Fandom



         |:::::::/::::::::::::l  |:::|!:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::: |  l:::::::::::::|!::: |
         |::: /::::::::::::: l   |:::|l:::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/j:::::::::::::::::/::|  〈:::::::::::: |l:::::|
         |::::i:::::::::::::::/  |:::||:::::::::::::::::::::::|,!:::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::/l:/   ヽ:::::::: |i::: |
         |::::|, 、:::::: /.   ∨L 、:::::::::::::::::| !::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::://′   i::::::: 八:::|
         |:::/ ヾ:./         `^^´ ̄` `^´ ̄ ̄ ̄ ̄´ `¨ ̄ ̄       |:::;f⌒ヽ::|
         |:::!〈ヽ !  fr───==ミ、                   ャ==―――ミ7  !//   ;:!
         |:::;   >   i!   |  f:::::i ヘ、             ,. 彳 f:::::i  |  i!  〈     |
         j八  {   !  .!  !::::j <>               ′ ! !::::j <>  /   ノ   / !
        /l::::::\ ` 、    乂__ ノ              乂__ ノ      /:! |   あなたが私の、マスター?
.        | ';::::::::::\ i   `       ´                          / /:::: '  }
.        |  !::::::::::::::::ヽ                              / ´:::::::::;'/
        \ !:::::::::::::::::∧             、,             /::::::::::::::::/
.           !::::::::::::::::::::::ヽ                             ,.:::::::::::::::::::/
           ' ::::::::::::::::::::::::}:、                          ,:ヘ:::::::::::::::/
            \:::::::::::::::/  \                   /_ヽ:::::/
             \::::::::j ̄ ̄: :>       (  )      , <: : : : : : ̄/
               `¨´、: : : : : : : :>            <: : : : : : : : /
                  \ : : : : : : : ´_> ., ,. < : : : : : : : : : : /
                   \ ̄ ̄ ̄      | |     ̄ ̄ ̄ ̄/


○────────────────────────────────────────────○


                      その日、俺は運命に出会う―――――


○────────────────────────────────────────────○


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |
    \ _         /        えっ?
    /   \       \
    |     \, -‐- 、-‐- 、
    |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
    |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)

('A`)の小聖杯戦争
作者 ◆.Bp7j3zYkk
ジャンル 安価
原作 Fateシリーズ
投下日 2012年12月30日
投下板 やる夫板EX
状態 完結
最終投下日 2013年6月3日
主な登場人物 ドクオ佐々風守
  

('A`)の小聖杯戦争は、「Fateシリーズ」を原作とする安価式長編やる夫スレ

作者は◆.Bp7j3zYkk。2012年12月30日から2013年6月3日まで連載された。

概要編集

キャラクター達が安価で行動して小聖杯戦争を進めて行く。戦闘ルールは本作独自の物となっている。まともに聖杯を求めている者がほとんどいなかったり、サーヴァントの正体がポケモンやお菓子だったりとコメディ色が強い。

あらすじ編集

第1部編集

高校生のドクオはコンビニの帰り道に聖杯戦争の戦いを目撃し、セイバーに追われてしまう。訳も分からず逃げていた彼の目の前で魔方陣が発動、アサシンが召喚された。こうしてドクオは一般人にも関わらず小聖杯戦争(に見せかけたポケモンバトル)に巻き込まれてしまうのだった。

第2部編集

小聖杯戦争が無事終わり、アサシンは譲られた小聖杯によって受肉する。だが、その余波でドクオとアサシンは別の場所へ跳ばされてしまった。手に再び令呪が刻まれたことでまた聖杯戦争に巻き込まれた事を悟ったドクオ達は、新たなアサシンと共にお菓子達による小聖杯戦争に挑むのだった。

登場人物編集

ドクオ陣営編集

  • ドクオ - 聖杯戦争に巻き込まれた高校生。一般人かつアサシンのマスターであるにも関わらず、なぜか戦闘機会が非常に多い。
  • アサシン(第1部) - 第1部でドクオに偶然召喚されたサーヴァント。第2部にも受肉して同行する。その正体はコイル
  • アサシン(第2部) - 第2部でドクオが召喚したサーヴァント。高い忠誠心の持ち主。その正体はたけのこの里。

第1部編集

第2部編集

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。