如としてエログッズ達から光が溢れ、気が付くと次の日の朝になっていた。

遅刻寸前の時間なのを知った彼はひとまず疑問を隅に追いやり教育実習の先である学校へと向かった。

光があふれ出た瞬間、やる夫のいた元の世界と美醜の感覚が逆転した場所に飛ばされたことには、一切気付くことはなかった。

登場人物編集

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。