Fandom


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > 間桐雁夜
                           \ ≧=- 、 } }
                      -─……ミ、   .:} ノノ
              __,.  "          、 斗≦- 、
               ̄≧=-       ___ ::.: へ、八
                 /         -‐=≦ ̄ ̄   :;   ヾ、 \
              .′                          \r \
                乂       /           M人  i    、
              __厶イ    ,:′          ; !   ハ 从  '; :.
               /     /  イ     /  .:ィ:! :|   Ⅳ:! i ハ:|
        --=≦   ニ   //〃 :  .: {///人:|,., ;≧テ|| } l|
               > イニ  ;'__/ィ^:!   〃;斗ャ≦l ':. {r_ァi.:|::| ,′
             /⌒ 人 = .:iんハ | l∧/ / ィf斧 _, ヽ':, |人l/
            x≦ノ ニ八廴{ | | 八     ̄     ∨
             ////イ  ニ :\ヽ、:.ヾ、          _ ..ノ
         〃///// )/  .:仁:/ー}           _/ハ、
         {{//////イ  爻)乂:.ニ廴     ー   ´∧/i}:\
           八/////////\   {ニ≧=-      ̄ {///: : : }≧=-
        イ: : : : -=≦///////≧=-  -ニ ≧=ァ…≦/: : /¨¨¨: -=ミ、
      /.:/: : : : : : : : : : :-=≦///////≧=--/////: : : イ: : : : : : : : }.:l|
     /: : : : : : : : :-==-: : : : : : : : :-=≦/////////′: : ://: : : : : : : :/: :il
      |: : : : : : : : : : : : : :≧=- : : : : : : : : `⌒ヾ/Ⅳ: : : : ://: : : : : : : :/: :〃
      l .:/: : : :/¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨≧x: : : : : : : : : : `l】: : : :.//: : : : : : : :/: : /
      ∨.:/: :/: : : -====-: :、: : \: : : : : : : / ̄ ̄:|/: /: : : : : 〈: : /
     ∨: ://: : : : : : : : : : : : \: : : ≧=- <: : : : : : :l: /: : : : : : :/.:,′
間桐雁夜
原作・出典元 Fate/Zero
性別
愛称・呼び名 おじさん
一人称
性格 嫉妬深い
備考 甥:間桐慎二
サーヴァント:バーサーカー (Fate/Zero)
  

間桐雁夜(まとう かりや)は、Fateシリーズの公式スピンオフ小説「Fate/Zero」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「間桐雁夜」も参照のこと

概要編集

第四次聖杯戦争でバーサーカー (Fate/Zero)のサーヴァントを召喚したマスター。当時の間桐家当主、間桐鶴野の弟であり間桐慎二は甥に当たる[1]。間桐の魔術を忌避し第四次聖杯戦争の11年前に出奔してフリーのルポライターとして生計を立てていたが、帰郷したある日、遠坂葵から間桐桜が間桐へ養子に出されたと知る。自らの行いによって桜が犠牲になったことに絶望した雁夜は、間桐家に戻り、間桐臓硯に聖杯戦争の勝利を条件に桜の開放を要求する。間桐の苦痛を伴う魔術修行に耐え抜きマスターの資格を得、死に掛けながらも聖杯戦争に臨む。

幼い女の子のために戦いに赴いたり、苦痛極まりない間桐の魔術修行に耐え抜くなど間桐の人間らしからぬ根性の持ち主であるが、いざ遠坂時臣を目の当たりにすると復讐を優先する辺りはやはり間桐の悪性の持ち主。「葵の幸せを願い桜を救うために聖杯戦争に参加する」ことが「葵の愛する夫を殺す」と言う矛盾に気付いておらず、このことが最終的に身の破滅を招いてしまった。

家伝の魔術により虫を操作して戦う。尤もこの魔術は、炎使いの時臣と非常に相性が悪い。

さらにバーサーカーとは意思の疎通ができていない。雁夜はバーサーカーで時臣のアーチャーを狙いたいが、バーサーカーはセイバーに襲い掛かってしまう。雁夜は戦いの道具としか見ておらず、バーサーカーも雁夜の逼迫している魔力事情を考慮せず法外な魔力を消費して彼を苦しめている。[2]

アニメ化に際して人気が爆発した。きのこ曰く「『争いの根絶』や『根源の到達』とかイマイチ理解し難い大義よりも『女の子を救うために戦う』と言う彼の目的のほうが分りやすく、感情移入しやすいだろう」とのこと。また、アニメでは尺の都合によるカットや地の文の削除によって、彼の「悪い部分」や「歪み」、「落ち度」がほとんど描かれていないため、「女の子のために戦って敗北した不幸な正義の味方」に見えやすいと言うのも理由の一つ。

二次創作ではアニメに人気および原作の不幸な顛末から何かと救済されるケースが多い。

やる夫スレにおいて編集

事情を抱えた復讐者だったり、魔術修行の副作用による凶相から異形の存在として登場している。一方で「Fate/Zero」の登場人物の中では比較的一般人に近い感性の持ち主であるためか、善良な一般人として登場するケースもある。バーサーカー (Fate/Zero)とコンビを組んで登場したり、彼の中の人として登場することも。[3]また、前日譚「Fate/Zero」で聖杯戦争参加の動機から、間桐桜と組み合わせられる場合や、一部作者からは「幼女のために戦う男」と動機を歪めて拡大解釈したあげくロリコン扱いされる[4]など、幅広い役をこなしている。

主な作品編集

脚注編集

  1. ただし、慎二は海外留学の名目で避難しており、直接の面識はない。
  2. 雁夜とバーサーカーがお互いをどう思っているのかは不明だが、番外で『困った人、あれほどの駄目人間はそういない』とバーサーカーは漏らしている。ただし、当の本人もかなりの駄目人間で「お前が言うな」状態。
  3. バーサーカー (Fate/Zero)の素顔のAAは一時期は全く存在せず、2013年7月現在でも数個しか存在しないため。
  4. 別のスピンオフ作品で明かされた性癖は人妻好きで、より業が深くなってしまっている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。