Fandom


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
    ┏─────────────────────────┓..    □            |_______
    │   ダニール、お前は、このタピストリーのことだけを考えろ.  |              | ̄|
    ┗─────────────────────────┛            ̄
______|              ┏─┓        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                      │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
                     ┏───────────────────────┓   |
          □      | ̄ ̄...│  一本の糸が消えたくらいで動揺しちゃダメだお.     │..  |
                  |.    ┗───────────────────────┛ _|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |..┏──────────────┓.    _|__|
             └┘                ロ    │  他にもたくさんの糸がある .   |....   |_|
    |\         | ̄ ̄|               ┗──────────────┛
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □゙┏──────────────────────┓
 ロ        □.             │  それぞれ貴重で、立派な役割を果たし――     │
                 ロ    ┗──────────────────────┛
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ
銀河帝国興亡史
作者 ◆NC1vVUvj.k
ジャンル SF 小説 推理・探偵
原作 アイザック・アシモフ
投下日 2010年2月23日
投下板 やる夫板II
状態 エター
最終投下日 2012年5月2日
主な登場人物 ヤン・ウェンリーやる夫やらない夫翠星石ドラえもんダディクール
  

銀河帝国興亡史 ~やらない夫と二人の友人~は、アイザック・アシモフのSF小説「ファウンデーションシリーズ」と「ロボットシリーズ」を原作とした長編やる夫スレ

作者は◆NC1vVUvj.k。2010年2月23日から連載されていたが、2012年5月2日以降作者の書き込みが途絶え、エター作品となった。

あらすじ編集

第一部 ファウンデーション編集

数学者ハリ・セルダン(ヤン・ウェンリー)は、膨大な人間集団の行動を気体の運動に見立てて予測する「心理歴史学」を生み出し、その結果、一万二千年続いてきた銀河帝国が近いうちに崩壊することを予測する。セルダンは、帝国崩壊後に3万年続くであろう暗黒時代をあらゆる知識を保存しておくことで千年に短縮する事を目論み、知識の集大成となる銀河百科事典編纂者の集団「ファウンデーション」を作り上げる。

第二部 ロボットと帝国編集

セルダンが誕生する1万8千年前、80億を越える人々がドームの中で暮らす地球は、宇宙に植民を果たした地球人達の子孫・スペーサーの支配下にあった。

鋼鉄都市
地球のドーム内でスペーサーの科学者が殺害されてしまう。結果如何によっては地球の命運をも左右しかねない、失敗の許されない事件の解決を命じられたニューヨーク市警の刑事イライジャ・ベイリ(やる夫)は、スペーサーから補佐として預けられた人型ロボット、R・ダニール・オリヴォー(やらない夫)と共に事件の捜査に乗り出す。
はだかの太陽
他人同士の接触が禁忌とされている惑星ソラリアで初めて起こった殺人事件の捜査を命じられたイライジャは、それと同時にスペーサーの実態調査を命じられる。彼の執拗な捜査は、やがてソラリアが抱える大きな欠陥を浮き彫りにしていく。
夜明けのロボット
2年後、惑星オーロラにてダニールの製作者であるファストルフ博士にロボット殺害の容疑がかかる。親地球派の代表である博士の危機を救うため、イライジャとダニールは再びコンビを組む。
ロボットと帝国
イライジャの活躍から2世紀近くが経ったある日、惑星ソラリアの全住民が突然姿を消すという奇妙な事件が発生する。ソラリア人最後の生き残りであるグレディア(翠星石)は、かつての恩に報いるため、彼の子孫であるD・G・ベイリ率いるソラリア調査隊に同行する事となる。
その頃、惑星オーロラでは地球人類の宇宙進出を快く思わない科学者達による恐るべき計画が進められていた。彼らの陰謀により地球滅亡の時が迫る中、ダニールはやる夫の最後の言葉を思い出す。

第三部 心理歴史学編集

概要編集

SF小説の大家、アイザック・アシモフの代表作である「ファウンデーションシリーズ」と「ロボットシリーズ」を原作とした小説原作作品。

主な登場人物編集

第一部 ファウンデーション編集

ハリ・セルダン(ヤン・ウェンリー
心理歴史学を確立した天才数学者。銀河帝国崩壊後に訪れる人類の暗黒時代の期間を短縮するため、銀河系の端にある惑星ターミナスに銀河百科辞典編纂者の集団「ファウンデーション」を設立する。
サルヴァー・ハーディン(ヨブ・トリューニヒト
惑星ターミナスの初代市長。優れた政治的才覚により2つのセルダン危機を乗り越えていく。
ホバー・マロウ(クラフト・ロレンス
惑星ターミナスの貿易商人。
ベル・リオーズ(シャア・アズナブル
銀河帝国末期の若き将軍。ファウンデーションの存在に気づき、大艦隊を率いてその制圧に乗り出す。
将軍としての地位を強調するためか、AAは「逆襲のシャア」におけるネオ・ジオン総帥時代のものが使用されている。
ミュール
突然変異体。その特異な能力を用いて銀河に勢力を広げ、やがてファウンデーションすらその支配下に治めていく。

第二部 ロボットと帝国編集

イライジャ・ベイリ(やる夫
NY市警の私服警官。ロボット嫌い。ダニールと共に様々な惑星を巡り事件を解決していく中で、地球人類自身による宇宙開拓の必要性を強く認識していく。
R・ダニール・オリヴォー(やらない夫
人間そっくりのヒューマンフォーム・ロボット。イライジャとコンビを組み様々な事件を解決していく中で、やがてロボット工学三原則の不備を発見する。
R・ジスカルド・レベントルフ(ドラえもん
惑星オーロラで作られた非人間型ロボット。旧型らしからぬ柔軟性を持つ。
ハン・ファストルフ(ダディクール
惑星オーロラのロボット工学者で、ダニールとジスカルドの生みの親。親地球派。
グレディア(翠星石
惑星ソラリアの女性でソラリアの事件の最有力容疑者。事件後、オーロラへと移住する。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。