やる夫 Wiki
Advertisement
やる夫 Wiki
6,437
ページ
             ____
        .ィ:i  /      \
        |::|l| / \   ノ    \   
       ィ;|:;||| /(● )  (● ) u \
     ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       | 
     ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /
     ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|  
.       |  .|./ |_ハ_  \ /  /|
       |  イ  |  ヽ  ´   / |
       ト、   /    \ _ /   |   
          /   ヽ.        |
          l    |        _⊥-‐ 、.  
          l    _,l       ̄/     l
         γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´ 
         (___〉    ̄ヽ --‐'
2人は命を的に稼ぐようです
作者 ◆wCogfUJ/Uw
ジャンル 安価
原作 オリジナル
時代 現代
舞台 日本
投下日 2016年7月31日
投下板 やる夫板のシェルター
状態 完結
最終投下日 2016年11月5日
話数 75話
主な登場人物 やる夫シックスキラ・ヤマトエリザベート・バートリー
  

2人は命を的に稼ぐようですは、オリジナルの安価式長編やる夫スレ。

作者は◆wCogfUJ/Uwやる夫板のシェルターにて2016年7月31日から同年11月5日にかけて連載された。

あらすじ

世界各地で度々行なわれている殺人ゲーム。
平然と行なわれる違法行為に対し各国の諜報組織も手をこまねいていた訳ではなかった。

各諜報組織を糾合する国際反運営機構ブルーコスモスは、
日本で「ゲーム」が行なわれる情報をつかみ、
アメリカCIAからやる夫(+シックス)、メイ
イギリスMI6からL
フランスDGSEからルパン
の4人(5人)のエージェントを送り込むことを決定。

指令後、さらにやる夫へ密命が与えられる。
「他のエージェント3人の中に1名、裏切り者がいる。手段を問わず対処せよ」――

概要

やる夫は命を的に稼ぐようです」、「やる夫は命を的に稼ぐようです‘68」のルールを踏襲した、生き残りを賭けた安価作品。

「ゲーム」運営からアドバイザーが配されていない代わりに、主人公のやる夫が反「ゲーム」運営組織に属していて、

  • 組織へ情報や拠点の用意など様々な支援を要請できる。
  • やる夫が二重人格者でもう一つの人格であるシックスと方針を相談できる。

という要素が、過去作との大きな違いとなっている。

主な登場人物

  • やる夫・ニューソック - 弱者を見落とさずに助けるという信念の持ち主。
  • シックス - やる夫の副人格。人格が変わった際には姿形も完全に変化する。
  • B・W・メイ - 組織から送られたエージェントの一人。ルパンを目の敵にしている。
  • L・ローライト - 組織から送られたエージェントの一人。
  • アルセーヌ・ルパン - 組織から送られたエージェントの一人。
  • 大鳳 - やる夫につけられた組織のサポーター。「ゲーム」非参加者。
  • キラ・ヤマト - それなんてエロゲな環境から「ゲーム」に巻き込まれた日本人高校生。その無防備ぶりがやる夫の目に止まり行動を共にすることに。
  • 赤槍エリザベート - 崖っぷちの売れないアイドル。解雇か「ゲーム」に参加するか迫られ、「ゲーム」の内容は知らずに参加。ペット枠。
  • 入巣京子 - 反共十字軍の幹部。やる夫とはこれまで何度も戦ったり協力したりしてきた関係。
  • ヴィルヘルム・エーレンブルグ - 反共十字軍のメンバー。
  • チキ - 反共十字軍の切り札らしい少女。

外部リンク

関連項目

過去作品を読んでいなくとも楽しめるように作られているが、先に過去作を読んでおいた方がより楽しめる。
時系列は 2作目→1作目→本作。

Advertisement