Fandom


   |::::::::::::::::≧x     {  `ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.  八:::::::::::::::::::::::::::::`ー,.ィ  Y⌒Vxく´ ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::∧
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::\  λ γ ―一'   /:::::::::::::::::::::::∧
   ∨^\ゝ⌒Y´ ̄ヒ升≧=-=ミ    /::::::::::::::::::::::::::::∧
  ,. ┴ r‐`ー=乂`ト、 し'⌒メ、\::::::`ヽ f `ヽ::::::::::::/\ :::::∧
  \     / 〃  /   く,. -‐==ヽ\.  \ ::,′ ヽ ::::ハ
   冫 ,-‐/  /   {    ハ ソ'⌒メ、\  ∨    ∨:::}
   く    {.       ',     } )   }`ヽ\ }      ヽ:}
    `ヽ  ! /  {   ∧ 丶  ! 人 }  `ー―‐\     ∫
      乂ノ'{  八 乂⌒Y ∧ 八匕_ 从 ヽ }冫::\
       入 ヽ j八 弌:iノ'  )イ 弌::} メ レ  .} ノ、\:::::::\
      〃 \ ハ、 乂リ    弋ソ ノル' 从 ,ハト ∨:::::∧
   ー=彡 {  } ゝ`ヾ     '     / jハハ  \}::::::::∧
     {八'   ノ 人  ト   ー 一'  イ У}   `ー一' ::::::::::::\
    {  ! ノル'`_γ::/ > - .< / ' イヽ ハ  j丿:::::::::::::::::::\
     ∨ヽイ´ ̄ /:::::i! \  / ゞ、__丿 ̄下)イ `ー ――‐一'
       /  ヽ }:::::::| ヽ / ヽ ノ{ ゝヽ)' フ. ∧
.      /     ヾ::::::{  {i!i!i}  .レ一'ヽ/  ' ',
      く / i  ,ハ:::::',_{i!i!i}_{  , } }     八
      冫 {    リ:::::::ゞ {!i!i!}::::::7/jハ彡    メ ノ
霧雨魔理沙
原作・出典元 東方Project
性別
愛称・呼び名 魔理沙
一人称
性格 マイペース 行動的
特徴 黒と白の服装
口調 やや男っぽい
備考 魔法使い
  

霧雨魔理沙(きりさめ まりさ)は、同人ゲーム「東方Project」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「霧雨魔理沙」も参照のこと

概要編集

博麗霊夢と並ぶ、東方Projectの主人公。種族は人間。二つ名は「普通の魔法使い」。

魔法の森に住む少女。元々は人里の大店の一人娘であり、それなりにお嬢様なのだが、実家から勘当中[1]。ただ、実家の元従業員である森近霖之助とは、現在も親交がある。

霊夢とは友人ともライバルとも言い難い、微妙な関係にある。魔法の勉強や研究を欠かさない努力家で、既存の属性とは異なる力の魔法を生み出すなどしているが、ひねくれ者であるため努力を表に出すことを嫌う。その修行は、魔力を高めるために幻覚性の瘴気に満ちた魔法の森で生活するということも含まれており、本人曰く「狂うのには慣れている」。実際に常人なら五分で発狂する「真実の満月」の光を浴びても平然としており、幻覚や狂気に耐性があるようである。

「弾幕は火力」という自身のセリフの通り、巨大レーザーによる攻撃「マスタースパーク」を得意技とする。また、「スターダストレヴァリエ」「ビッグクランチ」など星や宇宙にちなんだスペルが多く、星型の弾はトレードマークの一つである。

職業:魔法使いではあるが、紅魔館の図書館から無断で本を持ち出すなど手癖の悪さが目立ち、魔法使いというよりこそ泥扱いされている。

性格や口調が男っぽいことや、番外編以外のほぼ全ての作品に登場し関わるキャラが多いことなどから、二次創作では他のキャラと百合カップルにされることが多い。無論、原作では同性愛者であるといった描写はない。

やる夫スレにおいて編集

快活な女子というキャラ付けが多い。語尾が「だぜ」で固定されているスレも少なくないが、年頃の女の子らしさを見せることも。

ファンタジー物などでは分かりやすいその格好からたいてい魔法使いとして登場する。原作での行動や設定から火力担当魔法使いであることが多く、強力な攻撃魔法の使い手として出てくる傾向がある。彼女が「マスタースパーク」を撃っているAAは通常のバトルシーンからギャグシーンでの突っ込みなどにまで使えるため汎用性が高い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 父親のことは話題にされることすら嫌うなど、家族関係に問題があるようである。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。