Fandom


      |    ヽY ヽ|::::::::\:. :. :. /:::!:::Уヾ、  /\       /  ヾ __|`ヽ 、
      |       |!  \、:::::::`ー''::::::://    `"'     \   /   ./  lヽ  \
.     -=ニ|      '.、   \、::::::::::::::::ノ           .\. ,' _,,.../    ! ヽ_   \
      ,ィ      '.\.   |ヾー‐'"/              `"´  l.   /"::::::::`..-..\
     ,' | | ,r───.、ゝニ-/::::!. | /,K/' /|   l  /        ! l  /:::::,r‐-.、_ ::::`:、
     |λ//::::::::::::::::::::\ー─' //λ_ヽ!/  | /|  /        ,'  !_ノ:::::/:. :. :. :. :`ァ、::l
     Y ゞ!:::<"´:.\::::::::::\r─' /lシチ从、  | / l /         /    |:::::::,':. :. :. :. :. /:::::|:}
       |::/ヽ:. :. :. \::::::::,'   {! |/乂:)::}il!、!'  l/      /,ィ     !::::::|─----''::ヽノ/
    _, -''"ヾ、::::\:. :. /ヽ:/  |  ! V:_:ジ リゞヽ/,/  ,_'∠./ /   ゝ ゝ、__,/; "
-─''"´ _-''´  \、:::: ̄l:://   ' . ヽ "ヽ   /'/ _,.ィァチカ≠//    `ー‐ァ‐─‐''"
_ニニ="´     _/\==k'     l\ヽ     ー'"‐''" /ヒジ/ノリ,  /       /
  _........., -_'_"_..... -λ|゙ヽ |    !  ` \      ,  ゞニ’ ///   /| ./
/       /::::::/ ヾ! 〉!   ハ           !: ___/-'"_, '_,/   l |
        ∨:∧    ,' !  , '、 ヽ   ─ 、     `フ " ̄!       ヽ
       \∨::∧  /__|/- ヽ  \  "   _,. -ァ'"   , ,'
         ∨:::∧  ´   _},-<__ヽ-ァ≦´ /  /   ,ィ´|/
          }:`ヾヽ    / _  |`::_У  ! /,.. ィ' ∨
          |::::::::::::iヽ、___|,!, -ァ":::::/  ., ∨!  λ ∧
  _,.-''"ヽ     |:::::::::_;;レ-===|l!==!:::/  , '  ヾ. / .ヽ ∧
/        ,f‐''"´   /  .|l!\ \   i    ィヽ  !、. ∧ 
雪音クリス
原作・出典元 戦姫絶唱シンフォギア
性別
愛称・呼び名 クリス
一人称 あたし
性格 怒りっぽい ツンデレ
特徴 銀髪 巨乳
口調 乱暴
  

雪音クリス(ゆきね -)は、TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「雪音クリス」も参照のこと

概要編集

シンフォギアシステム適合者候補として特異災害対策機動部二課に見出された少女。初登場時16歳。母親が外国人(国籍不明)のハーフ。

音楽家の両親の間に生まれ、自らも歌を愛していた少女だったが、ある時両親のNGO活動について行った南米で内紛に巻き込まれ両親は死亡、自らは捕虜になり奴隷のような生活を送っていた。この時の経験が元で「戦争の火種をなくしたい」という強い意志を抱き、また、必要な時に手を差し伸べなかった大人というものに対する敵意と不信感を膨らませていく。後に救出され日本に帰還するも行方不明となる。

彼女を拉致・保護したフィーネに唆され、「戦う意志と力を持つ者を滅ぼす」ことで戦争の根絶を目指すためにフィーネに協力。第2号聖遺物「イチイバル」を纏う[1]シンフォギア奏者となり、立花響風鳴翼の前に敵として立ちはだかる。しかし、度重なる失敗によりフィーネから切り捨てられてしまい、再び孤独になったところを小日向未来風鳴弦十郎によって保護され、改心。響たちと共に戦う仲間となった。第2期「戦姫絶唱シンフォギアG」以降は響と同じ私立リディアン音楽院高等科に通う2回生(響の一学年上)になっている。

幼少時から荒んだ生活を送っていたことで、口が悪く直情的な性格が形成されている。しかし根は優しい人物で、困っている人を見捨てられないお人好し。人間不信に陥っていた経験から、好意を素直に表すことができないツンデレでもある。元々は歌を愛していたが、戦いの為に歌を利用するシンフォギアシステムや自分自身への憤りから、歌を嫌うようになってしまった。また、碌な教育を受けていないことからテーブルマナーが非常に悪く、時折妙な囃し言葉や英語のスラング混じりの言葉が飛び出る[2]など独特の言語感覚を発揮することがある。好物はアンパン。第2期では歌への嫌悪や、人間不信は解消されてきているが、代わりに友人たちとの距離感に戸惑う場面が見られるようになった。

使用ギア「イチイバル」は遠距離攻撃に特化した性能となっており、ガトリング砲、弓矢、ミサイル、ライフルなどを駆使して狙撃や面制圧などを行う。反面白兵戦には滅法弱い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 当初は完全聖遺物「ネフシュタンの鎧」を身に付けていた。
  2. 漫画版巻末で書かれていた裏設定によると、幼い頃に両親が面白がって色々教え込んだのが原因らしい。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。