Fandom


                                              ,..ヘ
                                           ヽ 、     /: : .'
                                         Yi、\   l/| : : '
                                           Yi\>ーl/|: : : 丶              //
                                        _Yi:::トiトl/|:. : : : . \        / ./
                                   ,. . :´-‐==ミ}ヘ::マl/|:::. : : l、: : \     / . :/
                                   /. : : : ∧:/_.:\ヘ:Yハ:::.  ヽミ>、: :`¨¨¨´ . :/
                                  /^ー /^>'. : :V/ハ ヘへ }:}iヽ:::. : .\、辷ZZZ彡' ___
      ,. --                       「l : : / : : : : : : : : : lハ ┐V.:::l>、:.. : .\ ::::::::::::... : : :
     /  \ . . . . . ニ=-                   ,j: : : : : : l: : : : :、 ,. : : : :'八└<  |li>r一 :::::::::::.`ヽ::::::::::::::_,
.    /      : : : : : : : : : : :ニ=-           /   / .:l  : l^^l、 . . : :V77ァ、〉|リ  l   ` ー __:::.\ ̄:::::
   /    . : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ `¨^''¬=ニミ v「i^^Y>、 // : .:/. .:/l: : .:: :!  jハ: : : : :V/:::/,i|  /          ̄ `丶
.  /   . : : /   ..::::,.-──────zz==l〉〉、;,マ l/l.: .::::ヽ/. l : .:: :/     >、: l、:V「 ,i|' /\ __,.  -= ´ ̄`丶
  ′ . : : :/...::::::::::/二二ニ二二>'´ ,. '´〈Ll 」;;;;;;;;l_,l::l/.:l:::戊t、:::l/  _,.ィfi^>: :l }リ|,i|' /::. : :` ー : : : : .─- 、 : \
  ′ . : : : /.::::::::::::/二ニ二>'´.::::: '゙     └‐ vrへ :l:::::l::lハ VソV `"乂ソ/:ハ:l }」,i|' / : ヾミニ=‐ : : : : : : : : : .\::::〉
 ′. : : : :/.::::::::::::/二>'´.::::: , '           l   `l::::l::l/lハ   jl、     /イ: Nノ,i|′/:. :\: : : : : : : : ̄`丶、::::....Y
.¦: : : : : '.::::::::::::::|>'´.::::::::, '            l   l ヽΝ:::lV丶 - -‐  ,.ィl;ノ::,i|' ,.イ: :::::. : .\:. : : : : : : : : : . \::::l
.¦: : : : :'.::::::::::::::::::::::::::/                 ,    !    Vl/:l ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ レ'!:::!:. : :::. : .ヽ`  ー-=====ミV
.│: : : : l::::::::::::::::::::::/                 ,    l     ィ|:::::::l          l::::l:::. : :.\::.. ` ー‐=== 、::::::::::!
.│: : : : l::::::::::::::::/                   /    l  /l. .|:::::::l    . . .      l::::lハ:::.. : : .\:::... : : : : : : : .\_/
.│: : : : l::::::::::/                     /    l/   ! .|:::::::l  . : : : : : : : : . . l::::l ヽ::.. : : : .` ー─- 、::::::ノ
.│: : : : l::::/                 /    /    l...|:::::::l : : : :,. -< : : : : : : l::::l   \:::::..... : : : : : : : 厂
.│: : : : l/                      〈ハ ,.ィ′_,. -<二 -┘ イ/.:/ l` : : : : V/, . . . . : ヾミ二二> 'l::l
.│: : : :/                    〈V/'´ ̄ . . . ./: : -<// l/.:/  !\ : : : :V/, : : : : : : : : : |.........| l::l
風鳴翼は満足するようです
作者 ◆V5MoR28LME
ジャンル 小説
原作 池波正太郎「まんぞく まんぞく」
時代 江戸時代(西暦1775年)
舞台 江戸
投下日 2015年10月25日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2016年2月26日
話数 18話
主な登場人物 風鳴翼鏑木・T・虎徹シン・メーン・アルティエン
  

風鳴翼は満足するようですは、池波正太郎の長編小説「まんぞく まんぞく」を原作とした長編やる夫スレ。

作者は◆V5MoR28LME。2015年10月25日から2016年2月26日にかけて連載された。

概要・あらすじ編集

七千石の大身旗本の姪の風鳴翼が、知人を見舞いに行った帰途、二人組の浪人に襲われる。

ついには翼は浪人達に追い詰められ、あわや犯されそうになるが、そこへ通りがかった一人の老人が浪人たちを蹴散らし、翼を危機から救い出してくれた。

しかし、身を挺して翼を逃がしてくれた供の者は、浪人の手にかかり命を落としており、翼は自らの手による仇討ちを願ったのであった。

それから九年後の安永四年(西暦1775年)。
仇討ちのために剣の修行に努めていた翼だが、いつしか剣の魅力に溺れるようになっていた。

進展が無い仇討ちのための情報収集、そして不明瞭な自らの出自と、武家の娘という身分や性別にはめられた枠――、
様々な屈託を抱えた女剣士の成長を描いた作品である。

主な登場人物編集

  • 風鳴翼 - 家を出て、万右衛門の家に居候しながら剣の修行をするという好き勝手な生活を送っている。
  • 万右衛門(バーン) - 百姓で、元は風鳴家で働いていた中間。
  • シュテル - 万右衛門の姪であり養女。翼の身の回りの世話をしている。
  • 伊藤新免斎(シン・メーン・アルティエン) - 九年前に翼の危機を救ってくれた老人。医術の心得も持った剣の達人。
  • 虎徹 - 下目黒の御用聞き。九年前の事件の後始末をしたのが縁で、つながりを持つことに。
  • 風鳴内蔵助(諸葛亮孔明) - 風鳴家の当主。翼の伯父であり養父。翼の振る舞いに頭を痛めている。
  • 石塚金吾(バラン) - 九年前の事件で横死した家臣。翼の出自についても知っているそぶりを見せていたが……。
  • 海野小平次(海のリハク) - 翼に振り回される風鳴家の用人。
  • 永井やる夫 - 婿候補として、翼と立ち合う運びとなるが……。
  • 美筆やらない夫 - 九年前に翼を襲った浪人の一人。その際、新免斎に鼻を削がれた。

外部リンク編集

関連項目編集

  • なのはの音 - 池波正太郎の短編のやる夫スレで、オマージュしたような展開が随所に見られる。
  • 秋山父子は剣で食っているようです - 男装の女剣士の要素が盛り込まれている『剣客商売』を、別作者がやる夫スレ化したもの。ヒロイン佐々木三冬役に天龍が配役されている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。