Fandom


                   ______
             /             \
            /  ´ ̄`    ´ ̄` \
           /   ,. ― 、     ,. ― 、   \
         /    ( ● )   ( ● )   丶
          |      ´"''"     "''"´      |
        _|   /// {     人     } ///  |
      /´: : :\     ゝ-ィ´  `"j- '′   /
       |: : r: :  丶.       |.r-‐''"     /
       |: : |: : : : ,/ `゙'' ―U ――  '' "´ ヽ
       |: : |: : /         r―――──―─―─――――‐
       |: : : :/          |  r―――――――――――――
      ヽ_ /   ―-、      ||レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        レ′ ,. -=┴-、    |||
      {   /      ト、_|||              ,.-―-、
      _ト、人    {、 r勹l三|||          /    ヽ
    l\     `ー=ぃ┸' \|||  i i i i   ___,| r――、l__,  i i
    | \        ))    |||  | | | | ( (0) | |     l |(0 )) | |



     ーーAAで考察する大日本帝国敗亡原因の深淵ーー


      ※この考察は多くの部分を創作に寄っています
AAで考察する大日本帝国敗亡原因の深淵
作者 トリップ無し
ジャンル 歴史
時代 日本近代
投下日 2017年7月4日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2017年7月29日
話数 9話(予告編1話+番外編2話)
主な登場人物 十六夜咲夜レミリア・スカーレット
  

AAで考察する大日本帝国敗亡原因の深淵とは、大日本帝国敗亡の根本原因について学ぶ歴史系中編やる夫スレ。

作者はトリップ無し。2017年7月4日から同年7月29日にかけて連載された。

概要編集

日本史好きならば誰もが疑問に思うであろう日本近代史最大の謎、大日本帝国はなぜ敗亡したのかについて、作者が考え付いた仮説を紹介する歴史系やる夫スレ。

やる夫が鎌倉幕府の成立を見るそうです新・やる夫の関が原戦線異状アリやる夫たちと学ぶ江戸時代やる夫達で学ぶ日本国憲法やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです、などのやる夫スレを参考にしている。

本作はやる夫は伝道医師になるようですの後作として(投下スレ4の222から)投下されたので、張作霖(脳噛ネウロ)や山縣有朋(ダウンタウン浜田)などの配役が共通している。

あらすじ編集

太平洋戦争がなぜ起こったかについて、様々な説が唱えられている。そしておおよその結論として、シビリアンコントロールが確立していればあの戦争を止められたとし、シビリアンコントロールが無謀な戦争を止められる魔法の鍵だと考えられている。

しかしこのシビリアンコントロール万能論は、あまりに単純すぎる結論なのではないか、もっと開戦には深い理由があるのではないか、そういうところから出発し、日本史の根源にも足を踏み入れ、大日本帝国が敗亡した根本原因とその理由について探っていく。

登場人物編集

大日本帝国編集

  • 東条英機(本人) - 陸軍大将。陸軍軍人の発言を投合して代弁する役。
  • 山本五十六(ニャル子) - 海軍大将。海軍軍人の発言を投合して代弁する役。
  • 松岡洋右(坪内地丹) - 外務大臣。ヒトラーに心酔し、その意をくむ行動を度々行う。
  • 近衛文麿(岸辺露伴) - 名族出身の政治家。派手好きの性格で度々政治的判断を誤る。
  • 昭和天皇(ビートたけし) - 大日本帝国天皇。米英との協調を第一に考えているが、政治家や軍人の突飛な行動に振り回される。

諸外国編集

  • アドルフ・ヒトラー(本人) - ナチスドイツ第三帝国の総統。欧州制覇まであと一歩まで達した悪しき超人。日本や世界をひっかきまわす。
  • ヨシフ・スターリン(メルエム) - ソ連の指導者。松岡洋右の熱弁に感化される。第二次世界大戦の最終勝者。
  • フランクリン・ルーズベルト(兵藤和尊) - アメリカ大統領。後に最高の反日大統領と呼ばれるが、作者は別の推理をしている。

解説役・聞き役編集

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。