THE IDOLM@STER > THE IDOLM@STERの登場人物一覧 > 高木社長
                                            ._
                 , -――- 、            .      ./ニ三ミ.\
                /三三三三=ヽ                 ,'ニ三三三三ヽ
                  /三三三三三三ヽ               .'、ニ三三三三ミ}
               l三三三三三三三}                .`,ニ三三三ミ,'
               l三三 三三三三/                  '、ニ三三ミ,'
               ヽ=三三三三三{                   .'、ニ三三ミ`、._
               ∨ニ三三三三/                ._.,,.-''三三三三ミ"'.‐ .,
              __/三三 三三/               .r''三三三三三三三三三三ニ`,
       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_            .  .,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
      /三三三三三三三三三三三三三` ヽ、       .   ,'ニ三三三三三三三三三三三ニ|
     /三三三三三三三三三三三三三三三ヽ        .,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
     /三三三三三三三三三三三三三三三三 ',       .,'ニ三三三三三三三三三三三三,'
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三',      !三三三三三三三三三三三三三,'
   ,/三三三三三三三三三三三三三三三三三三,     . l三三三三三三三三三三三三三,'
   /三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ',    |ニ三三三三三三三三三三三ミ,'
.  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ,    └-‐i.三三三三三三三三三三ニ,'
                                      l三三三三三三三三三三三|
             高木順一朗                     高木順二朗
高木順一朗/高木順二朗
原作・出典元 THE IDOLM@STER
性別
愛称・呼び名 社長
一人称
性格 紳士・お茶目
特徴 真っ黒(順一朗は黒、順二朗は茶スーツ)
  

高木順一朗(たかぎ じゅんいちろう)と高木順二朗(たかぎ じゅんじろう)は、バンダイナムコエンターテインメントのアイドル育成ゲーム「THE IDOLM@STER」シリーズの登場人物。

概要

高木順一朗

芸能プロダクション「765プロダクション」の社長。白髪とサングラスが特徴の漫画版「ブレイク!!」を除いて、容姿は一切描かれず、全て黒いシルエットで表示されるが、ゲーム中の描写から、かなりのナイスミドルであることが推察される。

年齢は中年~壮年の頃。経歴はほとんどが謎だが「芸能界に入ってかなり長い」「最初にプロデュースしたのは『ワンダーモモ』」「音無小鳥(または彼女の母?)と何らかの形で芸能界に関わった」ことが明らかとなっている。961プロダクション社長の黒井崇男とは、かつては同僚にして良きライバルだったものの、現在は方針の違いから袂を分かっている。

個性豊かなアイドルの卵10人と、プロデューサーの卵である主人公を発掘した人物。育成方針は放任主義で、時たまプロデューサーに無茶ぶりをするものの、それ以外は皆から愛される好人物。自身も手塩にかけたアイドルを誰よりも愛し、ライブでは(こっそり)ステージ裏で彼女らの歌を踊り付きで熱唱している。

アーケード版から登場しており、デモムービーとドラマCDでの愉快な言動から人気を博す。特にアドバタイズデモの「ティンときた!」[1]は彼を象徴する台詞として有名。コンサートにも声のみで出演、Xbox360版では大幅に出番が増加するなど、全国のプロデューサーから最も均等に愛された人物であった。が、演じる徳丸完が2011年3月に逝去したことで、「2」以降は社長職を従兄の順二朗に譲り、会長として単身全国営業に出発したという設定でゲームから退場する。

高木順二朗

順一朗の従兄として「2」以降の作品で765プロ社長を務める。茶色のスーツを着ており順一朗より細身ということ以外の容姿はやはり不明で、ゲーム中では茶色のシルエットで表現される[2]

性格やゲーム中の役回りは順一朗とほぼ同じ。TVアニメ版では完全に順一朗が存在しないものとして扱われており、小鳥や黒井との因縁も彼が背負う形となっている。彼もまたアイドルに対する愛情は強く、ライブでは客席で十本超えのサイリウムを握って応援している。

やる夫スレでの扱い

AAも当然ながら「全身黒一色(若しくは輪郭線のみ)」であるが、妙にバリエーションが豊富である。そのため、コナンの犯人と同じく謎めいた黒幕や正体をぼかしたい人物(神の声など)の代役として起用される他、2chキャラや原作のイメージがつく版権キャラは使いたくない作品や場面で主人公(代理)として使われることもある。

ライバルの黒井崇男もシルエットのみの人物で、AAまとめzipでは「高木社長・黒井社長」と同一のMLTにまとめられている。ダブル高木社長のAAは、MLT内では区別されていない。

主な作品

脚注

  1. 本来は「ピーンときた」なのだが、「ティン」としか聞こえず、二次創作で多用された結果、公式に逆輸入された。
  2. アニメ版でも彼の顔は一切映らないように演出されている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。