Fandom


_ヾ\:\:,      ` ヽ                                   ,ィ
、:::::`::::::ヾ:,         \       ____             , ィ k ´,/ i',  //
_、::_::::_:::::::::.,           、    >   `   、_  ___ _, ィ´、.,__ノ: ー_-'_ ー´: :{  ./
::::::,、:::::::`:::::::,            \   ` ゝ    >:´:::::::::::::::::`:、.): :,..:'´::::::::::::`:..、:ヽ/
` ー、::::ー-::::::::.,              \    `>  ,イ:::::::::::-ー::-::、::::::,):/:::::::::::::::::::::::::::.',: :ー _
    >-:::::::::::::.,            ヽ  く ./::::::::::i:::::::::::::::::: __ノ: l::::::::::::::::::::::::::::::::} ./´
ー-='ト:、:::::::::::::::::::..、           ヽ、7,':::/::::::::!:,::ヽ::::ヽ:`ヽ: :.{:::::::::::::::::::::::::::::::;. :'、
   \:::`::::::::-:::::::.、              /-!:::l:::::::i::,l:::、::ヾ:、::\::}:..ヽ::::::::::::::::::::::::.,:' l` '
   、-―,::--=::::::::::::...、           ' `l:::j:::::,:jl::!:,、:ヾ::ヽァ-.、!: : ,_` ー - -' , 、{
    ゞ-=ー::::ー:::::'::::ノ\            ,'!::,::://rl.!-、\ヾたzノ/、!::`!r-,v- '´   `
    `  、::::_:::::::':::::,:::/::\        /::l'/:::!弋z,ノ   ` ¨´,l:.:.:.l:.:..! l !      /:::
      、 ´::::::::,::::'/:::::':,:::::i::丶   、_.,ノ 'フ::'/::':::l:廴  _' ,   ,イ:.:.:,:'!:.:.,、l l _     /:::::
      >ー::'::::/:::::::/::::::l:::::::/:ヽ、   /:,::':::::l:.:.!:::::≧t -_≦:.:.:/::!:.:.l i´r ,.ュ、.  ,.:':::::::::
     ゝ-- ‐/:::::::/::::::::!:::::/:::::::::::>'::/:/:l::::_:l_:.:!_/∨ヽ,':.:.:.{:.:.::.:_`._l .ー'-!j .! ,..':::ヽ:::::::
        /::::::::_/::::::::/::::/::::::/:::::::/::/_:L,ィ;;/;;;;;;;,,)}  ゝ‐-, ´ `ヽヽ   /´::、:::::::ヽ::
        ´  ̄ム::イ::::ィ'::::::/,...;:'::::/   >ーァュtャ:チ'´   ヽ./     `.,'   ::::、::::::\:::::::
            ム:イ .j,....::':/::::,′   ,ト!:l1}         l!     ./  .:::::::\:::::::ヽ:
     、     _ _,,...ィ:::,::ィ::::::::::::{    {`l:!Y}.        l ,.-==-/.  .;:::::ヾ::::ヽ、::::::
       ̄ ´   ,....:::´:::::::::::::::::::::ヽ   `1l:!yュ.      ノヽ{、r/., ′  .;::',:::ヽ、.._::::ハ::
         .,...::´:::::::::/::::::::::::::/::/::` ーtー ヒ.l:ト,ー‐-=-- ' //t  ,'    ;::l::',、::::ヽ `
       /::::::,:::::::,::':::::::::::/:::,.:':::::/::::::}  rイ:l-, --  ー_-{:::`!'l      ;::::l:::'.  ̄
       /:::::.,::':::::::,:':::::::::/:::::,.:'::::::/::::::::,l  t-l:lヒ_     _,.、:::`'.    ./::::::!:::'.
霊烏路空
原作・出典元 東方Project
性別
愛称・呼び名 お空(-くう) うにゅほ
一人称 わたし
性格 鳥頭
特徴 右手の制御棒 背中の羽 核融合
口調 うにゅ?
  

霊烏路空(れいうじ うつほ)は、同人ゲーム「東方Project」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「霊烏路空」も参照のこと

概要編集

初登場は東方地霊殿の6面ボス。二つ名は「熱かい悩む神の火」など。

種族は地獄鴉という地獄に住むカラス。古明地さとりのペットになってから妖怪となり、灼熱地獄跡地で相棒の火焔猫燐と火力調整をする仕事をしていた。八坂神奈子洩矢諏訪子によって八咫烏の力を与えられ、八咫烏の象徴である太陽=「核融合を操る程度の能力」というとんでもない力を持つようになる[1]。さとり達からは「お空(おくう)」と呼ばれる。

鳥の妖怪なのに温泉卵も好物らしい[2]。この温泉卵を食べている際に発した「うにゅ?」という台詞はやる夫スレでもよく見られる。

手に入れた力で地上の破壊を計画していたが、博麗霊夢たちによって阻止された。また、チルノよりも頭が悪そうな描写もあり、物事をすぐに忘れる鳥頭である。

ゲーム中では、力押しの技を多用し画面を埋め尽くすほどの巨大な弾を打ち込んでくる。所有スペルは「ペタフレア」「サブタレイニアンサン」「アビスノヴァ」「ホットジュピター落下モデル」など。

二次創作において編集

古明地こいし、さとり、火焔猫燐と共に描かれることが多い。よく言えば天真爛漫、悪く言えば幼稚な性格が強調して描かれる。地獄烏は人間の死体を食べると言われていることから、人喰いの妖怪と描写されることもある。

非想天則でのグラフィックから、長身の美人に書かれることが多い。また巨乳キャラにされることも多く、性格と外見のギャップが大きい。

八咫烏の力を手に入れたときに大きく姿が変わった、力を手に入れる前の生活にも満足していた、などの設定から本来は大人しい性格だったが好戦的な性格に変化したとされることもある。また、「異物発見!」と叫びながら現れたと思ったら次には「神奈子様って誰だっけ?」と言ったりすることから、性格がコロコロ変わるともいわれている。

やる夫スレにおいて編集

背中に大きな羽があるという分かりやすい特徴のため、モンスターや妖怪など人外キャラとして登場する傾向がある。性格はやはり呑気で幼稚な面を強調して描かれ、その上で原作設定を反映してこと火力に関してはチートレベルという危なっかしいキャラ付けがなされることが多い。頭身の高いAAは情報量が多いためか、小型AAが多用されがちで、原作での高身長キャラという印象はあまりない。

主な作品編集

脚注編集

  1. この力の余波で彼女の登場する6面は広大な火の海と化し、地上には間欠泉が噴出し、さらに地底に封印されていた巨大な空飛ぶ船「聖輦船」を地上まで吹き飛ばした。
  2. カラスの妖怪なので、鶏の卵を食べることは不思議でも何でもないのだが、同じく鳥に縁のあるミスティア・ローレライ射命丸文が鳥を食べるのを嫌がるシーンが有るせいか、ネタにされる事がある。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。