黒子のバスケは、週刊少年ジャンプで2009年から2014年にかけて連載された藤巻忠俊の少年漫画。続編の「EXTRA GAME」が2016年に完結した。略称は「黒バス」「黒子」など。

ウィキペディアの項目「黒子のバスケ」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

高校バスケットボールを題材とした少年漫画。選手の特技がまるでバトル漫画の能力っぽく描かれているのが特徴である。特に「キセキの世代」と呼ばれ特殊能力を振るう超人選手たちを相手に、主人公達がチームで戦っていく。

SLAM DUNKの影響を大きく受けており、あえて異なる作風にしている。また、能力スポーツの様子を形容するにテニスの王子様もよく引き合いに出される。

登場人物[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。