警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
55行目: 55行目:
 
セルダンが誕生する1万8千年前、80億を越える人々がドームの中で暮らす地球は、宇宙に植民を果たした地球人達の子孫・スペーサーの支配下にあった。
 
セルダンが誕生する1万8千年前、80億を越える人々がドームの中で暮らす地球は、宇宙に植民を果たした地球人達の子孫・スペーサーの支配下にあった。
 
;鋼鉄都市
 
;鋼鉄都市
:地球のドーム内でスペーサーの科学者殺害されてしまう。結果如何によっては地球の命運をも左右しかねない、失敗の許されない事件の解決を命じられたニューヨーク市警の刑事イライジャ・ベイリ([[やる夫]])は、スペーサーから補佐として預けられた人型ロボット、R・ダニール・オリヴォー([[やらない夫]])と共に事件の捜査に乗り出す。
+
:地球のドーム内でスペーサーの科学者殺害されてしまう。結果如何によっては地球の命運をも左右しかねない、失敗の許されない事件の解決を命じられたニューヨーク市警の刑事イライジャ・ベイリ([[やる夫]])は、スペーサーから補佐として預けられた人型ロボット、R・ダニール・オリヴォー([[やらない夫]])と共に事件の捜査に乗り出す。
 
;はだかの太陽
 
;はだかの太陽
 
:他人同士の接触が禁忌とされている惑星ソラリアで初めて起こった殺人事件の捜査を命じられたイライジャは、それと同時にスペーサーの実態調査を命じられる。彼の執拗な捜査は、やがてソラリアが抱える大きな欠陥を浮き彫りにしていく。
 
:他人同士の接触が禁忌とされている惑星ソラリアで初めて起こった殺人事件の捜査を命じられたイライジャは、それと同時にスペーサーの実態調査を命じられる。彼の執拗な捜査は、やがてソラリアが抱える大きな欠陥を浮き彫りにしていく。
63行目: 63行目:
 
:イライジャの活躍から2世紀近くが経ったある日、惑星ソラリアの全住民が突然姿を消すという奇妙な事件が発生する。ソラリア人最後の生き残りであるグレディア([[翠星石]])は、かつての恩に報いるため、彼の子孫であるD・G・ベイリ率いるソラリア調査隊に同行する事となる。
 
:イライジャの活躍から2世紀近くが経ったある日、惑星ソラリアの全住民が突然姿を消すという奇妙な事件が発生する。ソラリア人最後の生き残りであるグレディア([[翠星石]])は、かつての恩に報いるため、彼の子孫であるD・G・ベイリ率いるソラリア調査隊に同行する事となる。
 
:その頃、惑星オーロラでは地球人類の宇宙進出を快く思わない科学者達による恐るべき計画が進められていた。彼らの陰謀により地球滅亡の時が迫る中、ダニールはやる夫の最後の言葉を思い出す。
 
:その頃、惑星オーロラでは地球人類の宇宙進出を快く思わない科学者達による恐るべき計画が進められていた。彼らの陰謀により地球滅亡の時が迫る中、ダニールはやる夫の最後の言葉を思い出す。
  +
   
 
===第三部 心理歴史学===
 
===第三部 心理歴史学===

やる夫 Wikiへの投稿はすべて、「CC-BY-SA」に従って公開されるものとしてみなされます

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)